yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20111113丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ 青根〜姫次ルートから

<<   作成日時 : 2011/11/17 12:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

蛭ヶ岳(1673m) 

時期 2011年11月13日(日)

天気 晴れ後曇り
     
駐車場   釜立林道登山口ポスト前の路肩に3台位。少し手前にも停められます。 
       (トイレはありません。地図にもありますが山梨県、神奈川県両方向いずれも413号線沿いにトイレは多いです。)
      

       林道終点にも駐車可(ここに車を停めると黍殻避難小屋経由で登る事になります。)


行動時間 8時間20分 (休憩を含む)


コース  釜立林道登山口ポスト前6:45-八丁坂ノ頭8:35〜8:52-姫次9:10〜9:15-原小屋平9:27-地蔵平9::45-蛭ヶ岳10: 45〜11:40-姫次13:05〜13:20-八丁坂ノ頭13:35-釜立林道登山口ポスト前15:05

画像

姫次から見る富士山

蛭ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


昨日、石割山に登って「道の駅どうし」で前泊しました。
6時前のまだ少し暗い時間に出発して移動します。

青根の町から少し心配していたアプローチでしたが狭い林道でしたか舗装されていて数か所ある分岐点には必ず標示がでていますから迷わず登山口までこれました。

昨年の11月に「ほんとうの空を求めて」のakiさんが登っていて初めてこのコースを知りました。

私達は八丁坂ノ頭に直登しますから手前の路肩に駐車します。
3台は十分に停められますし手前にも駐車可能な所がありました。
車を停めて準備をしている間にも1台の車が到着。
そして数台の車が林道終点まで進んで行きました。

画像

6時45分、植林された暗い山道をやはり歩くんだ〜と思いながら進みます。
画像

丁度、5分位登って来た所で明るく目の前が開けて楽しい山道となります。
画像

登山口は標高約650mで蛭ヶ岳は1673mですから標高差1000mです。
八丁坂ノ頭までコースタイム2時間。
登りやすい道ですが急坂です。
画像

しかし急坂の後には必ずこんな尾根道歩きの繰り返しです。
画像

林業整備用のモノレールの下を潜ります。
画像

結構、急坂の所にモノレールが設置されているのが分かります。
この辺は我慢の歩きが30分位続きます。
画像

なだらかな尾根に出たのでそろそろ八丁坂ノ頭に出る所です。
画像

8時35分、八丁坂ノ頭は焼山から延びてきている東海自然歩道の分岐です。
急にハイキングコースとなりました。
画像

ここまで急登続きでしたから休憩しているとモーターの動き出す音がして無人のモノレールが下って行きました。
下山時ならこれに乗りたい所ですね。(笑)
画像

姫次まではこんな感じの道を進む事になります。
鼻歌がでそうです!
画像

途中、東海自然歩道全コース中で最高点1433mにはベンチが設置されていてブナの大木がそびえます。
画像

カラマツと笹が茂る東海自然歩道ですが目の前がパット開けると、
画像

9時10分、正面に富士山が見える姫次に到着。
檜洞丸と大室山の間から丁度、裾野近くまでの富士山が見えます。
画像

カラマツの紅葉と青空と富士山。
ここから右に進んで東海自然歩道沿いの袖平山まで登って往復で40分。
その後、のんびり下山しても良い気分になりました。
さすがに時間も早いので予定どおり蛭ヶ岳に行く事にしました。
画像

9時15分、丹沢独特の階段を下ります。
ここを登り返すのかと思うとチョット苦しい位、一度下ります。
画像

木々の合い間から見える富士山。
画像

やがてなだらかな尾根歩きとなり、
画像

時々、こんな大展望が得られました。
画像


画像


画像

9時27分、広々した原小屋平や、
画像

9時46分、ブナ林の中の地蔵平を進みます。
とても広い所ですがピンクのテープが付けられていて迷う事はありません。
画像

正面の檜洞丸に重なって富士山の山頂が雲の合い間から肉眼では少し見えましたが写真では良く分かりません。
画像

益々、雲が出始めました。
画像

ここから段差の少ない階段ですが永遠に続きます。
ここが一番、辛い所です。
画像


画像

こんな感じで続きます。
画像

崩落した所にはロープが張られていて迂回した道がありました。
画像

迂回路の階段を登って行くと、
画像

アセビの生い茂るトンネル道でした。
画像

足元は相変わらず階段ですから休憩しながら景色を楽しみます。
画像

ナナカマドの赤い実の向こうからはキリが上がって来ました。
画像

蛭ヶ岳小屋が見えて来て、
画像

10時45分、山頂に立ちましたがすっかりキリの中となりました。
蛭ヶ岳は標高1673mで丹沢最高峰です。

山登りを始めた頃、塩水ゲートから天王寺尾根を丹沢山まで登って
蛭ヶ岳まで日帰りした時は片道5時間30分でした。
日の長くなる4月末でしたから歩けましたがこの季節には難しいです。
青根から入ると休憩を入れながらも丁度、4時間で登ってこれました。
山頂付近では数人の人達とすれ違う程度ですが少しにぎやかになります。
画像

丹沢山にもキリが押し寄せて来ました。
画像

東側の宮ヶ瀬ダム方向だけは最後まで見えていました。
画像

山頂は丹沢山から登って来る人が一番多くまだまだ登って来ます。
西側の檜洞丸方向はすっかりキリの中で下山前に記念写真を撮っていると、
画像

少し晴れて見えだしましたがこんな感じでした。
画像

11時40分、同じ道を下山します。
画像

下りはこの段差の階段は快適です。
画像

13時5分、姫次まで戻って見るともちろん富士山は見えませんでしたが、
画像

大平からここまで自転車で登って来たグループに出合いました。
画像

そして南側には登って来た蛭ヶ岳が見えました。
画像

下山時は西日を浴びて紅葉が輝いていました。
画像


画像


画像


画像


画像

15時5分、最後はさすがに足を引きずるようにして下山しました。
蛭ヶ岳と檜洞丸の間を歩いてみたいのですが大変そうですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お天気が良くて素晴らしいですね。
こんなに階段がありましたっけ?(^^ゞ
蛭ヶ岳の日帰り大変そうですね。
でも気持ちの良い姫次や稜線をまた歩いてみたいです。
紅葉の時期も良いですね♪
sanae
2011/11/17 17:22
このコースは以前から登って見たいと思っていました。植林帯で熊に出会いそうな感じだし、登りはよしとしても、下りで元の車に戻れるか心配です。
日帰りはやはりしんどそうです。
紅葉も始まっているし、いい時に行かれましたね。
カスミッシモ
2011/11/17 22:58
こんばんは。
丹沢の季節になってきましたね。
蛭ヶ岳はまだ未踏ですが、今後の参考になりました。
階段登りは辛いですね。前日に石割山の階段も
登って、しばらくは階段歩きは嫌になってしまうの
ではないでしょうか(^o^)
檜洞丸から見た蛭ヶ岳への道はアップダウンが多く
大変そうに見えましたね。電車で縦走ならいいかなと
思いました。
ブル
2011/11/17 23:49
sanaeさん
お二人は冬に歩かれていますよね。
多分、階段に雪が積もっていてかえって歩きやすかったんじゃないかと思います。

山の崩落を防ぐために丹沢の階段は我慢ですね。

山荘も最近?は一年中営業しているようです。
izumi
2011/11/18 10:15
カスミッシモさん
まず、青根からのアプローチはとても分かりやすく登山口まで狭い道になりますが心配いりません。

最初に登山届のポストが出て来ますから少し先まで進んでユータウンして来て車を止めると帰りに便利です。

登りに黍殻避難小屋経由で登るにしてもあいていれば車はここに停めた方が道がここまでは良いのでお薦めです。

下りは絶対に私が往復した道の方が歩きやすいようですし一本道ですから迷いようがありません。

私のコースタイムを見て下さい。
塩水橋ゲートから登って丹沢山から蛭ヶ岳へアプローチする感激は得られませんが八丁坂ノ頭からの道もゆったりしていて特に春先ならもっとゆっくりできますからおすすめです。
izumi
2011/11/18 10:40
ブルさん
これだけの階段登りをして筋肉痛が次の日に残らなくなりました。
丹沢山塊の階段は我慢ですね。

一泊して縦走がもちろんゆっくり出来ていいですよね。
今回ももちろん多かったですよ。
関西からの団体さんは40人位で土曜日の蛭ヶ岳山荘は定員の2倍だったそうです。
この季節は特に多いそうです。

神ノ川ヒュッテの日陰沢橋ゲート前から檜洞丸〜蛭ヶ岳〜姫次〜袖平山と周回するコースを日の長い春先に登れないかなと考えています。
izumi
2011/11/18 10:56
izumiさん、こんにちは♪
標高差もさることながら、すごいロングコースなんですね。
私は丹沢山塊は未踏の山ばかりです。(*^_^*)
でもでも、広い空間は気持ち良さそうです。
蛭が昼寝している時期に登ってみたいものです。(^^)/
クロちゃん
2011/11/19 16:10
izumiさん、こんにちは
青根、姫次ルートで登られたんですね、私のBLOGの紹介もしていただきありがとうございました。
すごく天気が良くて景色も素晴らしくて良かったですね。実は私もこの前日に丹沢の竜ヶ番場に登っていました。その時40人位の関西から来たツアーの人たちとすれ違ったんですが、izumiさんが出会った人たちは同じ団体かも知れません。檜洞丸からの周回コースも良さそうですね。
aki
2011/11/19 18:30
このルート知りませんでした!
丹沢はコースが多いですね。
ワタシは西丹沢からのメジャールートで登りましたが
やっぱり蛭ヶ岳手前の階段で疲れ果てて、
一歩一歩がものすごくつらかったのが
忘れらないです。
で、予定してた尊仏山荘にたどりつけず、
丹沢山荘に泊まっちゃいました。
これからの季節、丹沢からの富士山はとくに
キレイですね♪
もうちょっと近かったらまた行きたいんですけど。。。
くっきー
2011/11/20 23:30
akiさん
ご無沙汰しております。
最近、ブログの更新がないので少し心配しておりました。
こちらからご報告しなくてはいけないのに、お元気そうで良かったです。

このコースは絶対歩こうと決めていました。
変化に富んでいてしかもそれほど多くの人が入っていませんから静かな山歩きができました。

関西40人さんは大倉から丹沢山、蛭ヶ岳山荘に泊まって青根に下りる途中でしたから間違いなく同じですね。
 
神ノ川ヒュッテからは檜洞丸に登った時に犬越路で休憩している時にここから登って来た人に聞きました。
調べてみたら多くの人が日帰りで歩かれていますね。

izumi
2011/11/21 16:08
クッキーさん
丹沢山塊はテントが張れないけど山荘や避難小屋が多いので安心して歩けますよね。

道の混む首都高通過はかなり面倒ですよね。
わかります。
izumi
2011/11/21 16:17
クロちゃん
お返事が遅くなってしまいました。
ごめんなさい!

私が「奥武蔵 秩父」の山が遠くに感じるのと同じですよね。
アプローチが不便ですから。

じゃ、ヒルがまだ冬眠しているシロヤシオの咲く春先にお出かけ下さい。
お薦めですよ!!
izumi
2011/11/21 19:12
お天気にも恵まれ展望も良く良い山旅になりましたね。
丹沢は木段など登山道が良く管理されているようです。
富士山が見られる山は気持ちがいいです。
沢山の写真で状況がよくわかりますがこれだけUPするのも大変でしょう。
ミニミニ放送局
2011/11/24 10:48
ミニミニさん
裏丹沢はまだまだ静かな山歩きができます。
この日も途中から前後して登って行った作業員の方達は蛭ヶ岳山頂に寝泊まりして鹿避けの柵を取り付ける作業をすると言っていました。

山歩きをして写真ばかりたまっていました。
きっかけは写真の整理から始めたブログです。
いつも枚数が多く削るのに苦労しています。
izumi
2011/11/24 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
20111113丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ 青根〜姫次ルートから yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる