yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20120226新しくなったスノーシューで奥日光の高山へ

<<   作成日時 : 2012/02/29 11:41   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

奥日光・高山(1667,5m)

時期 2012年2月26日(日)

天気 曇り

駐車場  竜頭の滝上(無料) WCは赤沼車庫前で利用

行動時間  5時間25分(休憩を含む)

コース  登山口8:25-高山11:45〜12:25-登山口13:50




高山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


2007年1月27日に高山にスノーシューを始めて2回目に登っています。
慣れないスノーシューで苦労しました。

ちなみに初スノーシューは蓼科山の麓の八子ヶ峰でした。
雪が少なくて少しがっかりした記憶があります。
そしてこの頃はスタッドレスタイヤではなく必要な所でチェーンをしていました。
しかし晴れ日をねらって行っていましたからその出番もほとんどありませんでした。

2008年1月19日に高山に登った時は雪が少なく山頂までつぼ足で登っています。
そのため登山口とは反対の熊窪側に下山して小田代原をスノーシューで散策しました。


2009年1月18日に高山に登った時は少し慣れもあってコースの手前から登り始めてしまいました。
さすがに山の様子は分かっていましたから尾根沿いに出る事が出来ました。

紅葉、シロヤシオとシャクナゲの時期にも合わせて5回登っていますから今回で9回目となります。


東京の地元の山、「高尾山」に次いで登っている山です。


今回は昨年から買い換え予定のスノーシューがやっと新しくなり歩き慣れた山で足慣らしをして来ました。
2011年2月26日の乗鞍岳で切れたベルト。
マジックテープを巻いて使っていました。
これがとても安定していて良かったのですが、
画像

今年の2月11日に蔵王から下山した時に左右の内側の皮が擦り切れているのに気がつきました。
「フレームの内側が擦れているのでもう少し外側に歩くように心がけて」とお店の方に言われました。
画像

そんな訳で「「MSR LIGHTNING AXIS」を購入しました。
左右3段階にビンディングの角度を調整できるため足癖に合わせられます。
画像

太めのストラップはあらかじめ調整しておけば、あとはかかとのストラップを留めるだけで装着できるのが売りでした。
真ん中にも一応ストラップ(インステップ・ストラップ)がついていますがこれは取り外しが可能で今回は使用しませんでした。
画像

かかとのストラップはもう少し引っ張るようにしないといけない事が途中で分かったりと。
今回、新しいスノーシューの事が頭いっぱいで靴を忘れました。
私はスノーブーツですから問題ありませんが夫は長靴(上の写真です。)でした。
画像

8時25分頃やっとスノーシューを履いて出発ですが、
GPS山行記録の合計距離の所をクリックして合計タイムを見ると止まっている時間がいかに多いかが一目で分かります。
画像

尾根に出るまではこの様な斜面での上りが続きます。
最初、ここで私のスノーシューの左足が脱げました。
平の所で履き直していたら偶然ですが同じスノーシューを履いた方が後ろから来ました。
もう少し手前で履いた方がつま先部分の前爪に力が入る。
(これは購入する時にも私のスノーシューの擦れ具合をみて店員さんに言われました。)
かかとのベルトはもう少しひっぱるようにする等、色々と教えていただきました。
この方は予備の真ん中のストラップ(インステップ・ストラップ)も使用していました。
画像

尾根に出るまで雪は硬くしまっていましたが急登です。
画像

針葉樹林の中の稜線に出ると積雪は少なくなって歩きやすくなります。
画像

一目盛り外側に動かしてビンディングの角度を調整をしています。
画像

今日は晴れ予報でしたが見事に外れました。
しかし中禅寺湖や男体山は木々の合間から見えました。
画像

山頂まで30分と標示されているプレートは今日は雪で隠れていました。
山頂まで登ったのはこの日は多分、私達2人でした。
画像

尾根上は雪もそれほど深くありませんから楽しいのですがなかなか山頂が見えてきません。
アップダウンを何回か繰り返しながら進む事になります。
画像

山頂手前の急斜面の直登です。
雪はしまっていますがキックステップで一歩一歩足場を固めながら登っていきます。
画像

私は今日は写真を撮りながら後ろから登っていきます。
この急登はさすがに大変でした。
画像

男体山と戦場ヶ原を背に登っています。
私は一度、調節した後はとても足になじんで快適でした。
画像

11時45分、高山山頂にやっと到着です。
3時間20分かかりましたがその内、1時間近くはスノーシューの具合を調節したり、私の慣れないカメラの設定を直したりとしていました。
今回で冬に登るのは4回目ですが一番、雪の量が多かったと思います。
直登が難しい所はつづら折りに登ってなんとか山頂に立てました。
画像

夏道ですとコースタイムは1時間10分です。
今日はそこそこラッセルしたので満足そうです。
画像

山頂は風が通り抜けますから少し下がって男体山が木々の合間から見える所で40分休憩です。
画像

12時25分、男体山を見ながら下山開始です。
画像

戦場ヶ原を左手に見ながら雪山の下山は滑るように足に優しいので楽しいひと時です。
画像

南側は中禅寺湖の後ろに社山が見えます。
画像

急斜面でつづら折りに登って来た所も下山は滑るようにショートカットです。
画像

こんな斜面はストックでバランスを取りながら山側に体を傾けて、
画像

写真で見ると斜度は、あまり感じませんが谷側は下まで結構あります。
画像

ここで転びました!!
「スノーシューを平行に保つのでテイルを踏む危険性が大幅に軽減」が売りでしたがしっかりテイルを踏んでしまいました。
なかなか起き上れず私は最初は写真を撮っていましたが救援?に向います。
先ず私は夫の前の木に左手で捕まって右手で2本のストックを深く差してそれに捕まって立ちあがってもらいました。
画像

13時50分、最後は尻セイドーを楽しんで下山しました。
画像



一日、歩いて見ましたが今回のような急登がある所はインステップ・ストラップ(真ん中のストラップ)は装着した方がより安定して良いと思いました。


この後、湯元の奥日光高原ホテルの日帰り温泉「源泉かけ流し乳白色・硫黄温泉」でお気に入りの温泉です。
昨年の8月に行った時は600円でしたが残念ながら800円になっていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
9回も高山に行かれてるんですね(゜∀゜)
ワタシは去年初めてシャクナゲとシロヤシオのころに登りましたが、
とてもいいところですね(*^^*)
スノーシューが楽しめるとこだとは知りませんでした!
行ってみたいな♪

新しいスノーシューに慣れるまで
ちょっと大変でしょうか?
転んじゃったご主人大変でしたね。
でも助けるまえに写真撮っちゃうところなんて
ワタシも一緒なので笑っちゃいました(*^^*)
ウチは隊長がほとんど転ばないので
たまに転ぶとちょっとだけ嬉しかったりして♪(もちろん危なくなければ!)
くっきー
2012/03/01 18:18
こんばんは。
とっても楽しそう♪
今年は雪山ハイキングの楽しさを
実感したので、来年こそはスノーシューに
チャレンジしたいです。
ブル
2012/03/01 20:45
くっきーさん
奥日光の高山はスノーシューを始めた頃に地図を広げていて偶然に知りました。
積雪量、雪のしまり具合で全然違ってきますからアット言う間に登れたり苦労したりと。
夏山で登られているならお薦めします。
スノーシュー歩きもトレースがバッチリの所だとチョットがっかりしますがノントレースも心細かったりで勝手な事言っています。(笑)

我が家は転ぶのは私の方です。
いままでのスノーシューの癖があるのでかえって転んだのかなと思います。

説明書もちゃんと読まずに「急登がある所はインステップ・ストラップ(真ん中のストラップ)は装着した方がより安定して良い」とちゃんと書いてありました。
お店の方が「めったに使わない」と言っていたので鵜呑みにしてしまいました。(笑)
izumi
2012/03/01 22:53
ブルさん
スノーシューの楽しさが少しでも伝われば嬉しいです。
コメントをいただいている「くっきーさん」も今年からスノーシューにもチャレンジです。
戦場ヶ原のようなフィールドのスノーシューよりやはり山を登りながらのスノーシューの方が大変ですが変化があって楽しいかな!!
izumi
2012/03/01 23:05
izumiさん、こんばんは♪
ふむふむ。。。φ(..)メモメモ
スノーシューの勉強がたくさんできました。
日に日に、スノーシューに興味が沸いて来ます。o(*^▽^*)o~♪
冬は雪遊びが楽しいですね。
私も尻セイドーは得意です。(^^)/
今度挑戦してみたいですが、その頃は雪解けの春になってしまいましょうか。(^^ ;
クロちゃん
2012/03/02 18:35
スノーシューの事
大変参考になりました
ぼくはこの一世代前のmsrですので
ストラップ4本しめますので
履いたら絶対脱ぎたくなくなります (^^ゞ
この新しいのはいいですね
調節も多様になったようですね

湯元の奥日光高原ホテルの日帰り温泉
「源泉かけ流し乳白色・硫黄温泉」
このネーミング!!
わくわくしますね
是非とも行ってみたくなりました

僕がよくいくのは
日光レークサイドホテルのお風呂です
1000円と高いのですが
中禅寺湖湖畔で素朴なお風呂場
お湯の質がとてもよいですよ。
RUU
2012/03/03 04:03
クロちゃん
寒かった冬もそろそろ終わろうとしていますね。
スノーシューも新しくなってもう少し残雪の山歩きを楽しみたいと思っていましたがなんか今年は無理かな?!
相方の仕事の関係です。
子供は独立していますから私は自由なのですが色々と問題があるようです。
どうなるやら?って所なんです。
izumi
2012/03/04 12:33
RUUさん
今シーズン、我が家は光徳周辺でBCに挑戦して見たかったのですが奥日光は雪の量がとても少なくてやっと2月になってそこそことなったようです。

スノーシュー、一度履いたら脱ぎたくない気持、分かります。(笑)
今回は「真ん中のストラップ」を使いませんでしたが山登りの所ではチョット無理でした。
「真ん中のストラップ」を使っても3本ですから簡単かな?
又、報告しますね。

奥日光高原ホテルはホント、お値打ち価格でした。
「日光白根湧水」の「水汲み場」が有って誰でも自由に汲む事ができます。
ポリタンクにいつも汲んできてコーヒーやご飯を炊いたりと料理全般に使います。
柔らかいお水でお薦めです。
izumi
2012/03/04 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
20120226新しくなったスノーシューで奥日光の高山へ yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる