yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20120430残雪のブナ林の登山道を大蔵山から菅名岳へ(新潟県五泉市)(前編)

<<   作成日時 : 2012/05/10 16:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

大蔵山〜菅名岳(864,3m、909,2m)

時期 2012年4月30日(月)

天気 曇り時々晴れ

駐車場   いずみの里脇駐車場(簡易トイレあり)

行動時間  7時間20分(休憩を含む)

コース いずみの里脇駐車場7:30-大蔵山登山口7:40-5合目8:55-大蔵山10:00〜10:05-菅名岳11:35〜12:13-椿平13:20-分岐13:50-林道終点-いずみの里脇駐車場14:50


画像

大蔵山から菅名岳に向かっています。



大蔵山から菅名岳へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



「山と渓谷社」発行の「新潟県の山」のガイドブックを買ったのは昨年でした。
山と海があって食べ物も美味しくて一年を通して(冬の時期はチョット無理かな。)山歩きがしたいと思ったからです。
このコースは尾根は残雪歩きを楽しめて途中は新緑や満開のイワウチワが楽しめる周回コースです



7時過ぎに駐車場に着いて準備をしていると車が次々に到着。
菅名岳直下の急斜面から丸山尾根に下山出来るか少し不安でした。

地元の方が隣りに車を停めて準備を始めていました。
私が持っているガイドブックに書いてあるコースで菅名岳から下山途中の椿平からどっぱら清水経由は通行止めになっている事が分かりました。

そしてボールペンを出して尾根沿いの下山コースを書いてくれました。
右側に広い駐車場があります。
画像

薄紫のすみれが満開の中、チゴユリ、
画像

白いスミレを眺め眺めながら林道を10分ほど歩くと、
画像

7時40分、登山口に到着します。
コースタイムが書いてある案内板を見上げで確認です。
沢コースは通行止めですから右側に川を渡って階段コースを登る事になります。
下山は左側の道から周回して来ます。
画像

早速、イカリソウが多く咲いている登山道を行く事になります。
画像

真っ白なイカリソウが鈴なりでした。
画像

7時53分、一度、林道を横切って階段コースのはじまりです。
画像

急な階段が続くのかと不安でしたが100段も登らないうちに普通の登山道となります。
杉林の続く登り坂は3合目あたりまで30分は我慢です。
画像

8時27分、3合目あたりからはブナが見え始めて新緑の中を進む事になります。
画像

イワウチワも咲きだしていました。
画像

ブナの大木も多く見られ森林浴です。
画像

木々の合間からは山桜が見えました。
画像

オオカメノキの白い花を眺めながら、
画像

9時55分、五合目を通過。
出発してから1時間25分、実感としてはまだ五合目と思いましたがここからは早かったです。
画像

六合目の見晴台から麓の町を見渡すと田植え前の水田が見えます。
画像

七合目あたりから雪が残っていたり、
画像

夏道を歩いたりの繰り返しで、
画像

九合目からは完全に雪道を歩く事になりました。
足に負担がかかるので軽アイゼンを付けました。
画像

10時過ぎに大蔵山に到着。
数人の方に抜かれながら登って来ましたがみなさん菅名岳に進んだようです。
大蔵岳までで下山する方もいました。
画像

川内山塊の粟ヶ岳でしょうか?
昨日、下権現堂山に登った時、加茂市の方がいて「水源地側が明日、山開きですからお薦めですよ」と言ってもらいました。
ヒメサユリの季節に登ってそこそこ大変だった記憶があります。
まだ残雪が多いのではと思いました。
画像

私達も休憩はしないで菅名岳に向かいます。
避難小屋を過ぎると
画像

素晴らしい稜線歩きとなるのですが風が強く踏ん張っていないと飛ばされそうな所もあり緊張しながら進む事になりました。
画像

右から、白山、粟ヶ岳と見ながら、
画像

こんな素晴らしい縦走コースです。
画像

なだらかなアップダウンを繰り返しながら進みます。
画像

こんな感じでピークを何度か越えながら進みます。
画像

10時50分、半分近く進んだ所で出合った人は菅名岳まで行って引き返して来ました。
画像

11時15分、出発が一緒だった方もやはり引き返して来ました。
画像

薄っすらですが飯豊連峰が見え出して、
画像

最後の登りです。
画像

11時35分、菅名岳山頂に立ちました。
画像

飯豊連峰が薄っすらですが肉眼では確認できました。
画像

12時13分、風を避けて食事休憩中、これから下山予定の丸山尾根から菅名岳に登って来る方が結構見られました。
私達もやはり予定どおり丸山尾根を下山します。
画像


雪は頂上付近だけで九合目からは夏道となりブナの新緑と溢れんばかりに咲いたイワウチワを見ながらの楽しい下山となりました。

新緑とお花の写真は(後編)にまとめました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
この日は薄曇りの天気、飯豊が霞んでいたのは残念です。
新潟の山好きは飯豊を見ると何故か心が落ち着きます。いつまでも見ていたいような。
大蔵山の標識が全部出ていますが、僅か2週間前にはizumiさんの肩のところまで雪があったのですよ。
甘納豆
2012/05/11 09:55
甘納豆さん
昨年、念願の飯豊山と大日岳に登ったので飯豊連峰のイメージが出来ました。
今年も歩けたら良いな〜と思っています。

大蔵山の2週間前の記録はもちろん前持って読みました。
それにしてもすごい勢いで雪解けって進むんですね。

天気が良ければなんとか菅名岳までピストンが出来ないかな?と思っていました。
当日、駐車場で地元の方から山の様子をさらに詳しく教えていただいたので周回出来ました。
みなさんの優しさに触れた、山歩きでした。
感謝です。
izumi
2012/05/11 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
20120430残雪のブナ林の登山道を大蔵山から菅名岳へ(新潟県五泉市)(前編)  yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる