yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110226乗鞍岳を眺めに肩の小屋口まで

<<   作成日時 : 2011/03/01 14:31   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

乗鞍岳(3025,6m)

時期 2011年2月26日(土)

天気 晴れ

駐車場 Mt.乗鞍 (旧乗鞍高原温泉スキー場)休暇村下駐車場からリフト3本乗り継ぐ
     (1人リフト代1200円)
     下りはリフトには乗れませんからなるべく標高の高い所からの出発にしました。

行動時間 7時間20分(休憩を含みます)

コース  リフト3本乗り継ぐ8:30=かもしか平9:00-肩の小屋口12:45〜13:25-休暇村下駐車場15:50


画像

2500m付近から乗鞍岳を望みます。

乗鞍岳までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



乗鞍岳は御嶽山の隣りに位置します。
いつも「あの山は乗鞍だね?」と言って見ているだけで登った事はありませんでした。
冬の乗鞍岳を近くから見て来ました。

リフトは8時30分から動き出します。
ここのスキー場はとても広くリフト乗り場が多くて迷います。
スキー場の方に教えて頂きました。
私達はスノーシューですから下りはもちろんリフトに乗れませんから標高の高い所のリフトから出発です。

休暇村下駐車場からリフト3本乗り継いで標高を上げて行きます。
画像

リフトに乗り換えて
画像

9時、リフトを下りた所(かもしか平)から出発です。
山スキー、スノーシュー、スノボーやスキーを背負ってスノーシューの方と色々です。
画像

歩き始めて振り返ると雲海の中に鉢盛山が見えます。
右側、後ろに見える山が鉢盛山と小鉢盛山です。
鉢盛山は2007年3月に野麦峠スキー場から小鉢盛山まで奈川案内人の会が主催するスノーシューツアーに参加しました。
積雪期のみ歩けるコースでした。
画像


画像

30分位歩いた所でスノーシューのベルトを締め直そうとひっぱた瞬間、手前の固定している所が切れました。
あ〜!何てこと!!
今日はここまで〜!と一瞬思いましたが!
画像

「マジックテープ」です。
最近、リフトに乗る事が多いので途中で落としたら大変なので
スノーシューとストックを結んでいました。
リフトを下りる時はいつも緊張します。
マジックテープが強く効いていますから何の問題もありませんでしたが!
画像

乗鞍岳が見え出して
画像

鉢盛山の後ろに八ヶ岳が微妙に見えだして、右側には南アルプス。
画像

10時45分、標高2200m付近から北側に穂高岳、槍ヶ岳が見えて来ました。
画像

そして南側には乗鞍岳
画像

標高を上げて行きますがこんな景色を見ながらですからなかなか足が進みません。
画像


画像

11時15分、標高2300m付近から樹林帯を抜けます。
右に行くと位ヶ原山荘です。
私達は肩の小屋に向かって進みます。
画像

展望が開けて来ました。正面に鉢盛山。
それに見え隠れするように八ヶ岳。
南アルプスも見えます。(クリックして下さい。)
画像

広い雪原を行く事になりますから風が強く吹きつける所が多々ありました。
画像

ダケカンバが見えます。
画像

風が強く少し辛い登りが続きます。
画像

位ヶ原です。
広い所を登っていきますから風が強く体力的に辛い所でした。
私が「北アルプスをもう少し近くで見たい」と言ったら夫が「ここが北アルプスだよ!」と言ったので納得。
大笑いです。
画像

剣ヶ峰と富士見岳の鞍部に肩の小屋が肉眼で見えます。
画像

天気は良いのですが風が強くて細かい雪が顔にあたります。
画像

12時5分、肩の小屋の手前に肩の小屋口が見えてきました。
もう一頑張りして肩の小屋口まで行って見る事にしました。
画像

見たかった景色がまた見え出しました。
画像


画像

カーブミラーがこんな感じです!
夏の乗鞍岳には登る事はないと思います。
画像


画像

12時45分、肩の小屋口です。
標高2620m、見えていましが遠かったです。
やっと到着です。
ここは風を避けられて暖かいぐらいでした。
小屋の前で食事して引き返す事にしました。
肩の小屋まで近くに見えていますがここから、あと30分かかります。
画像

13時25分、下山開始です。
画像

強風も納まって快適な下りとなりました。
画像


画像

振り返りながら
画像

北アルプスの槍ヶ岳、穂高岳から四阿山、根子岳、美ヶ原、浅間山、八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスそして右側手前に御嶽山が見えます。
画像

こんな感じで一度に見渡せます。(クリックして下さい。)
画像

鉢盛山の後ろに左側から蓼科山から始まる八ヶ岳連峰です。
画像

南アルプス。
画像

中央アルプスから御嶽山です。
画像

御嶽山にズームです。
画像

中央の蓼科山から左側に霧が峰、美ヶ原、そして少し後ろに浅間山が良く見えます。
画像

何度も振り返りながら乗鞍岳(剣ヶ峰)を眺めます。
画像

私達が下り始める頃でも何人かのグループがテント泊の大きな荷物を背負って登って来ました。
画像

ここはもちろんゲレンデではありませんがこんな感じで踏み荒らされています。
今日は晴天でしたから多くの人が入りました。
山スキーの人が大半でした。
画像

こんな感じでトボトボと歩いているのはスノーシュー組です。
画像

そして一番大変?だったのがゲレンデの急坂を下りる時でした。
シリセードーでは雪が重たくてほとんど滑りませんでした。
急坂はスノーシューを脱いでつぼ足の方が良かったと思いました。
画像


15時50分、駐車場に戻りました。
この周辺の温泉は混んでいたので帰り道にある竜島温泉のせせらぎの湯に入って帰途に。


アトラスのスノーシューが気に入って2007年の冬から履き始めて40回位使用しました。
夫のスノーシューも裏を返して良く見るとエッジの一部が掛けてなくなっていました。
併せてシーズンが終わってから修理に出す事にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
乗鞍お天気が良くて最高でしたね。
展望が素晴らしいです。
私たちはテント泊で帰りが大変でした、ガスガスで(^^ゞ
GPSがまだ慣れていないころでしたけどいい勉強になりましたよ。
スノーシューのベルト大変でしたね。
まだ切れたことないのですが、後で見てみます・・・って車のルーフボックスの中に入れたままでした^_^;
マジックテープ私も用意しておかなければ。
良いことを教えていただきました(^^ゞ
sanae
2011/03/01 17:22
izumiさん、こんばんは♪
これこそ天空の北アルプスの眺めです。d(-。∂)good!!
白銀の世界とはまさにこんな景色のことを言うのでしょう。
私もいつか行くぞー。(^^)/
クロちゃん
2011/03/01 19:24
今晩は。
今頃は空気が澄んでいて中々の展望ですね。
最近買ったばかりの山スキーで行ったら
面白そうです。鉢盛山も此処も今頃行きたい
ところですが、こちらにも行きたい所がいっ
ぱいあり過ぎて・・・。
楽しい悩みが尽きません。
インレッド
2011/03/01 20:11
くろちゃん
スキー場から行きますから除雪もしっかりされています。
雪が降っていないこのような日なら比較的、簡単にアプローチできます。
最近はリフトに乗って楽しています。
izumi
2011/03/02 09:52
sanaeさん
夫(さ・としちゃん )が冬に乗鞍に行きたいと言い出したのがきっかけでした。
私はこの時期にsanaeさん達が登っているのを記憶していましたからしっかりと読んで行きました。
位ヶ原の広い所でガスガスの中、GPSをたよりに下山は怖いな〜と思いました。
守門岳の最後の広い所の登りと一緒で今回も最後は私は気分的にバテました。

私は食料を持つのが担当ですが夫(さ・としちゃん) のリュックの中はドラえもんのポケットのように色々と入っています。(笑)
izumi
2011/03/02 09:54
インレッド さん
そうなんですよ。
広い所ですから山スキーが出来たら楽しい所です。
夫は下山しながら山スキーがほしいと横でず〜と言っていました。(笑)
私がスキーは20代(大昔の事ですね)にボーゲン止まりで終わっていますからこれからやるのは自信がありません。

私達は初心者でしたから手前の小鉢盛山まで行きました。
今年は雪の量も多いので鉢盛山までは結構時間がかかりそうですね。
izumi
2011/03/02 10:04
こんばんは
真っ青な空と真っ白な雪で眩しいほどの良い天気でしたね。
私の知り合いは、乗鞍が気にいって4月頃から雪のなくなる9月初旬まで毎週乗鞍にスキーにでかけています(笑)
izumiさんの記事を拝見していますと、そのくらい嵌ってしまいそうな絶景なんですね。
リッキー
2011/03/02 18:38
リッキーさん
雲ひとつない青空はホント、久しぶりでした。
やはり気持がいいですね。
乗鞍は夏に登山として行く気にならなくていつも眺めているだけの山でした。
山スキーをされる方には間違いなく楽しいコースだと思います。
izumi
2011/03/03 13:21
絶景ですね♪
行ってみた〜いと
思いました。
ブル
2011/03/03 20:08
ブルさん
雲一つない青空でした。
この雪の斜面で「自分の人生でこんな所に立っているのが信じられない」と夫と話していたんですよ。
山歩きを始めて5,6年、冬の雪が積もっている山にも登れるようになって来ました。
izumi
2011/03/03 21:56
こんばんは。
乗鞍って夏ならいつでも行けそうな気がして
我が家はついつい後回しにしている山です。

でもこの時期は行ってみたくなるほどの
キレイさなんですね〜。
スノーシュー治りそうですか?
40回分の思い出の詰まったスノーシュー、
修理できるといいですね!
くっきー
2011/03/03 23:39
我が家も「バスに乗り換えて」の山登りは時間に制約されるのでついつい敬遠です。
しかも山頂手前までバスで登れますから。
冬の晴天のこの時期ならわりと手軽にこの辺までは登れる山です。
もちろん山頂まではアイゼン、ピッケルの世界ですから別ですが。

スノーシューも今月に何度か使う程度ですからマジックテープのままで。(これが結構しっかり締められてなんの問題もないんですよ!)

後はお値段との相談ですね!
izumi
2011/03/04 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110226乗鞍岳を眺めに肩の小屋口まで yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる