yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130518新潟県魚沼市の大展望の唐松山(前編)

<<   作成日時 : 2013/05/21 11:43   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

唐松山(1079,3m)

時期 2013年5月18日(土)

天気 晴れ

駐車場  林道途中に駐車(道幅は広く駐車スペースは多い。)

行動時間  9時間35分(休憩、林道歩き往復で1時間を含む)

行動時間  林道途中に駐車6:35-手ノ又登山口7:05-滝見台7:38-上権現堂山分岐8:42-いっぷく平9:50-猫岩10:30-唐松山11:30〜12:25-猫岩12:57-滝見台15:15〜15:25-手ノ又登山口15:40-林道途中に駐車16:10


唐松山までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


甘納豆さんが2010年の同じ時期に登られています。
標高は1079mと決して高い山ではないが意外に楽しめる山と紹介されていました。

当初はGWに予定していましたが天気が悪く新潟の残雪歩きができませんでした。
心残りの所、週末の土曜日は晴の予報でしたから迷わず登る事にしました。
後で分かった事ですがGWに登った方に寄ると林道は崩れ落ちる雪で登山口までたどり着けなかったようです。


関越自動車道小出ICから20分位で中子沢温泉羽川荘に着きます。
ここを左折して手ノ又林道に入ります。
手ノ又登山口まで約2キロですが半分位走った所で小雪崩がありました。
少し手前に駐車して歩きます。
この先、どんな感じになっているのかと思いましたがここだけでした。
30分、歩く事になりました。
画像

登山口の手前からこれから歩く稜線を眺めます。
画像

7時5分、やっとたどり着いた登山口です。
これからの季節はここまで車で入れます。
私がここから見ている景色は、
画像

越後三山。
右に八海山、真ん中にちょっと見える中ノ岳?、左に越後駒ヶ岳です。
画像

いきなりブナ林の中を急登です。
画像

振り返ると見える景色は?
画像

右から八海山、越後駒ヶ岳そして荒沢岳も見え始めました。
画像

タムシバが咲き始めた登山道。
かなりの急登ですが景色を振り返りながらゆっくり30分位登ってくると、
画像

7時38分、滝見台に到着。
後ろに上権現堂山がそびえます。
画像

この景色を楽しんで、
画像

尾根道を進みます。
画像

振り返ると素晴らしい景色と歩いて来た尾根道がみえます。
画像

右前方にこれから歩く稜線が見えて来ました、
左からいっぷく平、猫岩、唐松山頂上です。
画像

そして今回、見たかったブナの新緑です。
画像

足元を見るとイワカガミ、
画像

イワナシ、
画像

イワウチワが楽しめます。
画像

上権現堂山稜線分岐付近からは残雪と新緑のブナ林の中を進みます。
少し涼しく感じて一息つきます。
画像

8時42分、上権現堂山分岐付近で見るブナの根開きです。
もちろん今回は上権現堂山は登りませんからここから東にコースを取ります。
昨年、戸隠神社前から下権現堂山まで登りました。
上権現堂山まで行く予定でしたが残雪量が多く時間切れとなりました。
画像

北側に守門岳が見え始めました。
画像

残雪と新緑のブナ林を楽しみながら、
画像

振り返ると上権現堂山の姿が見えました。
画像

夏道を歩く所もあって、
画像

足元には白いイワウチワ。
画像

こんな感じで手をついて登るような急登もあります。
ここは下りの時は腰をついて下りました。
画像

ピンク色のイワウチワも見られ苦しい急登の中、心が和みます。
画像

9時50分、いっぷく平付近からは和やかな稜線歩きが始まります。
夏道と残雪歩きが交互にでてきます。
右手前に唐松山に至る稜線、その後ろに見えるのが毛猛山塊です。
画像

そして北側には左から守門岳、浅草岳が見え始めました。
画像

南側にはもちろん越後三山です。
画像

猫岩の向こうに唐松山頂上は少し重なっている先です。
画像

少し稜線より下がってしまったのでこの辺で上り戻ります。
画像

10時16分、唐松山頂上と左奥に毛猛山塊、右奥に未丈が岳。
画像

歩いて来た稜線です。
画像

10時30分、猫岩前に到着。
画像

巻き道がありましたから登らずに巻きます。
画像

一輪咲いていたシャクナゲの道。
画像

しかし残雪があって緊張しながら、
画像

通過しました。
画像

猫岩を巻いて来て振り返ります。
画像

猫岩と上権現堂山を振り返って
画像

足元はイワウチワロードとなります。
画像

右奥の唐松山まで続く素晴らしい稜線です。
今日は気温が上がって暑い中を登って来ましたが残雪歩きの時は涼しくなります。
画像

11時15分、唐松山手前のピークでも充分の展望なのですが
画像

唐松山に向かいます。
今日は先頭で歩いて来ましたがここで地元の長靴を履いた男性に追い越されました。
残念!!(歩くのが早い方でした。)
画像

唐松山手前から歩いて来た稜線を振り返ります。
画像

左から守門岳、浅草岳です。
画像

浅草岳、毛猛山塊を眺めながら、
画像

11時30分、唐松山頂上に立ちました。
画像



後編に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130518新潟県魚沼市の大展望の唐松山(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる