yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20120501雪割草からカタクリ、ニリンソウ、イカリソウと花三昧の弥彦山(新潟県)

<<   作成日時 : 2012/05/15 13:16   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

弥彦山(634m)

時期 2012年5月1日(火)

天気 晴れ

駐車場   田ノ浦海水浴場駐車場にトイレあり。 そこら山側に200m位入った所に駐車場があります。

行動時間  5時間(休憩を含む)

コース   田ノ浦コース登山口8:05-弥彦山10:40〜11:30-田ノ浦コース登山connect.garmin.com/modern/activity口13:05



弥彦山、田ノ浦コースのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。
 

昨年の4月に弥彦山の田ノ浦コースと崖松コースを歩く予定でした。
天気が急転して登山口を確認して中止しました。

今回は弥彦山に登る予定はありませんでしたからこの2コースの地図を持って来ていませんでしたから記憶をたどって登る事になり、結果、田ノ浦コースの往復となりました。
崖松コースは次回の楽しみとなりました。

弥彦山の雪割草やカタクリの時期は終わっていましたからどんな花が見られるのかなと思いながらの登山でした。

ニリンソウ、イカリソウ、スミレが咲き誇る登山道でしたが良く見ると雪割草が咲き残っていました。
そしてスカイラインを横切って弥彦山まではカタクリ、サンカヨウ、コシノカンアオイも見れました。



8時5分、登山口を出発する時は車2台でしたが後から数人の方が登って来て下山時にも出合いました。
この写真は下山した時に撮りました。
多くの山菜を袋に入れて歩いている方にも出合いました。
画像

不動明王の石像
画像

銅山道分岐から登山道に入りますが平の道が続きます。
画像

一面のニリンソウに目が奪われた所でした。
これからこのコースはニリンソウとイカリソウに埋め尽くされている事は知りませんでしたからしばし撮影タイムに入りました。
画像

山桜の枝をかき分けて進むと、
画像

砂防ダムの横を進みます。
展望も良く見上げている景色は!
画像

青空に新緑が映えます。
画像

弥彦山山頂方向です。
この田ノ浦コースの登山口は海岸から少し登った所(標高75m位)から始まりますから標高差は560mはあります。
画像

こんな感じでニリンソウが咲く登山道でした。
画像

沢を何度か渡る所もありましたがコースは比較的、分かりやすくテープも付けられていました。
画像

そしてこのコースで一番、緊張する所で明神沢の滝を通過する所です。
残雪時や雨が降った後などは滑りやすい所です。
画像

ロープと鎖を伝って注意しながら進みます。
一瞬、ここで進む方向を迷いました。
右側の滝の方向には進まないで左側の山の方向にあるロープを伝って行きます。
画像

上から撮るとこんな感じでロープを持って登る所です。
ここは下る時の方が緊張しました。
画像

ここからは又、穏やかな登山道となり足元には!
画像

イカリソウが多く見られ、
画像

新緑の中、しゃがみこんで撮っている花は!
画像

チゴユリが咲いていました。
画像

弥彦山がまだまだ遠くに感じられます。
画像

この登山道で多く咲いていたスミレ。
画像

少し色が濃いので目に止まったスミレです。
休憩を兼ねて撮影し終えて隣りに目を移すと、
画像

雪割草がポツリと咲き残っていました。
これにはテンションUPでした。
画像

良く見ると雪割草の花が終わった株は葉が茂り始めていました。
画像


画像


画像

雪が最後まで残っていた斜面には良く見ると雪割草はポツポツとですが見れました。
もちろん近づけませんから眺めるだけです。
画像

エンレイソウも確認。
画像

9時30分、歩き始めて1時間30分位。
少し急坂になって来ますが、
画像

足元には多くのキクザイチゲが見られ、
画像

もちろんスミレも満開です。
画像

明神沢立坑路跡が見えて来ました。
画像

紫色のキクザイチゲ
画像

フデリンドウも見られました。
画像

そして15分位の辛い急登を終えるとハイキングコースとなって、
10時、スカイライン出合いに到着。
画像

数十m歩いて登山道に入る手前から佐渡島を眺めます。
雪が山頂に残っているのが分かります。
新潟の山に何度か登っていますが佐渡島が見えたのは初めてでしたからまたまたテンションUPです。
画像

うっかりするとスカイラインを進んでしまいそうですが道標はありますから右側に登って行きます。
画像

そして最後の登山道に入って目の前にカタクリの群生です。
画像

キクザイチゲとカタクリ
画像

北側斜面ですからこんな感じで見れました。
画像

佐渡島を遠くに眺めながら、
画像

足元にはサンカヨウ、
画像

ヒトリシズカが咲いていました。
画像

10時20分、弥彦山九合目に出ます。
ここも下山時はうっかりすると見過ごしそうな所です。
(下山時の写真です。)
画像

ここまでは誰にも出合う事も抜かれる事もなく歩いてきましたが、ここからはロープウェイで登って来る人もありますからにぎやかになります。
画像

登山道脇の木陰にはカタクリが咲いていました。
画像

始めて見るコシノカンアオイ。
画像

10時40分、弥彦山(標高634m)に立ちました。
今回、東京スカイツリーと高さが同じ山、坂戸山と弥彦山に偶然ですが登った事になります。
画像

右、多宝山の後ろは角田山。
画像

越後平野を見下ろします。
画像

日本海と寺泊方向。
画像

そして少し北東側遠くには妙高、火打山方向でしょうか?
山々が連なっているのが見えました。
画像


11時30分、休憩後、崖松コースを下山したかったのですが記憶があいまいでしたから同じ道を13時5分に下山しました。

毎年、4月始めの雪割草とカタクリの季節に登っていました。
新緑が綺麗いで多くの花が咲き乱れるこの時期も静かな山歩きが出来て大満足でした。

道の駅「国上」、隣りの「てまりの湯」に入って寺泊で食事をして帰途に着きました。

残雪歩きと花巡りが出来ました。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
少し花曇りのような感じですが、佐渡も見えたとのこと良かったですね。天気の具合で佐渡島がくっきり見えることもありますが、そういう時はすごく近く感じます。
お花の紹介も丁寧で、izumiさんのおかげで新潟も一段と格を上げたようです。
いつかまた、是非お越しください。
甘納豆
2012/05/15 20:01
こんにちは。
これだけたくさんの花が見られると嬉しいですね。ユキワリソウからヒトリシズカまで季節感の長い花が見られているようですね。
カンアオイは知りませんでした。見たことがあるかもしれませんが、気に留めないで通り過ぎているかもしれません。
最近、新潟方面へよく行かれますね。
カスミッシモ
2012/05/16 09:27
甘納豆さん
最後までお付き合いいただき恐縮です。
今回、坂戸山、下権現堂山、大蔵山から菅名岳と登って大満足でしたから気分は帰る方向に向かっていました。
新潟市内を通るしついでに(と言っては失礼なのですが、)弥彦山にでも寄って帰る?と言う事になりました。
ガイドブックはもちろん弥彦神社から登るコースのみですからはたしてわかるかな?と思いながらアプローチしました。
昨年まではなかった?(と思いますが。)ガイドマップ地図(私は道の駅で買って持っていましたが今回は持参していませんでした。)が登山道入口にも案内されていて心強かったのですが崖松コースは標示されていませんでした。
田ノ浦コースもそれほど多くの方が歩かれていないようでお花の多さに感動しました。

冬の大雪の時期があってのこのお花の多さなんでしょうね。
izumi
2012/05/16 15:26
カスミッシモさん
今回は田ノ浦コースを往復しました。
行きと帰りで目線が変わりますからこれだけの花を発見できました。
二人で歩いているとどちらかが気がついたりで、のんびり歩いています。
カンアオイも角田山や弥彦山に登っている方のブログで知りました。
カタクリのそばにたまたま咲いていて往復で2株、見つけました。

シラネアオイやヒメサユリが咲きだすこれからの季節もお薦めです。


izumi
2012/05/16 15:43
こんばんは。
花と展望、標高は高くないですが、
なかなかの名山ですね。新緑も青空に
映えています。
今週末もどこか山に行きたくなりました。
ブル
2012/05/16 22:25
ブルさん
ここは海が目の前に見えていますからとても気持が良い所です。
近くにある角田山もそうですが毎年3月下旬から4月にかけて雪割草とカヤクリを見るために多くの方々が訪れる所です。
少し時期をずらすと静かで新緑が溢れる中の山歩きが出来ます。
こんな感じで見られる雪割草やカタクリもいいですよね。
(チョット負け惜しみっぽいですけどね。)

今週末は天気も安定していそうですね。
私も検討中です。
izumi
2012/05/17 11:42
こんばんは(^.^)
弥彦山 八枚沢登山口から妻戸尾根を登り下山は能登見平経由で雨乞尾根を下る周回コースを4月に歩きました。
田ノ浦コースも面白そうですね。
こんど行ってみようかな
zen
2012/05/19 00:25
zenさん
私も八枚沢から雨乞岳周回コースは歩いた事あります。
花の咲き具合も年に寄って違うのでしょうが満開の雪割草とカタクリの群落を体験しました。

田ノ浦コースは上でコメントをいただいている甘納豆さんのブログで知りました。
田ノ浦コースは途中の一か所ですがちょっとスリリングな所があります。
そしてブログにも書きましたがこのコースと周回出来る崖松コース(私が地元で買った地図にはこのコースは書いてありません。)と併せて登る事をお薦めします。
2010年4月9日に甘納豆さんがとても詳しくコースを紹介していただいていてしかも地図つきです。
http://amanatto.at.webry.info/201004/article_2.html
とても参考になります。
izumi
2012/05/21 14:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
20120501雪割草からカタクリ、ニリンソウ、イカリソウと花三昧の弥彦山(新潟県) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる