yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130609大展望とスリリングな鎖場の乾徳山

<<   作成日時 : 2013/06/11 11:52   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 16

乾徳山(2031m) 

時期 2013年6月9日(日)

天気 晴れ

駐車場 乾徳公園前 (トイレは乾徳山登山口のバス停前の乾徳公園内にあります。)
ここから10分位歩いた所、乾徳神社前にも6,7台駐車できます。
     (この日は神社の敷地内にも駐車していました。)

行動時間 7時間20分 (休憩を含む)

コース  駐車場5:35-登山口6:00-銀晶水6:30-錦晶水7:20-国師ヶ原7:25〜7:30-月見岩7:58〜8:10-8:15-乾徳山9:10〜10:07-月見岩10:54〜11:00-登山口12:35-駐車場12:55

乾徳山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


画像

今日は富士山が良く見えました。



今回は珍しく、息子も参加です。
学生だった2006年5月に毛無山(天子山地)7月に櫛形山に登っいますがその後はありませんでした。

私は2005年の晩秋の乾徳山と2010年の12月の雪の降り始めの乾徳山に登っています。
夫のお気に入りの山で今回で5回目になると言っていました。


新緑の森や草原の美しさ、岩登り、そして富士山や白峰三山の大展望を期待して選びました。
当初は土曜日の予定をしていましたが午前中に用事が入り、その日の午後からゆっくり出かけました。
久しぶりの中央高速道を走りながら笹子トンネルの事故の事を思い出しました。

勝沼ICで下りて買い物をして「笛吹の湯」でゆっくりくつろぎ、道の駅「花かげの郷まきおか」で車中泊をして日曜日は早朝から登り始めました。


6時、登山口に近い駐車場がある事をすっかり忘れていて25分位かかって登山口に到着です。
標高差は1100m位あります。
予想以上に多くの車が駐車しているのに驚きました。
画像

銀晶水、錦晶水と途中で水場が出て来て少し休憩をしながら登って行く事になりますが基本的には国師ヶ原までの1時間30分位は暗い樹林の中を登って行きます。
ヒグラシやカエルの鳴き声がしてもう夏の気配を感じます。
画像

フタリシズカが多く咲いている登山道。
画像

6時30分、銀晶水で水を汲みます。
画像

7時20分、錦晶水で水を汲みます。
ここは湧き水ではありません。
退屈している息子がいるのが分かります。
画像

7時25分、明るい日差しが漏れてくるようになって来ると、
画像

国師ヶ原にやっと到着です。
まず苔が綺麗だと息子が感激し始めました。
目の前に見える山が山頂だと教えるとしばし見入っていました。
画像

私はレンゲツツジが咲いているのが見えましたから撮影中です。
画像

先週の奥日光に引き続き、ズミの花。
画像

ここから月見岩までこの時期は木々も生茂っていますから展望はききません。
画像

新緑がまぶしい中、登って行きます。
画像

枯れたカヤトが光っています。
画像

振り返ると見えて来た富士山。
昨日は富士山は見えなかったそうです。(笛吹の湯で下山して来た人の話しです。)
画像

この辺からみんな足取りも軽くなり月見岩で休憩する予定で自分のペースで登り始めます。
画像

急斜面に咲くズミの花を眺め、
画像

ヤマツツジと富士山。
画像

そしてさらに登って来ると南アルプスが見えだしました。
画像

白峰三山にズームです。
画像

7時58分、月見岩に到着です。
ここまでは単独の男性に抜かれて行きましたが大平牧場から登って来る人とも合流しますから少し賑やかになります。
画像

富士山を眺めて休憩。
画像

8時15分、扇平も展望が良い所ですか通過して先に進みます。
画像

いよいよこの山の核心部の楽しい岩稜の中を進みます。
画像

こんな大岩を登った先には、
画像

富士山が見えます。
画像

いつも見るだけの髭剃岩ですが岩の間で遊ぶ?息子。
画像

岩の向こうに見える富士山。
画像

岩の向こうに見える南アルプスを楽しみながら
画像

私もストックを仕舞い大岩を巻きながら進みます。
画像

木梯子を下りて、
画像

いよいよ最初の岩登りです。
ここは鎖に頼らなくても登って行けます。
画像

そして鎖場が2段になっていてここは鎖が2本あります。
斜面が緩やかな右側を登って行こうとすると、
画像

左側の急斜面を登って行った息子。(後で聞いた感想はビビったと。)
画像

上から見下ろすとこんな感じです。
もちろん夫も楽なコースです。
画像

木橋を渡って、
画像

さらに大岩の間を進むと、
画像

展望が開けて富士山を見ながら休憩。
画像

ミツバツツジと南アルプス。
画像

山頂もいよいよ見えて来ると、
画像

9時5分、山頂直下の鎖場に到着です。
11mほどあります。
珍しく前後に来る人もなく順番にゆっくり登る事が出来ました。
画像

ここまで登ったら、
画像

右に移動して、
画像

私も続きます。
画像

カメラを仕舞って最後に登って来る夫を上から写します。
画像

9時10分、狭い山頂でポーズです。
みなさん山頂標識付近から遠ざかって休憩しているのに男性ひとりがへばり付いていて・・・
10時7分、登って来るグループが増えて来たので私達は下山です。
画像

下山道と書いてある道は暗くてつまらないと言って(夫)下山した事がありません。
来た道を下山しますが山頂直下の鎖場はもちろん巻きます。
でもこんな感じで梯子が2段でてきます。
画像

「鎖場は下りる方が怖いね!」なんて言いながら写真を撮ったりとのんびり下山中です。
画像

10時54分、「下りは休憩しないの?」息子。
「そんなことないよ、一気に下ると足に良くないからね。」母。
こんな会話をしながら月見岩で休憩。
富士山はこの頃にはすっかり雲の中となりました。
岩登りを楽しむ小学生数人を眺めています。
画像

11時30分、レンゲツツジが咲く国師ヶ原を後にして、後は樹林帯を黙々と下山。

途中、息子がポツリと「乾徳山て「第九」みたいな山だな〜と!」と言い出して親子3人で大盛り上がり。

第4楽章の「歓喜の歌」が丁度、山頂直下の鎖場から?

第3楽章は何処よ?のどかで少し眠気を誘うから扇平から富士山を見ている光景?
ともかく登山口から国師ヶ原までのアプローチが初心者には特に長く感じられたようです。
画像


12時55分に駐車場に戻りました。
今日も温泉に入りたい所ですが渋滞を避けて帰る事にしました。
勝沼ICを14時過ぎに乗ったのにいつもの小仏の渋滞がギリギリセーフでしたが始まり出した所でした。

久しぶりの親子登山でした。
次の機会はあるのかな?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
ここは2度ほど行きましたが、一度も富士山が見えた事がありません。なかなか姿の良い富士ですね。第3楽章はやはり冬のカヤトの尾根でしょう!!。
インレッド
2013/06/11 19:56
インレッドさん
こんばんは。
季節を変えて同じ山に登るのも変化があって楽しいです。
早くから登り始めたので富士山や南アルプスの展望を楽しめました。

冬の時期の写真を見直しました。
確かに第3楽章は冬のカヤトの尾根を登って行く時に流れているイメージですね。

izumi
2013/06/11 20:59
izumiさん、こんばんは♪
親子で山歩きは嬉しい時間でしょう。
私は子供が小さい頃に何度か山に行っていますが、最近はとんとご無沙汰です。(*^_^*)
乾徳山は変化のある楽しい山ですね。
私も3度登っています。
それに、この日は最高の富士山が見えていましたね。
山梨の山は富士山を眺める素敵なコースが多いです。(^^)/
クロちゃん
2013/06/11 21:23
前から行って見たかったののですが、実現していません。富士山も綺麗に見えるんですね。また、後追いですが行ければと考えております。
えいじ
2013/06/12 04:25
izumiさん、富士山きれいね!
楽しそうな山ですね。izumiさんやインレッドさんのブログに出てくる山は知らない山が多いのですが、富士山と南アルプスの位置からどのあたりかわかります。
これも何時か行きたい山リストに入れておきますね。
さえ
2013/06/12 07:31
おはようございます。
丹沢でお会いした時、私が山歩きを初めて間もない頃で、乾徳山が良いですよと薦めてくれましたね。この山は眺望も良いし、鎖場もあって変化に飛んでいます。
国師ヶ原から山頂を見る所は記憶に残っています。
カスミッシモ
2013/06/12 09:25
クロちゃん
たまに山歩きに行くならやっぱり大満足してもらいたいので変化に富んでいてチョットスリリングな気分も味わえる山。
瑞牆山と乾徳山の今までに登った時の写真を見せたら乾徳山を選んだしだいで。
私は内心、シャクナゲの季節だから瑞牆山の方がいいかな?と思いながら花より鎖場を選択。

結果、山歩きしている私達2人は次の日い軽い筋肉痛が出ましたが息子はなかったようです。
年の差を感じました。(笑)

山梨の山に登って富士山が見えないとチョット悔しいですよね。
izumi
2013/06/12 09:45
えいじさん
乾徳山、まだ未登ですか。
ちょっと意外ですね。
勝沼からのアプローチも良く途中にワイン工房や季節によってはぶどうやもも、今はサクランボ狩りができます。
私はホントに初心者の時に最後の鎖場を登りました。
心臓が飛び出る位バクバクした記憶がまだ残っています。
是非、お友達と一緒に登ってほしい山です。
時間を短縮するなら大平牧場からでも良いと思います。
izumi
2013/06/12 09:52
さえさん
関西からだと八ヶ岳止まりでしょうね。
ここは近すぎて残念ながら八ヶ岳は見えません。
百名山を登っている方はこの近くに瑞牆山や金峰山がありますからその続きで登るのかな?
私も同じです。
関西や岐阜県あたりの山はやっぱりほとんど知らないのでメモして機会があったらと思っています。
izumi
2013/06/12 09:59
カスミッシモさん
そうでしたね。
我が家も山歩きを始めた時期が同じでしたから。
ガイドブックで見つけてとても気に入ったようです。
私が用事で出かけなかった時に2回も多く登っていました。(笑とびっくり)

山って印象に強く残っている部分とうっかり忘れてしまう部分があって、今回も国師ヶ原までこんなに長かったけ?と言いながら歩いてました。
「ここから一歩づつ歩いて行くから山頂に立った時の感動があるのよ!」と息子に言いながらも自分にも心の中で言ってました。
標高差は1100m位、あるんですよね。
izumi
2013/06/12 10:16
ここはだいぶ前に登っていますがほとんど忘れておりizumi さんの記事を見せていただき少し思い出しました。
滴る新緑が綺麗ですね。
いつも人を入れ込んだ写真が豊富で山の状況がよく分かります。
今は車で山行の人が多いですね。
この山歩きで1時下山とは凄く早いです。
ミニミニ放送局
2013/06/13 14:09
ミニミニさん
日の出の時間も早いので今回は朝いちで出発しました。
特に単独で歩かれている方は早出でした。
登りは富士山と南アルプスの大展望でした。
11時前に月見岩まで下って来た時はほとんど雲に隠れていました。
まだまだ登って来る人が多い中。チョット得した気分でした。
早く出発して良かったって所でした。(笑)
izumi
2013/06/13 16:27
こんばんは。
親子での登山、うらやましいです。
乾徳山、楽しそうですね。まだ
未登なので涼しくなったら行ってみたい
です。標高差1100mはなかなかですね。
ブル
2013/06/13 21:03
親子で歩かれて嬉しかったことでしょう。
いいですね〜。我が家はもうないでしょうね(^^ゞ
ここはトシちゃんが歩いてなくて、昨年紅葉の終わりかけに行きましたが富士山がきれいでした。
良いですねこの山。
下山に同ルートは下りたことないです、すごいな〜(^^ゞ
sanae
2013/06/13 21:21
ブルさん
山歩きから帰って来ると、温泉が白濁していて硫黄の匂いがプンプンする。
お蕎麦が美味しかった、回転寿司だけど地場産の魚が多くて新鮮だった。
なんて話しをしているのを聞いている息子。
山の写真はざっとですが見てくれます。
で、季節も良くなって来たので行く気のなったようです。
尾瀬も一度は行ってみたいな〜なんて言っていました。

この山は変化に富んでいるので夫がよく、「山登り始めたい人に紹介したい山」と言っていましたが標高差は1100mあるんですよね。
この山ならブルさんの息子さんも満足だと思いますよ。
izumi
2013/06/14 10:49
sanaeさん
息子も1人で留守番も気楽で良いけどチョット親に付き合ってもと思ったのかな?(笑)

昨年、sanaeさんが単独、お友達と登られている記録をじっくり読みました。
なんか山女子の歴史を感じますね。
電車とバスを乗り継いで登山口までたどり着くだけで一仕事ですよね。
その頃はトシちゃんは山歩きに興味がなかったのですか?後から引きずり込んだ?(笑)

この山、下山道を行こうと言うと必ず止めた方が良いと夫が言います。
機会があったら道満山経由のコースは歩いてみたいです。紅葉した木々が綺麗に写っていますね。
izumi
2013/06/14 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130609大展望とスリリングな鎖場の乾徳山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる