yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110505雲仙・普賢岳、妙見岳、国見岳と周回

<<   作成日時 : 2011/05/19 16:40   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

普賢岳(1359m) 妙見岳(1333m) 国見岳(1347m)

時期 2011年5月5日(木)

天気 朝小雨のち晴れ

行動時間 4時間45分(休憩含む)

駐車場 仁田峠駐車場(トイレあり)

コース  仁田峠駐車場8:10-ロープウェイ山頂妙見駅8:45-妙見神社(妙見岳)9:00-国見分れ9:22-国見岳9:37〜9:45-普賢神社10:30〜10:38-普賢岳10:40〜11:50-仁田峠駐車場12:55


画像

前日の4日の夕方に北東方向(千本木地区)から見た平成新山です。
多くの火砕流で被害にあった地区です。

雲仙普賢岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。




雲仙・普賢岳大火砕流が発生して丁度20年になります。
当時は大噴火はもちろんですが警戒区域内に多くの報道関係者が立ち入っていた事に驚いた記憶がありました。
この時、隆起して普賢岳(1359m)より127m高くなった平成新山(1486m)を見たくて移動して来ました。



当初は普賢岳登山口の仁田峠駐車場で車中泊の予定でしたが仁田峠循環道路はゲートが閉められて朝は8時から通行可能となります。

道の駅「みずなし本陣ふかえ」から移動しても20分位でゲート前に到着です。

ゲートが開く手前で靴を履いたり予報に反して小雨も降っていましたから雨具を着たりと時間を有効に使います。
10分前の7時50分にゲートが開いて協力金100円を払います。
駐車場までは10分位で到着します。

雲仙観光協会の手書きの登山地図をダウンロードしてあります。

8時10分、小雨が降る中(予報では晴れ)、ロープウェイ乗り場の横から登山口となります。
雲仙三山登山おすすめコースは妙見、国見、そして普賢岳に登る時計周りです。
画像

ロープウェイで3分、歩いて40分の所を山頂妙見駅をまず目指します。
画像

足元は歩きやすくこんな感じです。
画像

振り返ると駐車場はもちろんですがゴルフ場、雲仙温泉街そしてその向こうに海も見えます。
画像

8時45分、ロープウェイ山頂妙見駅です。
画像

観光地ですから良く整備されています。
妙見岳は立入禁止区域になっているのでここに山頂の道標があります。
画像

途中、妙見岳展望台に寄り道して普賢岳と平成新山を眺めます。
画像

(クリックして見て下さい。)
画像

島原の街並みと島原湾も見えます。
画像

9時、妙見神社でお参り。
噴火前は、この神社の右横から妙見岳の山頂(1333m)に登ることができたようですが現在は立入禁止となっています。
画像

普賢岳と平成新山を見ながら、
画像

少し行くとこれから登る国見岳も左側に見えて来ました。
画像

9時12分、第2吹越(ここからも登って来れます。)から見る国見岳。
画像

そして歩いて来た妙見岳を振り返りながら、
画像

オオカメノキの花が咲き始めた道を行きます。
画像

普賢岳と平成新山を見ながら早く目的地に行きたい気持を抑えて、
画像

9時22分、国見分れ、もちろん国見岳に行きます。
画像

地図にも15分と書いてありますが、
画像

同じような景色を見ながら、
画像

一か所ですが鎖場を通過して、
画像

9時37分、15分で国見岳山頂です。
逆周りしている人が普賢岳山頂に立っているのがわかります。
画像

妙見岳です。
画像

そして国見分れまで同じ道を戻って毎度の事ですが一度下ります。
画像

10時30分、登り返して普賢岳神社です。
画像

そして目の前に平成新山。
もちろん立入禁止です。
青空も見えて来ました。
画像

左の秩父宮登山碑がある所は立入禁止地域ではありません。(クリックして見て下さい。)
画像

10時40分、なかなか登ってこない夫をおいて先に普賢岳山頂に立ちました。
画像

平成新山を背に記念写真。
画像

青空の中の妙見岳を眺めながら一時間以上の休憩となりました。
画像

なだらかでとても歩きあるい下山道。
ベンチがあって小鳥の水場がある所です。
画像

12時55分、少し登り返して普賢神社の鳥居をくぐって下山しました。
画像

下山途中に見た花。
ハルトラノウがあちこちで満開でした。
画像

スミレの下に咲いている小さな花(ヤマルリソウ?)が可愛いです。
画像

シロバナネコノメソウとムラサキケマン
画像


画像



下山後、雲仙温泉の新湯共同浴場の寄りました。
14時頃でしたから駐車場は満車の所が多くあきらめていましたが新湯共同浴場の目の前の所がたまたま空いていました。
一日400円です。
お風呂は一人100円です。
雲仙地獄巡りをして、
画像

長崎市内経由で少し遠回りして海沿いに走って道の駅「夕日が丘そとめ」で夕日を見て、佐世保市内にでました。
今回九州で多く見たファミリーレストラン「ジョイフル」に入りました。
安くでびっくり価格です。
画像

6日は陶器祭りが終わった有田街。
ここは柿右衛門窯です。
画像

陶山神社は鳥居も狛犬も陶器で出来ています。
画像

そして有田と伊万里の間にある大川内山です。
かつて佐賀鍋島藩の御用窯として栄え、技術流出を防ぐために関所まで設けられた秘窯の里です。
朝9時過ぎになるとお店も開き始めて今回はここで記念に少し食器を購入しました。
画像

そして北上して唐津城で、
画像

満開の藤棚を見上げます。
画像

唐津くんちの曳山展示場を見学。
画像

最後はお楽しみの呼子の「河太郎」でいか活き造り定食と刺身定食です。
番号札を貰って30分待ちでした。
画像

ゲソは最後に天ぷら、塩焼き、煮付けとお好みに応じて料理してくれます。
イカは身が厚くなる3〜6月が旬との事です。
おひつのご飯では足りなくて追加しました。(笑)
画像


長かったGWの山旅もこれで終わりです。

ここから長い長い高速道路を走って帰る事になります。
15時、海沿いのバイパス経由で福岡ICから九州自動車道に乗って720キロ走って伊勢湾岸自動車道の湾岸長島SA で車中泊。
7日(土)のお昼過ぎにゆっくり帰りました。

山、温泉、グルメと楽しい旅でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
GWは山においしいものと堪能されたようで
うらやましい限りです。
20数年前に雲仙のロープウエイに乗り、霧氷を
見に行ったのを思い出しました。
現在とは違った風景だったんですよね。
ブル
2011/05/19 22:49
ブルさん
最後までお付き合いいただき恐縮です。
私は長崎市内は観光をした事がありますが雲仙は初めてでした。
なかなか行けませんから少し欲張ってあちこち回って来ました。
馬肉と呼子のイカがやはりお薦めでしょうか!!
izumi
2011/05/20 15:38
izumiさん、先ほどはコメントありがとうございました。
御夫婦の登山、楽しそうですね。
また、【阿蘇山】の山行は良いタイミングで登れ良かったですね。
私も急遽ETC割引と地震、噴火を懸念し九州遠征を決めました。
今後も御夫婦で楽しんで登ってください。
zenith
2011/05/23 21:04
zenith さん
コメント、嬉しいです!
九州遠征後も活動的に山に登られていてさすがですね。
私達は山歩きはともかく往復の高速運転で疲れました。

夏山に向けて体力UPしなくてはいけないのにダラダラと過ごしています。(笑)

izumi
2011/05/24 10:35
こんばんは
五月の連休はご夫婦で楽しい時を過ごされましたね。
九州は行った事がありませんが、ブログご紹介でちょっぴり小旅行した気分にさせて頂きました。
リッキー
2011/05/24 20:08
リッキーさん
きっかけはETC割引でしたが2009年は中国地方、2010年は四国地方、そして今年は九州地方の山に登る事が出来ました。
西に行くほど気候、風土が違ってとても新鮮な気持ちになりました。
夫婦で旅行は気楽でいいのですが長くなるとお互いにわがままが出て喧嘩もたえません。(笑)
izumi
2011/05/25 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110505雲仙・普賢岳、妙見岳、国見岳と周回 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる