yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20111104通行止めに泣かされた長九郎山

<<   作成日時 : 2011/11/09 16:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

長九郎山(995,7m) 

時期 2011年11月4日(金)

天気 晴れ
     
駐車場   2,5`先の車止めゲート前 (トイレはありませんから道の駅「花の三聖苑」を利用)
      
行動時間 6時間10分 (休憩、登山口移動時間を含む)


コース  道の駅「花の三聖苑」7:00-大沢温泉登山口7:15〜7:20-道の駅「花の三聖苑」7:40=(車で移動)=長九郎登山口池代7:50〜8:00=2,5`先の車止め8:20〜8:35-長九郎山10:15〜11:25-八瀬峠12:00-2,5`先の車止め13:10


長九郎山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


前日に天城山に登りました。


地図を広げて名前だけは知っていた長九郎山に登る事にしました。
コースタイムは大沢温泉登山口から登り3時間15分、下りは周回コース池代に下りて3時間ですから健脚コースと書いてありました。

天城山からも近く前日に移動していましたから今日は早くから行動開始です。

登山口周辺には駐車場はありません。

道の駅「花の三聖苑」に車を置いて歩いても15分位で大沢温泉登山口に着きます。
入山届を入れる手前の赤いポストに「崩落の為、入山禁止」のお知らせが貼ってありました。
今年の台風15号の影響で松崎町にある遊歩道が通行止めになっていました。

知りませんでしたから行ける所まで行って見る?
なんて言いながら少し進んだ所にしっかりと通行止めの立て札が立っていました。
ここには大沢から出合まで崩落の為に通行禁止と書いてありました。
画像

一度、車を停めている道の駅「花の三聖苑」まで戻って周回コースで下りて来る予定の長九郎登山口の池代まで車で移動する事にしました。

そこのコース案内板にはこんな感じでベッタリと貼られていました。
え!こんな貼り方じゃこの山には入れないの!!

と思って周りを見渡すと民家もあって外には地元の方の姿がありました。
聞いて見るとこのコースは登れる事が分かりました。

しかも2,5`先の車止めまで入るとさらに時間短縮になる事も分かりました。
画像

この林道は最後まで舗装されています。
しかし道幅が狭く急坂ですからゆっくり進む事になります。

林業やワサビ栽培をしていますから関係者も入って来る道です。
夫は運転しながら対向車が来たらどうしようと言いながら、「チョウ、クロウ」する山道だ!なんてダジャレを言っていました。  
画像

ゲートをくぐった所から登り口になります。
案内板によるとこのコースは人工林コースで、通行止めになっている大沢から出合までは見晴らしコース、そこから山頂までは原生林コースと書いてありました。

なんか残念ですがここまで来たので登る事にしました。
時間ロスがあって8時35分出発となりました。
画像

早速、ワサビ田に沿って進みます。
画像

何を見上げているかと言うと!
画像

こんな近くで見るのは初めてです。
画像

沢にかかる木橋を渡って
画像

道は整備されていて歩きやすいのですが、つまりません。
画像

林道と交差して又、登山道に入ります。
10分位登ると、
画像

又、林道と交差して、
画像

しばらく林道を歩く所もあって、リンドウが咲いているのが嬉しい。
画像

紅葉している木々を見上げて、
画像

9時40分、10分弱の林道歩きを終えると最後の登山道となります。
画像

ヒメシャラのプレートが足元にありました。
画像

台風で倒れた木々でしょうか?
テープが張ってありました。
画像

日が射すとより赤く光っているヒメシャラ。
画像

見上げると紅葉したブナの大木。
画像

足元にはお地蔵さん。
画像

今日は平日のせいでしょうか?
一日中、誰にも合う事がなく貸切でした。
所々にベンチが設置されています。
画像

最後はアマギシャクナゲの群落地を、
画像

くぐりぬけるようにして、
画像

10時15分、長九郎山に到着です。
画像

この10mばかりの展望ヤグラがないとなにも見えません。
画像

こんな感じです!
画像

昨日より天気がいいのに富士山を探すのに苦労。
正面に見えます。
画像

昨日、登った天城山も見えます。
画像

正面、山が切れたように見える所は西伊豆の海です。 
島や船が肉眼でも見えました。(クリックして見て下さい。)
画像

左側に富士山、天城山と続いて、
画像

南伊豆方向の山並みが見えてまさに360度の展望でした。
画像

春を思わせるような天気でしから1時間以上の大休憩。
画像

11時25分、西側の原生林コースを八瀬峠までは通行可能ですから行って見る事にしました。
後は林道を帰る事にしました。
アセビが多く見られるコースです。
画像

紅葉した木々を見上げながら、
画像

足元は落ち葉でフアフアとして歩きやすいです。
画像

やはりこちらのコースの方が変化があります。
ヒメシャラ、アセビ、
画像

そして植栽された京丸シャクナゲのトンネルをくぐりぬけるようにして下ります。
画像

左側に植林された所が見え始めると、
画像

12時、八瀬峠です。
もちろんそこから先の登山道は通行止めです。
画像

1時間チョットの林道歩きです。
もちろん途中から登山道に戻れますが展望もなく薄暗い人工林コースですから私達はやたらに広い林道を戻る事にしました。
画像

13時10分、下山しました。
画像


行き当たりばったりで「チョウ、クロウ」した山歩きの記録です。

道の駅「花の三聖苑」に併設されている温泉「かじかの湯」に今日も入って海沿いの松崎に出ました。
地元で評判の回転ずしですが時間的には少し早くて閉まっていました。
今日は平日ですから夕方からの営業のようです。

沼津まで移動する事にしました。
久しぶりに行った沼津漁港でしたが観光に力を入れているようでびっくりする位お店の数が増えていました。

次の日に丹沢に登る計画もありましたが10月に飯豊山に登った時に登山口で大発生していたカメムシが車の中に入ったまま、まだ生きていて何度かつまんでいたんですが以外な所からポロット出て来て匂いに悩まされていました。
5日、土曜日まではお天気がもちそうですから帰って徹底的に掃除をする事にしました。(笑)




5日、掃除、洗濯も済ませ夕方から表参道ヒルズのイベント会場に。
なんか場違いな所ですが娘が関係しているので見て来ました。
冨永愛と土屋アンナの二人、背が高いのにはびっくり!!
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
チョウ、クロウされましたね〜。
露天風呂は外が男女別で中は混浴でした。
やや仕切りがあったように記憶しています。
長九郎山はずいぶん前に登ったのではっきり覚えていませんが、植層が珍しかったとか聞いたような・・?
でも私たちが登ったのは冬(2月)でしたけど^^;
せっかくの連休、ちょっと残念でしたね。
でも目の保養になったようで(^^♪
sanae
2011/11/10 16:15
izumiさん、おはようございます。♪
登山口で通行止めの看板はショックです。
上がっていたテンションが下がってしまいますね。
でも、山頂の展望台からの美味しい眺めが待っていて良かったですね。
なるほど!
「チョウ・クロウ」ですか。φ(..)メモメモ
伊豆の山旅、楽しそうです。(^^)/
クロちゃん
2011/11/11 06:25
sanaeさん
なんか伊豆の地図を見ていると海沿いにも露天風呂と書いてある所が多いですよね。

今回、天城山もそうですがリョウブとヒメシャラの木が多いのでやっと幹を見て区別が付くようになりました。

シャクナゲの木はそれほど多いとは思いませんでしたがアセビのトンネルはやはりどちらも半端な量じゃありませんでした。

伊豆は近いようでなかなか行きませんからとても新鮮でした。
2006年に沼津アルプスを歩いて以来でした。
izumi
2011/11/11 11:27
クロちゃん
天城山から海沿いを走って途中から山道で移動。
結構、近いようで時間をかけて前日の夕方に移動して来てこれですから「が〜ん!」と頭を叩かれた気分ですよ!

通行止めでなく「道の駅」から周回していたら結構、距離があって、しかも林道や自動車道も歩くことになりましたから結果オーライだったような気がします。

でも、まちがいなく大沢温泉から出合経由で登った方が楽しいですからお忘れなく!
冬の暖かい伊豆で空気が澄み切っていたら富士山もくっきり見えてお薦めですね。

大御所の前では恥ずかしいダジャレです。お許し下さい!
izumi
2011/11/11 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
20111104通行止めに泣かされた長九郎山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる