yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130525シロヤシオの檜洞丸へ 嬉しい出会いもありました!!

<<   作成日時 : 2013/05/27 17:41   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

檜洞丸(1601m)

時期 2013年5月25日(土)

天気 晴のち曇り

行動時間 8時間40分(休憩含む)

駐車場 西丹沢自然教室前(標高540m)(トイレあり)

コース 西丹沢自然教室6:50-ゴーラ沢出合7:38-展望園地8:35〜8:40-檜洞丸10:12〜11:18−犬越路13:30〜13:57-用木沢出合15:02-西丹沢自然教室15:30

檜洞山までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


画像



山歩きを始めた頃の2006年から、
2007年2008年と続けてシロヤシオの時期に檜洞山に登っていました。

その後、日光や那須岳や高原山方向に足を延ばしてシロヤシオを見るようになりました。



久しぶりのこの時期の丹沢。
26日の日曜日が山開きで駐車場の一部が前日から利用出来なくなる事をHPで知りました。


大井松田ICで下りてから30分位で西丹沢自然教室前に到着。
前日の出発が遅れて到着したのが夜中の12時を過ぎました。
すでに前泊の車が3台ありました。
コースタイムから大変な事は分かっていますが日も長くなって様子が分かっているので少しゆっくり5時30分に起床。
まずトイレにと車から出て歩きだしたら出発準備をしたとしちゃん&sanaeさんご夫妻にお会いしました。
守門岳以来のバッタリです。
私達はこれから食事をして準備をしてですから遅れる事、1時間位でしょうか。

この時点で駐車場は満車状態で、周りのキャンプ場の駐車場(525円)に停めるようです。


6時50分、西丹沢教室で登山届を提出して出発となります。
最初は箒沢から石棚山経由で登る予定でしたがシロヤシオはほとんど咲き終わったと指導員の方のお話でやはりツツジ新道を行く事にしました。
山頂までのツツジ新道は全体に木々が生い茂っていて直射日光が当たる所は少なめです。
先週の新潟の山歩きは暑くて大変でしたから今日は多めに水を持って来ましたが残す事になりました。

山腹のトラバース道を沢の音を聞きながら進みます。
涼しいです。
画像

7時38分、ゴーラ沢出合。
画像

ここから標高差1000m以上の登りが始まります。
展望が効かない暗い登山道の両側に笹が生い茂っていますがかなりの数で花が咲いていました。
私は初めて見ます。
竹もそうですが一度、花を付けると枯れるそうです。
地味な花ですが不思議です。
稲の花にも似ています。
画像

8時35分、展望園地(標高1100m位)から見る富士山です。
画像

そしてこの辺からトウゴクミツバツツジとシロヤシオの花が見られました。
画像

シロヤシオ
画像

今日は予想以上に天気が良く展望は良いのですが、
画像

花の咲き具合がイマイチです。
早い方は10時前ですが下山して来ます。
画像

シオヤシオを見上げながら、
画像

しばし撮影タイムです。
画像

シロヤシオの白は下から見上げると意外と目立ちません。
画像

木々の合い間から富士山が見えます。
画像

シロヤシオ
画像

富士山の繰り返しです。
この辺で富士山を見るのは初めてです。
画像

それにしても花付きの悪いシロヤシオにチョットがっかり。
1000m以上も頑張って登って来たのに。
画像

バイケイソウとマルバタケブキが生い茂る木道を通過すると、
画像

ブナの大木を振り返ります。
画像

10時、展望が開けてまたまた富士山が見れます。
画像

そして階段を登り切ると、
画像

10時12分、檜洞丸山頂です。
広場になった山頂ですから木蔭を探して休憩します。
ゆっくり登って来ましたからsanaeさん達は下山されたかな?と思いながら前を見たら、休憩されていました。
画像

山頂標識前で記念撮影をと移動しながらふと目に入って来たのが「えいじさん」でした。
じぇじぇじぇです。(朝ドラを見ている人はわかる。)
もちろんsaaeさん達もご存じの方です。

瑞牆山の富士見平テント場で我が家のテントを撮影してブログでアップしてくれたのがきっかけです。
念願かなって鳳凰三山でお会いしました。
画像

11時18分、犬越路に向けて下山です。(sanaeさんからいただいた写真です。)
ハシゴや鎖場が多いのでストックはしまいました。
画像

こちらのコースの方が花付きが良かったような気がします。
画像

シロヤシオとバイケイソウ。
画像

11時30分、丹沢らしい霧が上がってきました。
画像

こちらのコースは赤、白が交互に咲いていた記憶がありましたが今年は蕾もなく寂しいかぎりです。
画像

ブナの大木とシロヤシオですがチョット分かりにくいですね。
画像

でもこんな感じで見られますから立ち止ります。
画像

足元には一面にクワガタソウが咲いています。
白いクワガタソウは初めて見ますから分かりませんでした。(sanaeさんに教えていただきました。)
画像

霧が立ち込める尾根をとしちゃん、私、sanae さん、それを写す夫(さ・としちゃん)の順番で下山中。
画像

こんな感じで咲いているとやはり嬉しくて思わす立ち止りながら、
画像

シロヤシオを前に立ち止って写真を撮ろうとしていますね。(sanaeさんからいただいた写真です。)
画像

楽しい尾根道もありますが、(sanaeさんからいただいた写真です。)
画像

途中からザレタ尾根道の下山となりますからこの辺から着いて行く事ができなくなりました。
私は腰を下ろしながらゆっくりとなります。
画像

新緑とシロヤシオ。
画像

地図にもありますが大笄、小笄付近はヤセ尾根が多く歩行注意です。
画像

こんな感じのハシゴや、
画像

クサリ場を数度、繰り返しながら、しかもアップダウンが続きますから大変です。
画像

下りて来た所で振り返っています。
画像

こんな感じの所が多々あって一番、辛い所でしょうか。
画像

13時20分、「もう登り返しはないんじゃないかな〜と。」一息入れて立ち止った所だと思います。
画像

手前に笹が茂っていて真ん中に避難小屋が見えて来ました。
正面の山は加入道山、大室山方向です。
画像

13時30分、犬越路(標高1060m)です。
としちゃんが「来た来た!」とこちらを見ていますね。
ここは簡易水洗トイレも設置されています。
ペーパーは持ちかえりです。
13時57分、充分に休憩して下山開始です。
画像

ここからは展望がありませんから黙々と下山となります。(東海自然歩道の一部です。)
鹿避けの柵が巡らされています。
画像

用木沢まで下りて来るとヤマツツジが見頃でした。
沢を渡ったり、
画像

橋を何度も渡りながらの下山となります。
丁度目の高さで見られる山藤が満開でした。
画像

15時過ぎ、用木沢出合に下山。
もちろん同じペースで下山出来ない我が家をここでsanaeさんご夫婦に温かく迎えていただきます。
ここからは自動車道を25分、山歩きのベテランご夫婦ですからとても参考になるお話を聞きながら、
15時30分、西丹沢教室まで戻りました。
西丹沢教室の方の話しだとこれでも昨年よりは花付きは良いそうです。
木が古くなったせい?
温暖化?

シロヤシオは残念でしたが久しぶりにお友達に出合う事ができで楽しい山歩きが出来ました。


山北駅前の「さくらの湯」に立ち寄って買い物、夕飯を済ませて今日は近いので帰りました。(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
シロヤシオやっぱり裏ですか!去年も超裏年で私は見に行きませんでした。
日曜日に行ってみよかと思っていたのですが、ネットを見たら「羊がいない!」というのが多かったので、気分が乗らず辞めました。
こちらでは草はらにぽつぽつとシロヤシロの木があって、
花が咲くと羊さんと云います。
どの山でもというわけでなく、私のしっているのでは檜塚、竜ケ岳の羊さんが有名です。
としさんとsanaeさん、私が入笠山でお会いした方ですね。
家のブログにもsanaeさんのブログにもお互いの写真が乗っていました。時々拝見しています。
さえ
2013/05/27 18:53
さえさん
全国的なのでしょうか?
一瞬、私もなぜ?と思いながら登ってました。
て、事は日光や那須方面も裏年なのかなとチョット不安です。
来週あたり行って見ようかなと思ったのですが。

シロヤシオの事を羊さんって言うんですか?
関西らしいですね。

ブロ友に山でお会いすると一日が楽しくなりますね。

izumi
2013/05/27 22:07
ステキなばったりですね〜♪
シロヤシオ、いまいちなんですか!
10年近くもまえに大当たり年で見に行きま
したけど、シロヤシオのトンネルを
くぐって歩いて感激したのを覚えてます。
初心者単独だったので犬越路にはいかな
かったんですが、やっぱり行かないで正解
だったみたい。
ワイルドなコースですね。

sanaeさんもizumiさんもウチに来て
いただいたことあるし、いつかウチで
バッタリしていただきたいな。
なんちって(笑)
くっきー
2013/05/27 22:22
くっきーさん
犬越路のコース、歩かれていないのですが?
では今度、隊長さんとチャレンジして下さい。
なんて言うほどの事はなく、くっきーさん達なら楽勝で進んで行けますよ。
シロヤシオ、関西もなんかパットしないようで全国的なのかな?!

そろそろ梅雨入りでパットしないお天気が続きますね。

sanaeさんとも「くっきーさんちのお蕎麦」の話しで盛り上がりました。
私がお邪魔した日にsanaeさん達も行く予定があったようです。
でもその日はくっきーさんが珍しく、お出掛でしたからかえって良かったわけで。
そんなこんなで楽しかったです!!
もちろん又、お邪魔しますね。
izumi
2013/05/28 10:43
おはようございます。
今年も檜洞丸へ行けないのですが、裏年ですか、来年行こうかな。
やっぱり、この山はいい山です。写真が美しい。
裏年なら、気持ち玉は3個ではなく2個です。
カスミッシモ
2013/05/29 07:22
カスミッシモさん
丹沢山塊も季節を変えて歩いていますがこの時期の檜洞丸は活気がありますね。
お花は残念でしたが2週に渡って標高差800〜1000mの山歩きはホント、考えて見たら久しぶりでした。
懐かしい筋肉痛が残っています。
気持玉は1個ですね。(笑)
izumi
2013/05/29 09:54
こんばんは。
このコース、きつかった印象がありますが
みなさん健脚ですね。
シロヤシオは今ひとつだったかもしれませんが、
素敵な出会いがありすばらしい山行になりましたね。
ブル
2013/05/29 22:21
ブルさん
ここ数年はもっとお手軽で静かに見られる所があるので避けてました。
丹沢はホント、なめてはいけません。
私は下りが苦手なので犬越路までは苦労しました。
夏山に向けて少しトレーニングにもなりました。

早くも梅雨入りしましたね。
そうなると今週末は?
又、お手軽な山歩きとなりそうです。(笑)
izumi
2013/05/30 10:57
izumiさん、こんにちは。
今回は寝不足にならないように一気に二日分のレポアップしてしまいました(笑)
先日はお目にかかれて嬉しかったです。
守門以来でしたけど、その後も会いそうで会わないような、そんな似通った山を歩いてますよね。
こちらこそizumiさんの記録を有難く活用させていただいています。
直接お礼が言えて良かったです(^^♪
一緒に歩けて楽しかったです。
早くも梅雨入りしてしまいましたね。
天気予報と相談ですね〜
sanae
2013/05/30 14:41
sanaeさん
クワガタソウ、小さくて見過ごしてしまいそうな花でした。初めて見るお花ばかりです。

歩く山の選定から帰って来てからの写真の整理、ブログアップまでがワンセットですからそこそこ時間を取られますが充実した時間です。

二人で歩いていると気楽ですが疲れて来ると甘えも出て来て、なんだかんだと言いながら登っています。
日曜日にコースタイムの長い山を設定しようもんなら大変ですよ。(笑)
izumi
2013/05/30 16:41
izumiさん、こんばんは
コメントありがとうございました!
本当に1時間ほどの違いだったんですね。

例年に比べてちょっと残念とは言え、可憐なシロヤシオの花やお友達との出会いと素敵な山行でしたね。
私は今回初めてでしたが本当の当たり年のシロヤシオを是非見て見たいな〜と思いました。
aki
2013/06/04 21:11
akiさん
久しぶりの丹沢山塊の山歩きでした。
どのコースから入って歩いても大変なのを忘れていました。
青根から入って蛭ヶ岳に登るコースを教えていただいたのもakiさんでした。
私のこんなつたないブログですが一番参照数が多いのがこの時の「丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ 青根〜姫次ルートから」なんですよ。
確か私が登った前日に別ルートで丹沢山塊に登られていましたよね。
平塚に戻られてさらに登りやすなったのではありませんか?

花の咲く時期、花付きも微妙に違うので、確かめたくて毎年見に行くのがシロヤシオです。
これからもよろしく!!
izumi
2013/06/05 10:47
izumiさんのBLOGはとても充実していて素敵なBLOGだと思います、きっと参考にされている人も多いはずです。
自分の蛭ヶ岳青根、姫次ルートの記事を改めて調べてみたら、私の記事の中でも参照数が断トツでビックリしました。
これはもうizumiさんが紹介してっくれたお陰だと思います。

仰る通り平塚に戻ってからはとても近くなったので、やはり丹沢は故郷の山でありホームグラウンドと感じています。
これからも出来る限り丹沢の愛すべき風景を発信し続けたいと思っていますので、こちらこそ宜しくお願いします。
aki
2013/06/06 08:56
akiさん
嬉しいお言葉、ありがとうございます。
山歩きを始めて最初の頃、塩水橋から丹沢山と蛭ヶ岳を登っている途中でカスミッシモさん(上でコメントをいただいている厚木在住の方です。)と知り合いました。
その時、「今日で丹沢十名山を登りました。」と聞いてそんなに登る山があるんだ〜と思ったのが2006年4月。
2010年11月に畦ヶ丸に登って私も一応完登しましたがまだまだ歩いていないコースは多いです。

蛭ヶ岳は遠いので(健脚の方は別として。)日帰りが難しい所、皆さん探すのでしょうね。



izumi
2013/06/06 12:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130525シロヤシオの檜洞丸へ 嬉しい出会いもありました!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる