yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110702硫黄岳〜横岳(オサバグサ、ウルップソウ、チョウノスケソウ、ツクモグサを見ながら)

<<   作成日時 : 2011/07/05 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

硫黄岳(2760m) 横岳(2829m)

時期 2011年7月2日(土)

天気 曇り時々晴れ後小雨

駐車場 桜平(トイレは登山口前にあります。) 

行動時間 9時間35分(休憩、テント設営を含む)

コース (一日目) 桜平6:00-登山口6:10-夏沢鉱泉6:40〜6:50-オーレン小屋7;40〜8:35-赤岩の頭9:43〜9:52-硫黄岳10:15〜10:50-硫黄岳山荘探勝路11:10〜11:30-横岳12:40〜13:10-硫黄岳14:20-夏沢峠15:15-オーレン小屋15:35

画像

咲き残っていたツクモグサ


八ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


八ヶ岳は色々な登山口から登っていますが桜平から入るのは今回が初めてでした。
赤岳に登る時、美濃戸まで入りましたが大変な思いをしました。
それに比べると走りやすい道でしたが途中ですれ違うのはむずかし細い道でした。
心配した駐車場も登山口近くの所に停められました。
駐車場から少し歩いた所が登山口になります。
橋を渡って木の影になっていますが登山口手前に簡易水洗トイレがありとても綺麗に管理されていました。
画像

今回、楽しみにしていたオサバグサ。
私の山物語のインレッドさんが先週、桧枝岐村の帝釈山・田代山で満開のオサバグサをアップされていました。
前から見たいと思っていた所、八ヶ岳でも見られる事を教えていただきました。
登山口からオーレン小屋、硫黄岳にいたる針葉樹林帯で多く見られました。
画像

こんな感じでポツポツと咲いています。
白い鐘が鳴り響いているようですね!
画像

6時40分、歩き始めて30分、夏沢鉱泉前です。
画像

日が照り出しました。
画像

右からマイズルソウ、手前が(ピントが合っていませんが)スダヤクシュ、オサバグサ、キスミレ。
一か所で固まって見れました。
画像

沢沿いに進んで橋を渡った所にもこんな感じで咲いています。
画像

針葉樹林帯のなだらかな登り道、そろそろ着いてもと思いながら歩いています。
画像

7時40分、オーレン小屋前のテント場です。
ここは 2009年8月に下見をしてあります。
水場に近く水洗トイレを利用出来ます。
早く着くと板場にテントを張れます。
テント場代は一人1000円です。
この日は一番乗りでした。
画像

8時35分、赤岩の頭経由で硫黄岳、横岳あたりまでの稜線に咲く高山植物を観察に行きます。
画像

コメツガが茂る下にはやはりオサバグサが多く見られました。
画像

今日は展望は期待していませんでしたが北側に天狗岳とその向こうに蓼科山山頂が少し見えましたがこれが最後となりました。
画像

9時43分、赤岩の頭手前。
画像

イワカガミが満開でした。
画像

ガスが上がってきますから硫黄岳に向けて急ぎます。
画像

イワウメが咲き始めていました。
画像

ミネズオウ
画像

ツガザクラとイワカガミ
画像

10時15分、硫黄岳山頂はガスの中でした。
画像

風もなく穏やかでしたから休憩。
少し晴れて来たので後ろを振り返ると多くの方が休憩中。
画像

10時50分、横岳方向へ。
画像

ウルップソウがポツポツと咲き始めていました。
画像


画像

稜線上はロープが張ってありますから遠くから眺めます。
画像

コマクサは少し早く蕾状態でした。
画像

オヤマノエンドウや
画像

イワウメはあちこちで満開状態。
画像

ミヤマシオガマ
画像

ハクサンイチゲ
画像

キリが立ち込めている稜線を横岳に向かっています。
画像

チングルマが咲いているのかと思って近づいてみると!
画像

チョウノスケソウでした。
8枚の花弁、葉っぱが小判型が特徴です。
画像


画像


画像

ハクサンシャクナゲは山斜面に多く咲いていました。
画像

キリが立ち込める中、私達の前に行く方の歩き方を見ていると何かを探しているようです。
ひょっとして同じかな?と思って後を着いて行きます。
画像

横岳山頂手前です。
ここで前を歩いていた方が声を掛けてくれました。
画像

ツクモグサが咲き残っていました。
今日の最終目的がこの花でした。
画像


画像


画像

斜面一面に咲いていました。
画像


画像

ツクモグサはこんな感じでのぞき込んだ所に咲いています。
画像

横岳山頂まで行って引き返す事にしました。
画像

東側のカニの横ばいを通過した所で西側を覗き込むとやはり一面にツクモグサが咲き残っていました。
大体、咲いている所が分かって来ました。
画像

左、東側に巻き道もありますが梯子を登って西側斜面を確認します。
画像

やはり斜面一面に咲き残っていました。
画像

12時40分、キリの中の横岳。
鎖場周辺も出合う人もなく静かな稜線歩きができました。
画像

今年の6月6日にzenの山歩きのzenさんがツクモグサの見頃に登られていて西側斜面を注意しながら歩けば見られる事を教えてもらっていました。
もう少し先でも見られそうですが又の機会にする事にして30分休憩後、硫黄岳、夏沢峠経由でオーレン小屋のテント場に戻りました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います。
この。日は私もこちらにしようかと思ったのですが、白馬に行ってしまいました。今頃のこのあたりはコマクサが咲けば夏の花は全部見られますね。
オサバグサを始めて見たのもオーレン小屋の上あたりでした。
桜平の駐車場付近ではアブやブヨなどの虫は居ませんでしたか?。以前行った時はアブの大軍団に襲われて、顔は、お岩さん状態になってしまいました。
インレッド
2011/07/06 08:45
インレッド さん
テント泊をするとのんびり出来ていいのですが帰ってから片づけに追われます。
やっと簡単ですが写真の整理が出来ました。
オサバグサは予想以上に道沿いに咲いていましたから大満足しました。
ひょとしてコマクサも咲き始めていないかな?と思って次の日も根石岳手前の山荘前で目を凝らして探しましたがやはり早かったです。

下山して来て車の周りにアブいましたよ。
あわてて強力なワンプッシュ殺虫剤をまきました。
私は夏場は良く耳たぶを刺されます。
izumi
2011/07/06 13:34
 このルート、テント泊でゆっくり花を楽しめそうでいいですね〜、参考にさせてもらいますね。
 八ヶ岳のツクモ草・ウルップソウの季節、また歩いた事がないのです。
 梅雨時なので、スノコテント場、嬉しいですね。
テントミータカ
2011/07/07 19:02
こんばんは
うわ〜ぁお〜
霧でもこれだけの花を楽しめれば、どんな天候でもOKですね〜ぇ
見たい花がオンパレードで、絶対来年は行かなければと思っています。
リッキー
2011/07/07 19:11
テントミータカ さん
こんにちは、八ヶ岳は季節や登山口を変えてそこそこ登っています。
桜平は美濃戸に行く道より荒れてなく走りやすと思いました。しかも無料。
駐車場から1時間少しでテント場、稜線に出るのにも近くて便利ですから。
ツクモグサはさすがにもう少し早目に行って見たい花でした。(笑)
izumi
2011/07/08 10:44
リッキー さん
梅雨時の八ヶ岳は登った事がありませんでした。
しかしこの時期が一番、花が多いのですよね。
周りの景色は心の中に焼き付いていますからこれで良しとしました。(笑)
チョウノスケソウも今回が初めて見ました。
izumi
2011/07/08 10:50
この時期八ヶ岳はお花多いですね。(^^)
オーレン小屋の板場のテン場いいですね。
帰ってきてからも、かたづけ楽そうです。
ツクモグサ見れて良かったです。
やっぱり西側斜面に咲いてますね。
zen
2011/07/10 02:57
zenさん
7月のこの時期に登るとこんなに色々のお花が咲いているんで少しビックリしました。
ツクモグサは咲き残りでしたが十分に楽しめました。
思っていた以上にあちこちで見れました。
ご指導、ありがとうございました。
izumi
2011/07/11 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110702硫黄岳〜横岳(オサバグサ、ウルップソウ、チョウノスケソウ、ツクモグサを見ながら) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる