yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20111127信州の独鈷山で展望を楽しむ!

<<   作成日時 : 2011/11/30 14:52   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

独鈷山(1266m)

時期 2011年11月27日(日)

天気 晴れ
     
駐車場  中禅寺駐車場(駐車場の隣りにトイレもあります。)
       林道終点地に5台位可能の駐車場があります。
      
行動時間 4時間5分 (休憩を含む)


コース  中禅寺駐車場8:05-林道終点地8:20-不動の滝8:23-水源地(頂上まで70分の標識あり)8:50-展望台9:42〜45独鈷山9:50〜10:20-林道終点地11:45-中禅寺駐車場12:00


画像

中禅寺から望む独鈷山

独鈷山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

昨日の一夜山は長野に「新蕎麦を食べに行きたい!」と私が言ったのを聞いて夫が登山地図を広げて見つけた山でした。
「北アルプスの展望がよい」と書いてあります。
「妙高・戸隠・雨飾」の地図の端にあります。

せっかく遠出をするのですから次の日は何処の山に登ろう?
そこで思い出したのが山歩きを始めた頃に買ったガイドブック「名湯、秘湯の山旅」です。

独鈷山は上田菅平ICからも近くガイドブックに紹介されていた独鈷温泉「竜の湯」は残念ながら閉鎖されていましたが
ここから10分位で行ける別所温泉は思っていた以上に大きな温泉街でした。
外湯が3ヶ所あって朝の6時から入れます。
移動している最中、「神社、仏閣が多い所だな〜!」と思っていました。
この塩田平周辺は「信州の鎌倉」とも呼ばれている所だそうで納得です。

近くに山も多く再訪したい所となりました。



8時、中禅寺の駐車場に車を置いて出発です。
右側の手前に見えるのがトイレです。
画像

独鈷山登山口の看板の隣りには登山地図の略図が書いてあります。
この山は四方から登れます。
私達は西前山コースの北側斜面を登って行きます。
画像

林道終点地からしばらくは沢沿いで杉林の中を進みます。
途中、「頂上まであと80分」などと10分刻みで標識がありました。
画像

8時50分、「頂上まであと70分」の標識が出て来た所は広々とした水源地周辺です。
画像

ここからはやや急登の斜面をジグザグに登って行く事になります。
足元はミズナラの落ち葉でフカフカしていますが下りは特に気をつけなくていけません。(下りに尻もちをついたのは夫でした。)
画像

尾根上に出ると一部にロープが設置された所が出て来て、
画像

もちろん巻いて行く事になります。
画像

上から見るとこんな感じの大岩です。
そして遠くに北アルプスの山並みが見え始めます。
岩の間を登って行く事になります。
画像

9時42分、山頂手前の展望台にでました。
左からチョット出ているのが槍ヶ岳や穂高連峰、真ん中が後立山連峰、火打、妙高方向です。(クリックして見て下さい。)
画像

そして浅間山方向です。
画像

結果的には山頂よりこの展望台が木々にも遮られなくて展望が良かった所でした。
画像


画像

槍ヶ岳は急斜面ですから雪がほとんどついていません。
画像

手前に上田の街並みが見えて後ろ中央に見える山は?
勘違いしていました。
昨日も一夜山から見ていた角度とはチョットちがいました。
画像

ズームして見ると、ブルさんのご指摘で納得です。
「奥の雪をかぶった山は火打山、その左の一番高くとがった山は高妻山、火打山の右の一番高い山が妙高山」
画像

そして一番、右側が浅間山。
左側の少し後ろに四阿山と根子岳も見えます。
ここから頂上のすぐ下の開けた鞍部にでます。
ここで他の宮沢、沢山湖コースと合流して「山頂まであと3分」の標識が出て来ます。
画像

9時50分、独鈷山山頂。
画像


画像

北アルプス方向はやや木々に遮られてしまいます。
画像

槍ヶ岳、わかりますか!(クリックして下さい。)
画像

木々の合い間から槍ヶ岳を確認して、
画像

南方向に蓼科山が見えました。
今日は山頂で3人、下山時に7人の人に出合いました。
画像

10時20分、下山開始です。
大岩の所は登りより下りの方が怖いです。
画像

11時45分、林道終点地です。
こんな感じで駐車できます。
ここから中禅寺まではゆっくり歩いても15分です。
画像

12時に戻りました。
渋滞を避けて今日は温泉には入らずまっすぐ帰る事にしました。
少し車を走らせた所に「塩田の館」で新そばとおやきの看板があったのでチョット寄り道。

小皿に盛られた皿そば。
新そばの季節で一皿プラスのサービスです。

以前、兵庫県豊岡(旧出石町)で
「皿そばは食べた事があるね!」と話していたらなんとつながりがありました。
この「皿そば」はもともとは兵庫県出石町の名物です。
出石にそばが伝わったのは、国替えの時に信州からそば職人を連れて行った上田藩主仙石氏であったということです。
塩田の館でも「皿そば」を出そうということになったようです。
ちなみに上田市と豊岡市(旧出石町)は、姉妹都市の関係にあります。
画像


お土産に「おやき」を買って15時すぎに帰宅。

荷物を片づけてスタッドレスタイヤを積んでいる夫。
予約の電話を入れて最初は「11月はいっぱいで12月になります。」なんて言っている所を無理やり?今日の17時に交換してもらう交渉している私に夫はびっくりしていました。

タイヤも交換しましたから一安心です。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
この山の山頂からの常念の眺めは良いですね。私は反対側から2度登りました。その理由は霊仙寺温泉に入りたいからです。寺湯でしたが今は普通の外湯です今時
¥100ですが、大きな湯舟で直ぐ隣に源泉があります。一度はタダで入ってしまいました。何時もならば番台にオバアサンが座って居るので、そこで入浴料を払うのですが、その日は誰も居なくて、その内来るだろうと思っていたら結局誰も居なくて、生憎1,000円札しか無く、
1000円では高いのでそのまま帰ってしまいました。温泉はなかなか良い温泉です。
インレッド
2011/11/30 19:07
インレッドさん
この周辺の温泉はとても気になって地図を眺めていました。
そうですか、私達はこの周辺(上信越道から南側)は初めて訪れました。
とても町の雰囲気が気に入りました。
貴重は情報、ありがとうございます。

外湯の雰囲気が好きです。
izumi
2011/11/30 20:24
こんばんは。
またまた展望のよい山ですね。
温泉とセットで楽しめて行ってみたいなと
思いました。

上田の待ち越しに見える山ですが、
奥の雪をかぶった山は火打山、
その左の一番高くとがった山は高妻山、
火打山の右の一番高い山が妙高山ですね。
湯の丸山からもきれいに見えました。
ブル
2011/11/30 22:31
ブルさん
こんばんは!
ありがとうございます。
そうですよね。
前の日に見ていたのになんかチョット角度が変わって勘違いしていました。(笑)

来年は戸隠山と高妻山をセットで登れたらと思いました。

上田周辺は素朴ですが神社仏閣が多く綺麗な町でした。
izumi
2011/11/30 23:36
いつか登りたいと気になっている山です。
北アルプスが一望出来これからの季節は展望が楽しめますね。
参考になります。
ミニミニ放送局
2011/12/01 20:46
ミニミニさん
この山は丁度、四方から登る事が出来ます。
私も少し迷いました。
私が持っているガイドブックには中禅寺側の西前山コースから登って沢山湖コースに下りて林道を20分歩いた所に独鈷温泉竜ノ湯に入るコースでした。
今は温泉が閉鎖されていますからピストンにしました。

上でインレッドさんのお薦めコースは宮沢コースです。
下山後の温泉も素朴な外湯があって(決して豪華ではありません。)素晴らしい所です。

私は今度は子檀嶺岳や修那羅石仏周辺を歩いたり周辺の神社仏閣巡りもを兼ねて桜の咲く季節にでもと思っています。
静かな所でした。
izumi
2011/12/02 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
20111127信州の独鈷山で展望を楽しむ! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる