yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20111008紅葉の飯豊山

<<   作成日時 : 2011/10/13 15:03   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

飯豊山(2105.1m) 大日岳(2128m)

時期 2011年10月8日(土)〜10日(月)

天気 (8日)晴れ後小雨後霰、(9日)晴れ、(10日)晴れ
     
   駐車場  川入キャンプ場(トイレあり)
      
行動時間 (8日)10時間(休憩を含みます。) (9日)8時間30分(休憩を含みます。) (10日)8時間30分(休憩を含みます。)


コース (8日)川入キャンプ場6:00-三国小屋11:10〜11:55-切合小屋13:50〜14:00-本山小屋テント場16:00



画像

三国岳(1644m)付近の紅葉。




川入から飯豊山までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


今年の6月に新潟県新発田市からアプローチをして二王子岳に登りました。
雲の合い間から見た飯豊連峰。
その時、今年こそは登ろうと決心しました。
東京からだと東北、磐越自動車道を利用して会津坂下ICで下りて川入キャンプ場からが近くて便利です。
民宿のある飯豊鉱泉まではとても道が良かったのですがその先キャンプ場までは道路工事中のようでした。


6時、キャンプ場がある駐車場を出発。
コースタイムでは切合小屋まで7時間、本山小屋までは9時間20分ですから様子を見ながら進みました。

6時10分、杉と栃の巨木の下に祠が祀られている所が登山口になります。
大滝遊歩道は左、登山道は右側になります。
画像

こんな狭い所を通ったり、
画像

少し色づき始めた木々の間を登って行きます。
画像

下十五里、中十五里を通過して、
画像

7時55分、上十五里。
道標があって休憩ポイントになっています。
ナナカマドが少し色づき始めています。
画像

途中、木々の合間から少しづつですが山並みが見えだしました。
画像

笹平、横峰と通過し始めたころからやっと空が見渡せて山並みも見えだしました。
画像

9時14分、水場(峰秀水)があるので左側に進みます。
右側は地蔵山経由です。
画像

これから登って行く剣ヶ峰や三国岳方向が見えだしました。
画像

9時34分、切合小屋の水は「シーズンのみ」。
水場までわかりにくいなどの情報でしたからここで汲んで行く事にしました。
画像

いよいよ剣ヶ峰に向かいます。
画像

こんな感じで登る所もあります。
荷物に振られないように気をつけて重心を落として慎重に進みます。
画像

10時20分、この頃から雲が出始めました。
暑くなくて良かったのですが紅葉の輝きは今一つです。
画像


画像


画像

歩いて来た道を振り返るとこんな感じです。
画像

そして最後の大岩を登り切ると三国岳、そして三国小屋があります。
画像

11時10分、三国小屋到着。
なぜかこんなに写真を撮っているのに三国小屋の写真が一枚もありません。
緊張して登って来てホットして休憩してしまいました。
この写真は三国小屋で休憩後に撮っています。
これから歩く稜線です。
遠くに飯豊山が顔を少し出しています。
画像

11時55分、昼食後三国小屋を振り返りながら出発です。
ここまで写真を撮りながら休憩もしながらですが三国小屋までコースタイム5時間10分の所を偶然にも同タイムで歩いて来ました。
我が家としては珍しいです。
なんか行けそうな気が少しして来ましたが切合小屋に着いた時に最終決定をする事にして進みます。
画像

この辺は標高1600m前後ですが紅葉のピークでした。
画像

アルミの階段を登って行きます。
稜線歩きですが予想以上にアップダウンがあります。
画像

目を下に向けると谷間の紅葉が素晴らしく、
画像

前方にナナカマドの紅葉越しに飯豊山が良く見えだしました。
画像

12時50分、黒い雲が出始めて小雨が降り出しました。
ザックカバーと雨具の上だけ羽織ります。
画像

13時20分、少し雨足が強くなって来たので雨具の下も履いて進みます。
画像

雨も止んで青空も出てきたりと変わりやすい天気です。
画像

13時40分、飯豊山山頂方向には黒い雲。
画像

13時50分、切合小屋に到着した時は日も差していました。
この時点でテント場には数張りありました。
肉眼で先に歩いている人も数人見えました。
迷いましたが先に行く事にしました。
画像

飯豊山はすっかり雲の中です。
画像

14時40分、草履塚を通過。
画像

いよいよ目の前に飯豊山が迫って来ました。
画像

14時55分、姥権現からの眺めです。
画像

雪だるまかと思ったら御地蔵さまでした。
画像

15時8分、御秘所、最後の難所?岩稜の上を越えて行きます。
鎖もあります。
画像

15時27分、御前坂、いよいよ最後の登りです。
画像

15時46分、まだかな〜と思いながら足も重くなって来ます。
画像

16時、キリが出始めた山頂付近でしたがやっとテント場に到着しました。
ここから本山小屋は見えますが数分かかります。
上から「あ!又2人来た。もう一杯なのに!!」と言う声が聞こえました。
次の日に聞いた所、この日は50人収容の所48人だったようです。
画像


霰が一時ですが降る中、テントを張って早速夕食。
暖かくして就寝。
寒さは防げましたが風が強かったのには閉口しました。
夜中に目が覚めてあまりの明るさに驚きました。
満月手前の月明かりでした。

明日は大日岳まで行きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんばんは♪
飯豊はアプローチも遠いですが、歩く道のりもすごくハードなんですね。
紅葉の岩道に冒険コースと感じます。
いつか私も行ってみたい。
山の天気は変わり易いをまさに実感の日でしたね。(^^)/
クロちゃん
2011/10/13 19:45
今晩は。
良く頑張りましたね!!。
関東は連休中は快晴でしたが、こちらはイマイチ
でしたか。それでも見事な紅葉でした。今年の
紅葉はこちらの方が良い見たいですね。
インレッド
2011/10/13 19:54
ほんとうに長い行程ですね。
自分にはまだ無理そうです。
こんな山深いところでもテン場は
いっぱいなんですね。みんなすごいな。
ブル
2011/10/13 22:36
クロちゃん
やっと登って来れました。

数年前、飯豊山荘登山口まで行って(なんでこの登山口から登ろうとしたのか今では不思議なんですが!)
天候不良であきらめました。

飯豊はいいで〜とやっと言えるようになりました。(笑)
izumi
2011/10/14 18:19
インレッドさん
一日目は天気が悪くてかえって良かったのかも知れません。
暑くもなく紅葉も日が出ないと綺麗ではありませんから登る事に集中出来ました。
で、大日岳にもゆっくり登る事が出来ました。
季節を変えて登って見たいです。
izumi
2011/10/14 18:24
ブルさん

登る前にコースタイムをしっかり計算してしかもメモして登ったの今回が初めてです。

ブルさん、本山小屋が満員で、テント場は数張りです。

でも飯豊の小屋は寝る所だけ提供ですから寝袋、マットも食料も持って登っていますから皆さんデカザックですよ!!
izumi
2011/10/14 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
20111008紅葉の飯豊山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる