yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20070430大峰山脈「日本岳〜大普賢岳〜七曜岳〜和佐又山」(後編)

<<   作成日時 : 2011/03/23 14:44   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

大普賢岳(1779,7m)・七曜岳(1584m)

時期 2007年4月30日(月)

天気 晴れ

駐車場 和佐又山キャンプ場
一日1000円です。(トイレは和佐又ヒュッテ、キャンプ場などにあります。)

行動時間 9時間45分(休憩を含みます)

コース   和佐又山キャンプ場7:00-朝日窟7:50-笙の窟7:57-日本岳8:18-石ノ鼻8:32-小普賢岳-大普賢岳9:35〜10:10- 弥勒岳10:27-稚児泊11:10〜12:07-七つ池12:25-七曜岳12:38〜12:40-無双洞への分岐点12:47-無双洞 14:05〜14:20-和佐又山16:15-下山(和佐又山キャンプ場)16:45



(前編)で大峰奥駈道の一部でしたが歩く事が出来ました。
後は和佐又山キャンプ場まで下るだけと思っていましたがここからも変化に富んだ登山道でした。



12時47分、
素晴らしい大峰奥駈道はまだまだ続きますが私達はここまでにして無双洞への分岐点から下ります。
画像

階段や木の根が絡んでいる急な坂を下りて行きます。
画像


画像

階段になっていますが急ですから後ろ向きになって下ります。
画像

30分位急坂を下り切ると歩いて来た稜線が眺められます。
画像

ここからは緩やかな下りとなります。
画像

14時、沢の流れの音が聞こえて来ると再び急激な下り坂です。
高校生のグループがザレた山道を駆け下りて来ました。
下山してから分かったのですが引率の先生は30分位後からゆっくり下山して来ました。
ここから先もバラバラの山歩きをしていました。
画像

14時5分、無双洞の上流の様子。
画像

階段が掛けてあって無双洞は、上下に2つの穴がありました。
画像

上の穴の中は真っ暗で高校生2人が入っていました。
画像

下の穴は勢いよく地下水が流れ出ています。
画像

14時20分、沢を左に渡り、山腹をトラバースしていきます。
画像

山桜と新緑が輝いています。
画像

20m上に道があると表示されていました。
画像


画像

左の岩場を登ると案内があってここにはクサリが設置してありました。
画像

足を引っ掛けて急な岩場をよじ登っていくことになります。
画像

ロープが巡らせれていてコースは分かりやすいのですがかなりの岩登りでした。
ここまで来るとさすがに疲れもありました。
大変な思いをしながら登り切りました。
画像

ここからは水平な道となります。
画像

ブナの大木を眺め、
画像

和佐又のコルに向かって下ります。
画像

16時15分、和佐又山に寄って、
画像

16時45分、下山しました。
画像



昨日に登った百名山の八経ヶ岳と比べると登っている人数は比較にならないほど少数で静かな山歩きが出来ました。
想像以上に山深く険しい山歩きでしたが天気にも恵まれて歩く事が出来ました。


下山時間も夕方になりました。
これから実家の京都に行くには体力的にもきついので道の駅「吉野路大淀iセンター」まで20`ほど北上して明日は大峰奥駈道の出発点の奈良県の吉野に寄る事にしました。

例年だと吉野の奥千本あたりが桜の見頃で、車は入れない所でしたがこの年はすっかり咲き終わっていました。
ひっそり静かな吉野を登山道に平行して自動車道がありますから観光して来ました。



5月1日は小雨が降る天気でした。
世界遺産の金峯山寺。
画像

吉野水分神社。
画像

高城山からの展望です。
画像


画像

自動車道に平行して登山道がありますから少し歩いて来ました。
登山道と言ってもこの辺はハイキング道です。
画像

石畳の道です。
画像

金峯神社の義経隠れ塔を見下ろします。
画像

西行庵まで歩きましたがここまでにして引き返しました。
画像

途中、吉野の町を見下ろします。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
大峰山脈いいですね(^^)
以前から行きたいと思いながらその周辺の山域もまだ行ったことがありません。
1993年発行の山と高原地図は持ってます。笑
zen
2011/03/27 06:08
zenさん
高速を下りてからアプローチに時間がかかりますから行きにくい所です。
山上ヶ岳(女人禁制ですから私は登れません)から釈迦ヶ岳までの大峰奥駈道あたりがやはりお薦めでしょうか!

地図も山は変わりませんが登山道が新しく出来て便利になった所もありますから確認するのも良いですね。
izumi
2011/03/28 12:20
izumiさん こんばんは
ご夫婦のタフさは昔からだったのだと、このレポを拝見して判りました。
それにしても大変な山登りを毎回されていますね。
リッキー
2011/03/30 18:41
リッキーさん
日本百名山の完登は全然考えていませんがこの頃は実家が京都なので近場で(と言ってもかなりアプローチに時間がかかって不便な所でした。)登れる山はと探して登りました。
この日のコースは予定にはありませんでした。
大変でしたが又機会があったら登ってみたい山域です。

前からこの時の記録はまとめたいと思いながら写真の量も多く後まわしになっていて気になっていました。
今回、やっと整理ができました。
izumi
2011/03/30 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
20070430大峰山脈「日本岳〜大普賢岳〜七曜岳〜和佐又山」(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる