yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110122山梨百名山で大展望の横尾山

<<   作成日時 : 2011/01/25 14:38   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

横尾山(1818m)

時期 2011年1月22日(土)

天気 晴れ

駐車場 信州峠登山口(標高1460m)

行動時間 5時間30分(休憩2時間15分を含みます)


コース  信州峠7:30カヤトの原8:45〜8:55-横尾山9:33〜11:05-カヤトの原11:35〜12:05-信州峠13:00


画像

カヤトの原から横尾山方向を望みます。
左側後ろに見えるのは八ヶ岳です。


横尾山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


毎週、天気図を見ながら行き先を決めていますが今週末は山梨県や八ヶ岳の南の方が良さそう。
昨年、毛木平から甲武信ヶ岳の登った時に通過した信州峠。
ここから登る横尾山は比較的、楽に登れる山ですが大展望の山と言う情報を持っていました。
冬の時期は雪の状態で変わってきます。

中央高速、須玉ICで下りて増富ラジウムライン(23号)を進み、みずがき湖から左折します。
(ちなみに右折すると増富ラジウム鉱泉の温泉場を通過して瑞牆山の登山口です。)
ここから610号を北上すると山梨県北杜市と長野県川上市との県境が信州峠です。
ゆっくり走って1時間位で到着です。
ここまでの道には雪はなく北側の斜面に少し残っているのが見られる程度。
チョット拍子抜けです。



7時30分、駐車場の状態です。
スノーシューはもちろん置いて行きます。
アイゼンは常に入っています。
画像

道沿いの階段を雪もなくがっかりして登って行くと、
画像


登り切った所から雪道となっています。
駐車場が下の見えます。
靴が汚れない程度に積もっていました。
緩やかな笹に覆われた雑木林の中を進みます。
画像

カラマツと笹の尾根道です。
画像

日当たりの良い所は土が見えていました。
画像

歩き始めて40分位、標高1580m付近から急坂になります。
画像

距離は短いのですがここで一気に1750mまで登りますから滑りそうなので軽アイゼンを付けました。
画像

8時40分、展望が開けて来てカヤトの原が見えて来ました。
画像

富士山が朝日を浴びています。
ここから一気にテンションが上がります。
画像

振り返ると瑞牆山と五丈岩の金峰山。
この角度から見るのは初めてです。
画像

カヤトの原でしばし周りの山に圧倒されています。
八ヶ岳山頂付近は雪が舞っているのでしょうか!
画像

浅間山も良く見えます。
画像


画像

そしてもちろん南アルプスです。
画像

北岳
画像

甲斐駒ヶ岳
画像

左、富士山から手前に曲岳、茅が岳が見えて、南アルプス、中央アルプスは雲がかかっていますが肉眼ではなんとなく御嶽山が確認でき、八ヶ岳は山頂付近雪が舞っていて横尾岳を挟んで右に浅間山です。(クリックして下さい。)
画像

黒い雲が出て来て、少し風が出て来ました。
画像

八ヶ岳はここからだと赤岳まで見えます。
画像

8時55分、カヤトの原から小さなアップダウンを繰り返して横尾山山頂を目指します。
もちろん見えている山は山頂ではありません。
画像

トレースもあり雪も深くありませんがこの辺は慎重に歩きました。
画像

9時20分、アイゼンを引っ掛けないように気を付けて大岩の上を乗り越えて行きます。
山頂かな?と思うとまだ先があります。
山頂まで後10分の手作りの看板が出て来て少し励まされました。
画像

山頂少し手前で展望が開けました。
画像

9時33分、こんな感じで山頂に立ちました。
画像

山頂は少し木々に囲まれています。
画像

稜線上に少し下りて行くと八ヶ岳が良く見えました。
画像

南アルプスを眺めながら1時間30分近く休憩。
この日は山頂で清水から来た3人組、下山途中、登山口近くでこれから登る男性1人に出会いました。
画像

山頂写真を撮り合って自宅の庭で栽培しているみかんもいただきました。
画像

11時5分、下山開始です。
風もなく穏やかな一日でした。
画像

カヤトの原から瑞牆山と金峰山を眺めます。
画像

カヤトの原から浅間山。
川上村も下に見えます。
画像

男山、天狗山、御座山(おぐらさん)から富士山方向に。
画像

八ヶ岳
画像

南アルプス
画像

富士山方向
画像

瑞牆山と金峰山
画像


画像


画像

12時5分、名残り惜しいのですがカヤトの原から下山開始です。
最初は急坂ですから慎重に下ります。
画像


画像

13時、登山口手前でアイゼンを外します。
画像

登山口近くで木々の合い間から瑞牆山と金峰山が見えます。
画像



帰りは増富ラジウム鉱泉の増富の湯にゆっくり休憩。
リラックスして来ました。



夕方、須玉IC付近から見た富士山です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんばんは♪
この山域は素晴らしい景色なんですね。
記事を拝見しながらワクワクしちゃいました。(^○^)/
山梨と長野県の県境は悠然と広がる大展望で嬉しくなります。
雪は少なくても青空に山々の雄姿はまた格別です。
冬は雁坂トンネルが心配で山梨方面が遠くなっています。(^^ゞ
いつか行ってみたいなぁ。(^^)/
クロちゃん
2011/01/25 18:40
こんばんは。
毎週、素晴らしい山行ですね。
茅ヶ岳から見た景色に似ている感じですね。

こんな景色を見たら毎週出かけたく
なっちゃいますね。
ブル
2011/01/25 19:23
今晩は。
この山は私も大好きな山です。瑞牆・金峰が近くて良い眺めですね。時々寒い時は霧氷にもなって綺麗です。
ここのカヤトの尾根はマムシが居ますので御注意を・・・。
インレッド
2011/01/25 19:41
今晩は!
拙ブログにお越し戴きありがとうございました。
ピリピリと寒さが伝わる風景ですが、空気が澄んでいて遠くの山がくっきり見えています。
いろんな山が一望できる素晴らしい山ですね、行きたくなりました。
甘納豆
2011/01/25 21:04
クロちゃん
まさに晴れたら百名山!!
こんな天気の時をねらっていましたから大正解でした。
雪の具合もこの位が私達には適当でした。
この時期、山頂までたどり着けなかった方の報告も読んでいましたから。

昨年から我が家もスタッドレスタイヤに変えました。
それまでは必要な所でチェーンを付けていました。
慣れて来るとそれほど時間はかかりませんが(私は見ているだけですが。)
雪が降っていたりするとやはり大変です。

とは言ってもほとんど必要のない高速を走っているわけですからなんかもったいない気分もあります。(笑)
izumi
2011/01/26 10:10
ブルさん
茅ヶ岳、私も2006年の2月にもう少し雪がある事を想定してアイゼンも持って登りました。
雪は山頂にも積もっていませんでした。
この年は暖冬で少し前に降った雪も融けたと地元の方から聞きました。
実は富士山ばかりに目がいっていて横尾岳の正面に茅ヶ岳から見えていたのは写真を整理していた時でした。(笑)
izumi
2011/01/26 10:23
インレッド さん
実は横尾山と小川山は山登りを始めた頃、瑞牆山と金峰山に登ってそのつながりで知っていました。
小川山はシャクナゲの時期に登りました。
今回、良いタイミングで登る事が出来ました。

次の日、飯盛山に登る予定もあったのですが山頂から見たら
なんかわざわざと言う気持になりました。
この日は大満足でした。
余談ですが飯盛山は山登りを始めた頃、ここが山頂と思いこんで下りてしまいました。
リベンジしたい気持もあったのですが!

日光の於呂倶羅山、2009年3月に山王峠から手前の大岩まで登って目の前に山頂は見ていたんですが雪も結構多くて大岩からの下りるコースがまず自信がなく引き返しました。
テントーミータカさんが前の週に登っていたので出かけましたが私達のレベルではこの時は無理でした。
リベンジしなくてはいけなかったのを忘れていました。(笑)
izumi
2011/01/26 10:45
甘納豆さん
富士山、南アルプス、遠くに御嶽山、八ヶ岳そして浅間山と360度の大展望ですから行動時間の半分近くが休憩時間です。
今年は雪は少なめのようです。
最初、夫は雪も少なくスノーシューも置いて行きましたからこの山に登る目的はなに?(いつも大体、私が登る山を決めてます。)と機嫌が悪かったんですよ。(笑)
そしていつもの事ですが写真をいっぱい撮って、満足して下山します。(大笑)
izumi
2011/01/26 10:55
こんばんは。
すばらしい天気に恵まれて、これ以上の山歩きはないでしょう。
瑞牆山と金峰山、南アルプス、富士山の眺望がすばらしいし、冬だからなおさらクッキリ見えますね。
こんな日に行ってみたいです。
雪が少ないのにビックリしました。
カスミッシモ
2011/01/29 22:44
こんばんは♪
すばらしく眺めのいいところですね(^∀^)
金峰山の近くには、しばらく行ってないので
五丈岩を眺めに行きたいです。
雪が少なそうなので我が家にはぴったりかも!
つぎはご主人さま希望のスノーシューの
山ですか?(^∀^)
くっきー
2011/01/30 18:19
カスミッシモさん
出かける前に情報を集めますがあまりメジャーな山ではありませんから雪の状態が分からないまま出かけました。
雪が一回降ると条件は全然変わりますから登れる所までと最初は思って乗って行きました。
信州峠1450mから雪がなければ簡単に登れる山です。

カラカラの寒い日が続いていあmすね。
我が家は週末は風邪気味の人が治らずのんびり自宅待機でした。(笑)
izumi
2011/01/31 12:07
くっきーさん
金峰山の五丈岩はランドマークとなりますね。
くっきーさんなら眺めるのではなく登ったらいかがですか?

スノーシューも場所選びが微妙にむずかしいです。
雪が多すぎても山頂の立てず消化不良となりますから。

毎週、天気図と登山地図を見ながら頭の悩ましています。(笑)
izumi
2011/01/31 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110122山梨百名山で大展望の横尾山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる