yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110611水芭蕉咲く尾瀬沼(1日目)

<<   作成日時 : 2011/06/14 19:24   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

尾瀬(1日目)

時期 2011年6月11日(土)

天気 曇り後晴れ

駐車場  大清水(一日500円)

行動時間 3時間23分 (休憩を含む)

コース 大清水(標高1180m)9:07-一ノ瀬10:05〜10:20-三平峠(標高1762m)11:35〜11:40-三平下12:03-尾瀬沼テント場(尾瀬沼ヒュテ)(標高1680m)12:30〜14:00-沼山峠展望台-テント場


画像

水芭蕉を燧ケ岳


夏山テント泊に備えて少し多めの荷物を担いで歩くのには尾瀬は適当な所です。

2009年6月は今回と同じ大清水から入って尾瀬沼てテント泊。
2010年6月は富士見下から入って下田代でテント泊しました。


今回は一昨年と同じコースで大清水から入りました。
不安定は天気の中でしたからウッドデッキのテント場は都合が良いのです。

今日は珍しく早朝出発で雨の関越道を走っていました。
沼田IC手前から雨も上がり心配していた天気は予想以上に好天しました。


大清水、神社前で安全祈願をして9時過ぎに出発しました。
ここから一ノ瀬まで1時間位のなだらかな登り坂、広い林道歩きとなります。
画像

トチの花を見上げながら、
画像

新緑の中を進みます。
画像

10時35分、滝を見ながら登山道に入ります。
画像

チョット分かりにくいのですがサンリンソウです。
今回、初めて見ました。
画像

木道やとても段差の楽な階段を登って行きます。
画像

岩清水、反対側にベンチがありますが休憩するには少し早いですね。
画像

ムラサキヤシオツツジは丁度、見頃でした。
画像

オオカメノキも満開状態です。
画像

周りの山並みも見え隠れしていますが袴腰山、黒岩山方向でしょうか?
画像

11時20分、登り始めて1時間位で道沿いに残雪が見られ始めました。
画像

昨年、富士見下から入った時より残雪も少なくホットしています。
画像

11時35分、三平峠まで登って来ました。
後は尾瀬沼まで下るだけですからそれこそ楽ちんと言いたいのですが、
画像

今の時期、木道は濡れていますからこのへっぴり腰を見て下さい。
ゆっくり一歩ずつです。
画像

12時過ぎ、三平下まで来ればテント場はすぐそこです。
燧ケ岳はキリの中です。
画像

今年も水芭蕉を見る事が出来ました。
画像

リュウキンカも見頃です。
画像

尾瀬沼と水芭蕉。
画像

長蔵小屋周辺の水芭蕉。
画像

皿伏山方面はキリが立ち込めています。
画像

長蔵小屋前まで行くのには理由があります。
画像

庭にシラネアオイが見られるからです。
画像

12時35分、尾瀬沼ビジターセンター前は多くの人が休憩中。
画像

気が付くとキリも晴れだして燧ケ岳が見え始めていました。
画像

12時40分、受付は13時からになりますから尾瀬沼ヒュテ前で、
画像

昼食にします。
ベンチ横の囲った庭を見ると、
画像

ツバメオモト、
画像

なんとトガクシショウマが咲いていました!!
画像


画像

日が射す中、テントを張る事になりました。
画像

14時過ぎ、時間もありますから今回も大江湿原を歩きながら沼山峠の展望台あたりまで散策です。
青空も出てきました。
画像

水芭蕉を見ながら、
画像

大江湿原の中を散策です。
画像

リュウキンカと燧ケ岳。
画像

青空の中、ミネザクラのピンクが見えます。
画像

木道沿いに咲くミネザクラ。
画像

小淵沢田代分岐です。
いつも気になりながら周回したことがありません。
小淵沢田代まで行ってテント場まで周回出来ますがこの時期残雪が多く歩きにくそうです。
実際に歩いている人は少なそうです。
画像

小淵沢田代分岐でコカリナ(オカリナではありません。)の音色が聞こえてきました。
遠くから「夏の思い出」が流れて来ました。
画像

夏が来れば思い出す〜
画像

はるかな尾瀬、遠い空。
画像

湿原歩きが終わって木道、階段を登って行くと、
画像

沼山峠展望台です。
尾瀬沼が少し見えて皿伏山でしょうか?
画像

イワナシ
画像

16時20分、尾瀬沼と三本杉を見ながらテント場まで戻ります。
画像


画像


明日は尾瀬沼を越えて沼尻、白砂峠、見晴、温泉小屋と行って戻らなくていけませんから早起きします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
毎回感心して拝見させて頂いておりますが、今回もテント泊の大荷物を担いで私が大苦手の木道や階段を歩かれて凄いですね(昨年は燧ケ岳の凍結した木道で左足捻挫、暫くは痛くて倒れたままでした・・・誰もいなくて良かったです(苦笑))
天候も暑くもなく燧ケ岳も花も見れ、言う事なしでしたね。
リッキー
2011/06/15 21:13
自分もテン泊でゆっくり尾瀬を回ってみたいです。
なかなか富山からだとこの時期入りにくいですね。
計画(妄想)立てよう(笑)
zen
2011/06/16 09:43
リッキーさん
夏山前の練習を兼ねて登るのには適当な距離です。

下りの木道が特に怖いですよね。
私も一昨年、下って来て目の前に尾瀬沼が見えた瞬間にホットして大滑り!
亀の子のようにザックを下にひっくり返りました。
幸い、木道に足を打っただけですみました。

お花もジャストのタイミングで見れました。
izumi
2011/06/16 12:25
zenさん
至仏山や燧ケ岳に登らない時でも尾瀬はなぜか日帰りをした事がありません。(笑)

ベースキャンプ地としては見晴がお薦めでしょうか!




izumi
2011/06/16 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110611水芭蕉咲く尾瀬沼(1日目) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる