yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20060503毛無山(富士山と南アルプス展望)地蔵峠経由で下山

<<   作成日時 : 2011/03/31 12:25   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

毛無山(1945,5m)

時期 2006年5月3日(水)

天気 晴れ

駐車場 無料の臨時駐車場 (ここから15分歩いた所には有料駐車場があります。500円です。)

行動時間 9時間5分(休憩を含みます)

コース  臨時駐車場7:20-登山口7:35-地蔵峠分岐7:50-不動の滝8:20〜8:30-五合目9:15〜9:30-富士山展望台10:40-南アルプス展望台10:55〜11:00-毛無山山頂11:10〜12:10-下部温泉分岐点13:25-地蔵峠13:35-ロープ下った滝の元で休憩14:00〜14:10-地蔵峠分岐15:50-臨時駐車場16:25



2006年5月3日に山梨百名山の毛無山に登った時の記録です。




毛無山は山梨県と静岡県の県境に位置する標高1945,5mの山で、天子山塊の最高峰です。
日本200名山、山梨百名山及び静岡百山に指定されています。

約2キロの距離、標高差約1100mですからかなりの急登です。




7時20分、臨時駐車場からこれから登る毛無山を見上げます。
画像

15分位歩くと登山口。
そこから林の中の幅広い道を進んで行くと右側に麓宮(神社)が
見えてきます。
画像

そのそばには、麓金山精錬場跡があります。
古ぼけた金鉱石破砕機が野ざらしに残されていました。
画像

砂利道を歩いて石が転がる沢を渡ります。(水は流れていませんでした。)
画像

7時50分、地蔵峠分岐です。
行きは不動の滝を見ながら反時計周りで登って帰りは丸山、地蔵峠経由で下山します。
画像

早速、樹林帯の中、急な坂道が続きます。
この日は、息子が初めての山登りに付いて来ています。
画像

はさみ石と名の付いた岩場。
画像

ヒカゲツツジとミツバツツジが咲いていました。
苦しい登り坂を行く中、気持がなごみます。
画像

地蔵峠との分岐から一合目、二合目と標識が立っています。
8時20分、二合目を過ぎた所で「不動の滝見晴台」に出ました。
滝の流れは細いのですが、二段になっていて100m位あります。
画像

木々の合い間から富士山が良く見えるのも気持がなごみます。
画像


画像

笹が生い茂る中、急登なのが膝の上げ具合で分かります。
画像

9時15分、五合目、かなり先に登って休憩している息子に追いつきました。
画像


画像

七合目付近で見られたバイケイソウの新芽。
画像

八合目から見る富士山。
画像

10時40分、富士山展望台に到着です。
画像

九合目を過ぎると毛無山山頂と地蔵峠への分岐点に到着。
画像

少し進んだ所に南アルプスの展望台(大きな岩)があります。
画像

左側から雪のかぶっている、上河内岳、聖岳、赤石岳、荒川岳、悪沢岳と見えます。
画像

右側から北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳と見えます。
画像

ここから山頂までは緩やかな登りです。
画像

11時10分、毛無山山頂に立ちました。
画像

山頂は広いのですが、展望が開けているのは富士山方面だけです。
富士山の西面とその麓の朝霧高原が広く見渡せます。
画像

1時間の休憩の後、地蔵峠経由で下山する事にしました。
画像


画像

南アルプス展望台に又、寄り道して北岳、間ノ岳、農鳥岳のズームです。
画像

12時23分、左側の朝霧高原から登って来ましたが地蔵峠は途中まで下部温泉方向まで行きます。
画像

稜線上の丸山から見る富士山です。
画像

途中、富士山が見渡せる所が多くその都度、立ち止る事になります。
画像

13時25分、下部温泉分岐点からも富士山の展望が見事です。
ここから急坂を下る事になります。
画像

13時35分、地蔵峠のお地蔵さんに手を合わせます。
画像

20分程下ると沢に出る手前にロープが出て来ました。
今日は前と後ろにカメラマンがいます。(笑)
画像

滝の前で休憩。
画像

前方に富士山を見ながら、
画像

沢を渡ったり渡り返したりしながら、沢沿いの道を進む事になります。
画像

分かりにくい所もありますが、良く見るとテープがあります。
画像

今日は最後まで富士山を見ながらの登山です。
画像

大岩を巻いて行く所もありました。
画像

標高を下げて来ると花が咲き始めていました。
画像


画像

ミツバツツジも丁度、満開でした。
画像

麓の様子も見え始めました。
画像

なかなか変化に富んだコースですがさすがにこの辺まで来ると疲れています。
画像

15時40分、比丘尼の滝を見ながら、
画像

沢を渡ります。
画像

15時50分、分岐点にやっと戻りました。
画像

山桜と芽吹き始めた山並みを眺めながら、
画像

3人が好き勝手に写真を撮りながら、
画像

16時25分、臨時駐車場に戻りました。
画像


毛無山はピストンで登る方が多いようですが気候の良い、日の長い時期に地蔵峠経由の周回コースはお薦めです。
この後、息子も靴を買ってその年に櫛形山に登りましたが就職してからは一度も登る事はなくなりました。
少し残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
富士山の写真好きだな。
山ちゃん
2011/03/31 21:20
こんばんは。
写真を見ていると、懐かしく1場面1場面を思い出します。いいお天気だったのですね。
カスミッシモ
2011/04/01 00:34
山ちゃん
コメント、ありがとうございます。
写真を撮りながらのんびり山に登っています。

「富士山は見る山で登る山じゃない!」なんて勝手にいい訳して私はまだ登った事がありません。(笑)
izumi
2011/04/01 11:07
カスミッシモさん
少し時間が出来ましたから過去の記録をまとめています。
そお言えば、丹沢でお会いした3日後の記録ですね。
私も地蔵峠経由で下山しましたが沢沿いの大岩の上を歩きながらの下山は予想以上に長くて大変でした。
この後、その年の6月にもう一つの毛無山から十二ヶ岳の縦走の時これが予想以上に膝に来てやはりこのままじゃ〜と言うのがきっかけでサポータータイツをはくようになりました。
山梨百名山ですからこの辺まではまとめたいと思っています。
izumi
2011/04/01 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
20060503毛無山(富士山と南アルプス展望)地蔵峠経由で下山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる