yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110504烏帽子岳(阿蘇の代表的景観の草千里ヶ浜を見ながら登れる山)

<<   作成日時 : 2011/05/18 14:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

烏帽子岳(1337,2m)

時期 2011年5月4日(水)

天気 晴れ

行動時間 2時間15分(休憩含む)

駐車場 草千里ヶ浜駐車場(一日410円)

コース  草千里ヶ浜駐車場7:45-(西ルート)-烏帽子岳山頂8:50〜9:06-(東ルート)−草千里ヶ浜経由-草千里ヶ浜駐車場10:00


烏帽子岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



中岳・高岳・根子岳・烏帽子岳・杵島岳の阿蘇五岳(あそごがく)を総称して「阿蘇山」と呼び事を再認識して一日で阿蘇から放れるのがもったいない気持になりました。
当初は姿形から根子岳に登りたかったのですが近年崩壊が激しく一般向きではないと書いてありました。
そこでハイキング気分で登れて、しかも阿蘇の代表的景観の草千里ヶ浜を見ながら登れる山、烏帽子岳に登ってから午前中に長崎へ移動する事にしました。

ゆっくり景色を楽しみながら登っても2時間位です。


昨夜は冷え込んだ為か道の駅「波野」から外輪山の中に戻ったら朝霧が立ち込めていました。
今日はお天気も期待できそうです。
牧草地の奥に黒く見えるのが外輪山でその手前に白く朝霧が立ち込めています。
画像

良く見ると牛もいます。(クリックして見て下さい。)
画像

阿蘇パノラマラインから見える根子岳、そして昨日登った 阿蘇山です。
画像

もちろん噴煙も上がっています。
車を止める所もありますから写真を撮りながら移動です。
画像

これが阿蘇の代表的景観でしょうか!
外輪山が今日ははっきりと見えます。
画像

草千里ヶ浜駐車場から見る烏帽子岳です。
7時45分、右側の西ルートから登って行きます。
画像

草千里ヶ浜と駐車場、後ろに杵島岳が見えます。
こんな景色を見ながらのハイキングです。
画像

朝霧も晴れだして、
画像

8時30分、山頂まで20分位の所の急坂を登り切ると、
画像

8時50分、烏帽子岳山頂に立ちます。
草千里ヶ浜と杵島岳を眺めながら、
画像

東側(右側)が白くなっているのが噴煙です。
画像

昨日もひっきりなしに飛んでいた遊覧飛行のヘリコプター。
山頂から阿蘇山ロープウェイや阿蘇山公園道路の方向で車が動かなくなっているのが見えました。
最初は9時から動き出すのかと思って見ていました。
そして火山ガスの状況で通行止め、運行停止していることが分かりました。
昨日は私達が登った東側にガスが流れて来ていましたが今日は西側に流れています。
画像

9時6分、こんな景色を見ながら東ルートを下山します。
画像

アセビの花と杵島岳。
画像

車が並んでいるのが見えます。
画像

9時30分、最後はショートカットして草千里ヶ浜を歩いて下山しました。
画像

目の前に見える小山まで多くの観光客の方が登っています。
馬に乗って散歩している人もいます。
画像

草千里ヶ浜から見た景色です。(クリックして見て下さい。)
画像


10時に下山してこれから長崎県に移動します。
途中、ハウステンボスや有田の陶器市に行く人で武雄JC手前で渋滞がありましたが長崎市内に行く方向はスムーズに流れていました。

夕方、雲仙温泉の小地獄温泉館に寄りました。
白濁した温泉でツルツルになりました。
夕方でしたから激混みでした。

島原市内にあるほうじゅうでガンバ(ふぐ)すしや具雑煮、
そしてこんなお刺身を食べて、
画像


当初は普賢岳登山口の仁田峠駐車場で車中泊の予定でした。
しかし仁田峠循環道路はゲートが閉められて朝は8時から通行可能となります。

道の駅「みずなし本陣ふかえ」に移動しました。
明日は普賢岳に登ります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんばんは♪
九州にもこちらと同じ名前の山がありましたか。
とても親近感を覚えます。
そうでした。
この近くは噴火の山があるんでしたね。
その影響で通行止めの規制もあるんですか。
遠くまで見渡せる素晴らしい光景と、自然の怖い一面が同居しているんですね。
ますます天気は上向きになってするように感じました。(^^)/
クロちゃん
2011/05/18 19:34
こんにちは
烏帽子岳というので険しい山かと思ったら、昨日とは違って裾野に牧草地が広がって大らかな山だったんですね〜。何となく噴煙の岩手山と七時雨山の関係を思い出してしまいました。

それにしても登山の後も硫黄泉やお刺身など九州を満喫されていて羨ましい限りです。
aki
2011/05/19 08:22
クロちゃん
ダラダラとまとめたブリグにお付き合いいただき恐縮です。
やっと最後の雲仙普賢岳をまとめる事ができました。
長かった九州の山旅を振り返っていました。
地球規模から見たらちっぽけの日本。
阿蘇山の噴火もミヤマキリシマの満開の時期に少なからず打撃だと思います。
izumi
2011/05/19 16:59
akiさん
実は内緒にしていたのですが阿蘇パノラマラインをグルグル回りながら登ってきましたから方向感覚がずれて??と言う事にしておきますが、杵島岳を烏帽子岳と勘違いしました。
どちらも登山口の案内もありませんでしたから余計に勘違いに気が付くのに時間がかかりました。

東北の山はまだまだ登っていない所が多くこれからの所でした。
今年は様子を見た方が良いのかと!思っています。
izumi
2011/05/19 17:10
そうだったんですか、、でもそれも良い思い出になりますね〜 私は九州の山には登った事がないので、izumiさんの様に一度は行ってみたいと思いますが遠くて中々難しいです。

東北は、確かに街だけではなく山にもまだ災害の爪痕が見られましたから、人も自然もゆっくり回復するのを見守って行くのが良いかも知れません。
aki
2011/05/22 23:28
akiさん
笑っちゃいますよね!
どちらの山も目の前に見えているのに登山口の案内がありませんでした。
初日の久住山ではつられて反対側の山に登っていますし。
まだまだ初心者の域を抜け出せません。
izumi
2011/05/23 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110504烏帽子岳(阿蘇の代表的景観の草千里ヶ浜を見ながら登れる山) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる