yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20110709越後駒ケ岳(前編)

<<   作成日時 : 2011/07/12 17:07   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

越後駒ヶ岳(2002.7m) 

時期 2011年7月9日(土)

天気 晴れ後曇り、下山途中から雷雨

駐車場 枝折峠 (トイレあります。) 

行動時間 11時間(休憩含む)

コース 枝折峠登山口5:25-明神峠5:57-道行山7:03〜7:10-小倉山8:05-百草ノ池9:03-駒の小屋10:16〜10:25-越後駒ケ岳10:45〜11:50(中ノ岳方向に散策)-駒の小屋12:06〜12:25-百草ノ池13:21-小倉山13:55-明神峠15:54-枝折峠登山口16:25


画像

道行山から見る越後駒ケ岳。


越後駒ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


関越自動車道、小出ICから40分位でしょうか。
登山口の枝折峠で前泊。

越後駒ケ岳は山頂手前に駒の小屋がありますが多くの方は日帰りで登っています。
地図に書いてあるコースタイムは縦走時で荷物が多い時かなと思いました。


5時25分、しかし時間がかかる事には違いありませんから早めに出発。
と言っても多くの方がすでに出発しています。
奥只見湖、霧が立ち込めてます
画像

登り始めてすぐ尾根沿いに展望があります。
手前が悪沢岳でしょうか?
駒ヶ岳はどこかな?なんて言いながら登り始めました。
画像

関越自動車道から眺める越後三山とはかなり違っています。
画像

5時57分、明神峠、枝折大明神の祠前。(ここは避難小屋でもあります。)
ここで、後から登って来た方はナタやノコギリを持って山の整備をしている方でした。
画像

途中まで一緒に歩きながら駒ヶ岳がここから見える一番高い所で、左に中ノ岳、八海山は重なっていて見えない事を教えてもらいました。
慌てなくても日帰りで出来ますから楽しんで来て下さいと言ってもらいました。
画像

いくつかの軽いピークを登り下りしながら進みます。
画像

こんな残雪の所が数か所。
画像

池にはカエルの卵。
のんびり写真を撮っている時間はありません。
私は帰りに見ました。
画像

イワウチワ
画像

ナルコユリに似ている?
画像

7時、道行山分岐点。
山頂はすぐそこですから寄って行きます。
画像

7時3分、道行山からの展望です。
駒ヶ岳と中ノ岳を見渡せます。
画像

ここから小倉山までは一旦下りになります。
ぬかるんで歩き悪い所が多く視界のきかない灌木帯の中を歩きますが時々こんな展望もあります。
画像

手前にツバメオモトが咲いていて私がしゃがんで撮っているのは?
画像

チゴユリです。
画像

木道も多く「苗場山に似ているね!」なんて話ながら進みます。
画像

青空の中、中ノ岳方向。
画像

駒ヶ岳も良く見えます。
画像

8時5分、小倉山です。
登り始めて2時間40分、(コースタイムは3時間40分です。)
ここは駒ノ湯からの登山道と合流します。
画像

展望が良い所では駒ヶ岳が見えます。
画像

9時3分、百草ノ池。
画像

少し登ってから振り返ると。
残雪が多くここが百草ノ池でしょうか?
画像

シャクナゲが咲く登山道。
画像

足元は岩がゴロゴロ。
残雪が多く見られるようになって来て気がつくと、
画像

9時45分、ガスが上がって来てしまいました。
もう一時間早く出発すれば良かった!!!
この辺が前駒でしょうか?
画像


画像

ニッコウキスゲが咲き始めていました。
画像

すっかりガスがかかっています。
画像

しかし足元にはシラネアオイや
画像

満開のヒメシャガが咲いていました。
画像

岩場の急登の始まりです。
画像

こんな感じで登って行くと駒の小屋が見えて来ます。
画像

10時16分、駒ノ小屋到着。
管理人の方(左側の方)が「時間もあるので帰りに中ノ岳方向に少し行って花も見て来て下さい。」と言ってもらいました。
画像

ガスが少し切れた山頂方向を見上げます。
展望が利かなさそうですね。
画像

足元にはタテヤマリンドウ。
画像

ガスガスの中、進みます。
画像

距離にしたらわずかですが雪渓の中を登ります。
画像

分岐点が見えてきましたがガスの中、わかりますか?
画像

右に行くと目の前が駒ヶ岳、左に行くと中ノ岳方向です。
画像

シャクナゲや
画像

アカモノが満開。
画像

バイケイソウも咲いていました。
画像

10時45分、越後駒ケ岳山頂に立ちました。
何も見えませんから休憩兼ねて食事です。
画像

10時56分、ガスが切れはじめて八海山が見えだしました。
山頂に多くのトンボがひっきりなしに飛んでいるのが見えますか?
画像

歩いて来た方向です。
左下が登って来た雪渓です。
歩いている人が見えます。
画像


画像


画像

11時40分、山頂に1時間近くいましたがガスが切れて見えたのは一度だけでした。
画像


中ノ岳方向に少し行ってから下山します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんばんは♪
越後駒ケ岳は一泊と思っていましたが、日帰り可能ですか。w(゚o゚)w
朝の幻想的な景色から始まり、素晴らしい景色が待っていましたね。
夏の山はガスがかかるのが早いです。
私の巻機山は運よく(?)あっつーい日が差していましたが…。(^^ゞ
なんだか遠く感じていた越後駒が近く感じて来ました。
暑くない日に登りたいと思います。(^^)/
クロちゃん
2011/07/12 20:21
今晩は。
同じコースを15年ほど前に登りましたが、その頃は登山口が解らず、結局登り始めたのが10時半ごろになってしまいました。帰りは暗くなると思い、当時はGPSなどありませんから、良く周りの景色を眺めて覚えて登るようにしました。そして帰りはまっ暗闇になりました。ヘッドランプを点けて小倉山付近の岩場まで来ました、そのライトの先に、下を眺めて手を合わせて、今にも飛び降りそうな人が黒く影になって浮かんでいました。「なにやってんですか!!」と大声をたてて叫びましたが、その人はジーッと立っていました。良く見たら遭難者を慰霊したお地蔵さんでした。でも登るときはそんな地蔵さんは無かったのですが・・・。

   理由は後で解りました。
インレッド
2011/07/12 20:53
クロちゃん
おはようございます!
土曜日は暑くて大変でしたよね〜!
梅雨明け後の雷雨、まさに直撃しました。

十分に日帰り可能ですが駒ノ小屋止まりにしてゆっくり登るのも魅力的です。
紅葉が素晴らしい季節にお薦めです。
日も短くなりますから。
izumi
2011/07/13 09:26
インレッド さん
おはようございます。
カーナビのおかげで夜中でも登山口まで迷わずに行けるようになった世の中。
便利になりましたよね。
GPSも持っていると安心ですよね。
今では手放せません。

私は行きも帰りもお地蔵さん?(観音様だったと思いますが)に登山の安全祈願をしましたが。

え!?なんか寒そうな話ですね!!
izumi
2011/07/13 09:36
7月17日に登る予定です。たいへん参考にないました。
今年は雪渓の量が多いようですがアイゼン不用ですね。虫はどうだったのでしょうか?下山に時間がかかって入るようですが?体力が無いので一番の心配です。
SUITOPI
2011/07/15 11:26
SUITOPIさん
お返事が遅れてしまいました。すみません!
3連休前から実家の京都に行っていました。
今回は山には登りませんでした。
17日に登られたのですか?
お天気も良く大展望だったのではありませんか?

私は登りは大体、標準時間内で登れるようになってきましたが下りは特に苦手です。しかも今回は雷雨で雨具を着たり足元を気にしながらの下山でしたから余計に時間がかかりました。
少しでも御参考になって嬉しいです。

izumi
2011/07/18 19:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
20110709越後駒ケ岳(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる