yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20060506瑞牆山(この時期は軽アイゼンを忘れずに!)

<<   作成日時 : 2011/03/31 12:26   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

瑞牆山(2230m)

2006年5月6日(土)

天気 晴れ

行動時間 7時間20分(休憩を含む)

駐車場  瑞牆山荘前(無料)

コース 瑞牆山荘前7:25-富士見平小屋8:10〜8:20-瑞牆山10:30〜11:40-富士見平小屋14:10〜14:20- 瑞牆山荘前14:45


2006年5月6日に瑞牆山に登った時の記録です。


この年は雪が多く富士見平小屋では金峰山に登る方には「アイゼンなしでは登れません!」と特に注意を促していました。

「瑞牆山は登れます!」と言っていましたが山頂直下で回り込んで北側に出ると残雪が凍り付いていました。
アイゼン無しでアイスバーンを登り切りましたが下りは気やすめ程度でしたが縄を靴に巻いて下山しました。

コースの内容は同じ年の一ヶ月後の6月10日に瑞牆山に登っていますから参考にして下さい。
シャクナゲも咲き始めていましたから季節的にはこちらがお薦めです。



南側の斜面を登って行きますから問題ない登山コースでした。
画像

南アルプスや
画像

富士山を見ながら楽しいコースです。
画像

10時10分、山頂直下の黒森への分岐点まで来た時、残雪が凍り付いていました。
画像

手を付いて登る事になりました。
画像

10時30分、滑る斜面をなんとか登って来ました。
入れ替わり登って来る多くの方達が同じ思いをしていました。
画像

11時40分、下山する前にロープを持っていましたからこんな工夫をしてみました。
画像

こんなコースを下る事になります。
画像


画像


画像


画像

黒森分岐点まで下りて来てホットした所です。
グループ登山のリーダーの方が「ここでアイゼンをつけま〜す!」と言っていました。
画像

そうです絶対に必要でした!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんにちは♪
凍った道は雪より怖そうです。
応急措置はd(-。∂)good!!と思います。
山によっては初夏でもアイゼンが携行品のひとつになりますね。
私は簡易アイゼンをザックに入れています。(^^)/
瑞牆山の山頂は天空の眺めですね。
クロちゃん
2011/04/02 15:52
クロちゃん
おはようございます。
2006年、山歩きを始めてまもない頃の大変だった記録です。
周りの方達も特に下りには手こずっていました。
経験を積み重ねて少しずつですが賢くなりました。(笑)
いまでは当然、私も軽アイゼンは入ってます。
izumi
2011/04/04 10:00
こんばんは。
山頂からすっぱり切れ落ちたその先に見る大ヤスリ岩に感動したのを、今でも覚えています。
イイ山ですね。
カスミッシモ
2011/04/12 21:30
カスミッシモさん
お恥ずかしい初心者の頃の記事です。
初心者の方に少しでも参考になればとUPしました。
機会があれば不動ノ滝側から登って見ようかと思っています。
izumi
2011/04/13 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
20060506瑞牆山(この時期は軽アイゼンを忘れずに!) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる