yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110501由布岳、飯盛ヶ城

<<   作成日時 : 2011/05/11 15:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

由布岳(1583,3m) 飯盛ヶ城(1067m)

時期 2011年5月1日(日)

天気 曇り後雨後晴れ

行動時間 5時間(休憩含む)

駐車場 由布岳正面登山口(トイレあり)

コース  正面登山口9:00-合野越9:40-マタエ11:00〜11:10-合野越12:00〜12:50-飯盛ヶ城13:10〜13:20-正面登山口14:00


画像

飯盛ヶ城から下山途中、由布岳を振り返ります。


由布岳と飯盛ヶ城のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


前日の天気予報は午前中は雨予報でしたから国東半島や別府、湯布院の観光も予定していました。
夜中は雨が降っていましたが朝、起きて見ると回復していました。

当初の予定通り、由布岳に登る事にしました。
やまなみハイウェイで南側の正面登山口に移動。

9時、出発です。
登山者とドライブをしている人が混ざっています。
画像

最初は草原の中を進む事になります。
画像

この周辺では黄色のスミレが多く見れました。
画像

9時40分、合野越を通過。
画像

ここからは樹林帯をジグザクと登る事になります。
少し退屈な道です。
画像

霧が出て来て展望はききません。
画像

山頂、手前からポツポツと雨が降り出しました。
画像

最後は岩がゴロゴロした急坂を登って行くと、
11時、山頂手前のマタエに到着です。
東峰と西峰の双耳峰の鞍部です。
画像

雨と強風で飛ばされそうです!
画像

西峰に行くにはこの鎖場を登って行く事になります。
最初、荷物を置いて登るつもりでしたが、雨が強く降って来たので止めて、
画像

東峰も霧の中で何も見えません。
ここまでにして下山する事にしました。
画像

雨が降る中、40分位下山した所で、霧が晴れだしました。
画像

目の前の山並みが見えだして、
画像

麓の街並みも見え始めました。
画像

手前に見える山が飯盛ヶ城です。
画像

振り返って山頂を見るとはっきりと由布岳が見え始めました。
登り返す気力はありませんからそのまま下山です。
画像

12時、すっかり天気も回復した合野越で休憩。
ここで佐賀県から来た「天山の自然を守る会」のグループの方達が由布岳の登山は中止してこれから目の前の
飯盛ヶ城に登る事を教えてもらいました。
20分位で登れる山で、展望も良さそうですから私達も登る事にしました。
画像

カヤトの中を進みます。
飯盛ヶ城が目の前に見えます。
画像

振り返ると由布岳。
画像

そして岩がゴロゴロした斜面を10分位登って行きます。
画像

山頂手前から見た由布岳です。
画像

合野越で多くの方が休憩しているのが見えます。
画像

飯盛ヶ城山頂と由布岳。
画像

13時10分、飯盛ヶ城山頂。由布岳を背に記念写真です。
画像

山頂から正面登山口の駐車場が見えます。
道もありますから南側に向けてなだらかな道を下山します。
画像

飯盛ヶ城と由布岳を振り返ります。(クリックして下さい。)
画像

何度も振り返りながら豊後富士と呼ばれる美しい山、由布岳を眺めながら
14時、下山しました。
画像

16時頃でしたが湯布院は観光客でごったかえしていました。
湯布院の中にある「ゆのつぼ共同温泉」です。
200円を箱に入れます。
駐車場は2台、無料とありましたから狭い道を入って行きました。
丁度、ひと家族出て来た所でしたが男、女風呂とも貸切でした。
多くの観光客の中、ここだけは別世界でした。
画像


大分で地場の魚を握ってくれるお寿司を食べて祖母岳登山口まで移動しました

今回、午後の時間があったので大分、別府と買い物、食事をしてから移動しましたが竹田市を通ってからも遠く道は狭くなったり最後の林道も長く一番苦労しました。
熊本県側からのアプローチの方が楽です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんばんは♪
九州の山はたおやかに広々としてとっても気持ち良さそうです。
生憎の雨でもこれだけの景色が見られたら良しとしましょう。
それに温泉は良心的値段で湯ったりですね。
いつか私も九州の山旅をしてみたいです。(^^)/
クロちゃん
2011/05/11 19:29
こんばんは。
九州の山はあまり知りませんが、
広々としていいですね。
展望がきかなかったのは残念ですが
温泉と山歩きの両方を楽しめるのは
いいですね。
飯盛ヶ城とはおもしろいネーミング
ですね。お城があったんですかねぇ?
ブル
2011/05/11 21:47
クロちゃん
一昨年のGWは中国地方、昨年は四国の山、そして今年は九州の山。
噴火の為、鹿児島県は又の機会となりましたが登って来ました。
気候、風土が違いとても新鮮な気分になりました。

温泉はさすがに多くしかもすべてワンコイン以下で入れました。
izumi
2011/05/12 11:17
ブルさん
私も名前だけは知っていましたが全然でした。
久住、祖母、阿蘇山はともかくコースが多く迷いました。
山頂で地元の方に明日登る山の事を聞いたりしましたから。
阿蘇山は火山ガスの為、周回コースの予定がピストンになったりと。

この飯盛ヶ城も目の前に見えていましたが地図には名前だけでコースも書いてない小さな山でした。
飯盛ヶ城山頂から見る由布岳は最高でした。(笑)



izumi
2011/05/12 11:32
こんばんは。
生憎の雨で残念でした。NHKの朝ドラで由布岳は登って見たいと思っていました。
九州の山は名前が分かるくらいで、どこにあるのかもよく分かりません。眺望の良いいい山のようですね。
四国も九州も登り終えると百名山登頂が近づいてきますね。
カスミッシモ
2011/05/16 22:13
カスミッシモさん
今回のGWは天気を気にしながらの登山となりました。
前日、由布岳の姿を高速道路から見た時が一番感激しました。
独立峰で綺麗な姿でした。

朝ドラ、もちろん私も覚えています。
中村めいこさんが由布岳でナレーターをやっていましたね。

百名山登頂にはまだまだですね。
やっと半分を越した所ですから。
機会があったら登ってみたいとは思っていますが完登は全然意識していません。
izumi
2011/05/17 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110501由布岳、飯盛ヶ城 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる