yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110205北八ヶ岳蓼科山麓の竜源橋〜天祥寺原〜亀甲池までスノーシュー

<<   作成日時 : 2011/02/07 18:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

北八ヶ岳蓼科山麓の竜源橋(1650m)〜天祥寺原(1980m)〜亀甲池(2035m)までスノーシュー

時期 2011年2月5日(土)

天気 晴れ

駐車場 竜源橋(標高1650m)

行動時間 6時間20 分(休憩を含みます)

コース  竜源橋7:40-将軍平分岐9:40〜9:45-亀甲池分岐(天祥寺平)10:00-亀甲池11:00〜12:05-竜源橋14:00


画像

蓼科山を見ながら亀甲池からの帰途。


2005年10月22日に女神茶屋登山口から蓼科山に登って将軍平、天祥寺平に下りて竜源橋に下山。

2007年4月1日には残雪の中、女神茶屋登山口から往復しています。

2008年11月2日に蓼科山から亀甲池、双子池経由で双子山に登って大河原峠に下山。

蓼科山は季節を変えて3回登っています。
今回はのんびりと蓼科山麓の周辺をスノーシューで歩くのが目的です。
朝、到着して見ると天気が予想以上に良かったので蓼科山に登る選択もありました。
ザックには軽アイゼンしか入っていませんから予定通り亀甲池を目指します。

今回はGPSも忘れてしまいました。
歩いた事があるルートですから行ける所まで歩いてみます。



7時40分、竜源橋からスノーシューを履いて歩き始めます。
画像

道はトレースがあり雪の量も多からず少なからずでとても歩きやすい。
樹林帯の中、標高を上げて行きます。
画像

樹林帯の中で少し退屈!?
時々ですがこんな感じで南アルプス方向が見えます。
画像

9時、木々の間から太陽が差してきました。
画像

赤テープも付いているコースです。
画像

9時15分、木々が少なくなってきて天祥寺原の末端に到着。
やっと蓼科山が見えだしました。
ここからほぼフラットな雪原が大河原峠近くまで続く事になります。
画像

左側に蓼科山を望みながら進みます。
画像

9時40分、将軍平分岐(標高1950m)、ここから蓼科山に登るトレースはありますがここから先の私達が進む方向は薄っすらとある程度です。
画像

蓼科山を見ながらスノーシューです。
画像


画像

北横岳を見上げます。
画像

10時、亀甲池分岐(天祥寺平)(標高1980m)
画像

トレースはありませんが所々に赤テープもありますから進みます。
ここから最初は木々の中を急登します。
画像

一息ついています。
画像

10時25分、斜面に沿って進みます。
右側は北横岳の北斜面ですから木々には雪がついていますが左側斜面は日当たりが良い所です。
この斜面が一番楽しいスノーシューイングが出来ました。
画像

振り返ると蓼科山が見えます。
画像

気温が上がってきたのでこんな現象が見られました!
画像

蓼科山を後ろに氷柱を見上げます。
画像

亀甲池に向かってあとひと頑張りです。
画像

画像

北側斜面は木々に雪が付いてこんな景色です。
画像


画像

11時、亀甲池(2035m)に到着です。
ここから右に北横岳に登るコースもあります。
画像


画像

ウサギ?の足跡だけです。
画像

亀甲池は元々、水量は少なく池です。
歩いている所は雪が積もっています。
岩があるあたりが池でカチカチに凍っています。
画像


画像

12時5分、静かな空間を十分に楽しみました。
蓼科山を見ながら下山です。
画像

天祥寺原から見る蓼科山。
画像

北横岳も見納め。
画像

今日は誰にも出会う事がありませんでした。
14時竜源橋に下山しました。

時間も早かったので湯川温泉・河童の湯に入って
買い物や食事をしてからピラタス蓼科ロープウェイの駐車場に(24時間無料開放されていてトイレも利用できます。)移動。


明日は蓼科山の隣りの八子ヶ峰に大展望を期待してチョッコト登る予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
天祥寺原は蓼科山に行ったときに
歩きました。ほとんど人がいなくて
静かだったのを覚えています。
冬だとまた違った景色ですね。

北八は冬もいいですね。
冬の北横岳に行ってみたいです。
ブル
2011/02/13 22:02
蓼科山、ロープウエイ、乙女茶屋、大河原峠からと登山口は多いのに皆さんピストンの方が多いようで天祥寺原周辺はとても静かですよね。
私もこの周辺はテントでも張りたくなる所だと思います。

冬の北横岳はホントに多くの方が歩かれていますから踏み固められていますからスノーシューは要りません。
アイゼンを持っていけは十分だと思います。
素晴らしい大展望が得られますよ。

スキー場ですから除雪も完ぺきにされています。
izumi
2011/02/15 10:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110205北八ヶ岳蓼科山麓の竜源橋〜天祥寺原〜亀甲池までスノーシュー yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる