yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20101127妙義山塊の最高峰の谷急山と紅葉谷(前編)

<<   作成日時 : 2010/12/06 15:24   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

谷急山(1162,1m) 

時期 2010年11月27日(土)

天気 晴れ

駐車場 国民宿舎裏妙義 (トイレあり)

行動時間 8時間30分(休憩を含む)

コース 国民宿舎裏妙義7:20三方境9:10-大遠見峠9:20-女道分岐9:24-谷急山山頂11:20〜12:00−女道分岐13:33-谷急沢二股の沢14:07〜14:30-女道登山口入口15:10-国民宿舎裏妙義15:50

谷急山 のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

昨年の11月に妙義山(中間道)を初めて歩きました。

今年は国民宿舎裏妙義側、中木沢から三方境に向かう途中の紅葉を楽しんで少しスリリングな谷急山に登りました。そして下山は落ち葉を踏みしめながら紅葉した木々を見上げながら途中からは沢沿いに女道を下山しました。

上信越道、松井田妙義ICから30分位です。
7時20分、左に谷急山、右に烏帽子岳、丁須の頭を見上げます。
画像

林道ゲートをくぐって
画像

10分弱ですが歩いた所に登山者カード入れがある所が三方境登山口になります。
画像

沢を渡りますから一度、急坂を下ります。
丁度、同時に出発した前に行く2人は三方境までは少し先に登っていきましたがその後のコースは分かりませんでした。
画像

杉が植林された道を30分位歩くと、
画像

8時、前方に光りが差し始めました。
画像

このコースはインレッドさんから教えていただきました。
画像

紅葉谷を歩く事になります。
画像


画像


画像


画像

朝日があたり出して
画像


画像


画像


画像


画像


画像

前方が少しずつ開けて来て、
画像


画像

裏妙義の岩峰が見えだすと、
画像

9時10分、三方境に出ます。
木々の間から浅間山が見え隠れしていました。
画像

この分岐点から右に行くと烏帽子岳、赤岩、丁須の頭とスリルと展望あふれる岩稜コースとありますが私達は左に谷急山までコースタイム、1時間30分の所、休憩を含めてですが2時間弱かかりました。
画像

ここから幾つもアップダウンが続きます。
谷急山は八つの急な山を登り降りするので、
ヤキュウサンと名前が付いたそうです。
画像

前方に見える岩峰はまさか登らないよねなんてまだ余裕で歩きながら、
画像

振り返ると裏妙義の山並みが見えます。
画像

この鎖場が一番注意が必要でしょうか!
私は登りより下りの時の方がバランスを崩しそうになって怖かった所です。
ここで入牧橋から登って来た地元のグループ5人組に追いつかれ先に行ってもらいました。
これが後になって助かる事になりました。
画像

ここを登り切ってP2からの眺めです。
裏妙義の岩峰。
画像

谷急山と浅間山。
画像

平に見える所は荒船山です。
画像

こちらは表妙義の岩峰。
ここが山頂でも十分なのですが谷急山山頂はもう少し先です。
画像

こんな感じで下って行きます。
これの繰り返しです。
画像

木にしがみ付いて見ているのは!
画像

右側が崖になっていますからロープを渡してくれました。
画像

丁度、順番を待っている所がこんな景色です。
岩間から紅葉した木々が見えました。
画像

こんな感じでロープがあると気分的に楽です。
ここも下りの時の方がより助かりました。
画像

岩や根っ子の上を登って、
画像

尾根を登り切ると、
画像

11時20分、谷急山山頂に到着です。
画像

お世話になった地元の登山グループの方々は道の整備もしているようです。
なぜか2003年にキナバル山に登った時の幕を出して記念撮影。
私達も今年3月に登ったのでここでまたひと盛り上がり。
画像

めずらしくツーショットで。
画像

北アルプス方向は雲が出ていましたが山並みは確認出来ました。
画像

八ヶ岳の山並みも黒く見える山並みの後ろに蓼科山から左にズーット見えました。
画像

浅間山も大分、雪をかぶり始めています。
画像

表妙義の山並み。
山頂でゆっくり40分位いましたがポツポツといろんなコースから登って来る方とすれ違いましたが十数人でしょうか!
静かな山歩きが出来ました。
12時、ロープのお礼を言って一足先に下山開始です。
下山は女道までは同じ道ですから周りの景色を楽しみながら下山。
画像

13時33分、女道分岐点に到着です。
画像


日だまりの紅葉の中の女道を下山する様子は後編へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20101127妙義山塊の最高峰の谷急山と紅葉谷(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる