yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130721雄大な谷川連峰の山並みが見える吾妻耶山

<<   作成日時 : 2013/07/24 10:48   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

吾妻耶山(1341m) 

時期 2013年7月21日(日)

天気 曇り

駐車場 仏岩ポケットパーク(トイレあります。)

行動時間 4時間35分 (休憩を含む)

コース  登山口6:50-仏岩7:15-分岐(吾妻耶山と、吾妻耶山中腹コースの)7:50-吾妻耶山8:35〜9:20-標示に従って中腹コースを歩く-赤谷越峠9:46-分岐(吾妻耶山と、吾妻耶山中腹コースの)10:37-登山口11:25

吾妻耶山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。
connect.garmin.com/modern/activity
「群馬県の山」のガイドブック、昨日登った三国山の次のページが吾妻耶山・大峰山でした。
冬、スノーシューで大峰沼周辺を歩くコースがある事は知っていました。
下見にはなりませんが周辺の雰囲気だけでもと思い登ってきました。

道の駅「月夜野矢瀬親水公園」から30分位で仏岩ポケットパークに到着です。
6時50分、さすがに誰も登っていません。
画像

あずまやの脇が登山口になっています。
標識がありますから間違いようがありませんが、少し左側に何となく道が出来ていて、ここを登って行くのかと思い最初は躊躇してしまいました。(笑)
画像

展望のない樹林の中を進んで行きます。
画像

7時8分、赤谷峠、標識がしっかりとあるので安心です。
新旧いくつもの標識が立ち並びますが地元高校山岳部の標識が一番新しいです。
削られ所は熊?
画像

5分位歩くと仏岩。
画像

木々の合間からやっと見えました。
画像

この周辺はナツツバキの木が多い。
画像

残念ながら花はこんな感じで足元に(木は背丈が高いので咲いていても見えないかな。)
画像

7時50分、分岐(吾妻耶山と、吾妻耶山中腹コースの)です。
途中、ロープが巡らせれて迂回する所もありました。
もちろん、左の吾妻耶山に進みます。
この時見た、そのまま進む、吾妻耶山中腹コースが私の持っている地図(2006年)にはなく下山時に歩いて来ましたが四角形の三辺を遠回りして歩く感じでした。
巻き道位かなと勝手に思いこんだのが大変な目に会いました。(笑)
吾妻耶山のGPS山行記録を見て下さい。
画像

木の根につかまったりして15分ほど急登が続きます。
画像

途中、コアジサイに癒されました。
茎が紫色しているのが綺麗です。
画像

この道は、はんぱでなくきつい登りの連続でした。
で、下山時はこのコースを歩きたくなかったので中腹コースを選んだのですが・・・・
画像

ようやく傾斜が緩まって、これで山頂かと思ったのですが、なかなか奥が深いようです。
画像

涸れ沢を下って、
画像

標識を見ながら進みます。
画像

やっと平地になってヤマアジサイやカラマツソウが咲く道。
標識に従って進むと、
画像

8時35分、吾妻耶山に立ちます。
大きな三基の石祠が祀られています。
いずれも、麓の村々から寄進されていて由来を書いた案内板があっって1662年に沼田城主の真田伊賀守がここに神社を建立したとありました。
それにしても立派です。
画像

谷川連峰方向には見える山並みが写真付きで示されていました。
画像

左側は木々が生い茂っていますから昨日、登った大源太山は見えないかな?
画像

真ん中の後方に巻機山が少し見えます。
右側が朝日岳、左側が谷川岳でしょうか?
画像

万太郎方向、
画像

そして仙ノ倉山方向でしょうか?
画像

南側は木々の合間からでしたが群馬の山並み、赤城、武尊が見えました。
画像

展望を楽しんで軽食を取って9時20分、下山開始です。
大峰山は展望がよくないと書いてあるので今回は登らずに早めの下山予定でした。
地図には書いてなかったのですが吾妻耶山中腹コースを下山する事にしたのですが・・・・
画像

ヤマアジサイの大群落に感激しながら、
画像

9時46分、赤谷越峠(赤谷峠ではありません。)まで一気に下りてきました。
なんかイメージしていたコースを歩いていないのはすぐに分かりました。
しかし標識には中腹コース(赤谷、高原千葉村方向)と示されているので右に進みます。
そのまま、急登して行くと大峰山に至ります。
画像


画像

途中、どう考えても遠回りなので一度、赤谷越峠まで戻ってGPSとにらめっこしました。
ここから吾妻耶山方向まで登り返すのもさすがに辛いので結局、吾妻耶山中腹コースを歩いて見る事にしました。
遠回りになります。
画像

この標識から赤谷、高原千葉村方向の横に仏岩と出てきました。
一安心して標識に従いますがなんか不安です。
削られ所は熊?
画像

テープもうるさい位、この辺はあります。
標識を見落とさなければ道迷いはありません。
ほとんど削られてしまっていますが仏岩、水上の標示ですからここで右に進みます。
画像

この分岐点の右側に熊のツメ跡で削れた標識に赤谷、高原千葉村方向には進まず(ここで間違ってはいけません。)に吾妻耶山方向に進みます。
樹林の中を登り返しますからここが一番辛かった!
画像

10時37分、やっとこさ、分岐(吾妻耶山と、吾妻耶山中腹コースの)に戻りました。
ここからは来た道を戻る事になります。
(最新の地図にはこのコースが記載されていました。)
しかし一番の疑問はこのコースを歩きながら赤谷、高原千葉村方向から登って来る人、反対に下山する人っているのかな?と言う事です。
画像

仏岩の下から見上げて見ると鎖もあって(下の方は切れていましたが。)上の方まで登れそうでした。
もちろん登らずに戻ります。
画像

下山途中で不思議な花?を見ました。
咲き始めでしたが黄色い花をつけるようです。
画像

ツチアケビ(果実の色や形が、つる性のアケビに似ていることから。)
特徴は葉緑素を持たない腐生植物、
地下茎がキノコのナラタケと共生する。花茎が地面から突き出る、葉は退化して無い。
画像

11時25分、下山。
予想以上に山深く、静かな山歩きが出来ました。
山頂手前で1人の男性に会っただけでした。

道の駅「月夜野矢瀬親水公園」からは町営見晴荘の少し先の登山口までは15分位でアプローチできた事を後で分かりました。
今度は大峰沼から大峰山にスノーシューで登ってみたいと思います。
画像


昨日、立ち寄った猿ヶ京温泉の「いこいの湯」に再訪です。
入口に券売機があって大人300円の入浴券を買って受付台の上にある箱の中に入れます。
昨日もそうでしたが前後して人が入って来る位で空いていました。
時間的にもお昼過ぎで早かったので湯温が高く少し水で薄めて入りました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、こんばんは♪
ふむふむ。これはなかなか興味深い山ですね〜。o(^^o ) ( o^^)o
>三国山の次のページが吾妻耶山・大峰山…。
あーっ、私の持っている本と同じだー。
以前から行こうと思っていた山ですが、これは行かねば〜。
おかげで、コースの様子に注意点も分かりました。(^^)/
クロちゃん
2013/07/24 19:43
仏岩のなんと奇形だこと!
梅雨の晴れ間の静かな山行いいですね
梅雨明け10日のベストシーズンを待っていますが
どうやら8月になりそうですね!

あまちゃん
ご覧になっていますか!
気持ち玉ありがとうございます。
面白くて元気の出る朝ドラですね!
清兵衛
2013/07/24 20:17
こんばんは。
こういう漢字のあづまやさんもあるんですね。
自然のままのあまり手の入っていない山のように感じます。楽しそう。
ここも真田氏なんですね。
カスミッシモ
2013/07/24 20:33
izumiさん、四阿よりこっちの方があずまやさんって読めますよね。
群馬の山は奥深いですね。良いお山のようですが、人が少ないようで、静かな山歩きができるようですね。
こんなに人がいない山なら、冬場に備えて、下見ってこともうなづけます。冬山にいくならやっぱり一度はグリーンシーズンに歩いておきたいものですね。
私は鍋倉の森太郎のいる巨木の谷がどうしても冬と夏が一致しません。全く違う所を歩いているような気持になります。
さえ
2013/07/24 21:22
クロちゃん
おはようございます!
とても奥深くてだんだんと歩きながらいい山だね〜なんて言って歩いていました。
今は木々が生い茂っていますから春先や秋の紅葉の時期がお薦めでしょうか。
冬になるとこのコースから吾妻耶山の急登はちょっときつくなりそうかな?
中腹コースは最新の地図には載っているようですが確かめてはいません。
標識を見落とさないで歩けば問題ないのですが・・・
izumi
2013/07/25 10:04
清兵衛さん
関東は梅雨明け宣言でましたよね!?
梅雨も戻りでしょうか?
今年は我が家ももう少し遠くの東北の山歩きを予定しているのですが8月になってからになりそうですね。

あまちゃん、もちろん見ていますよ!!!
NHKの朝ドラはなんとなく習慣で何時も見始めて「今回はおもしろくないな〜」なんて言いながらも見続けていましたが・・・。
今回は家族全員がはまっています。
夫と息子が途中から参加、結婚した娘も見落とした4月分はオンデマンドで見て、1週間分まとめて見ているそうです。
世代に寄って面白さが違って息子に説明したり、逆に教えてもらったりと親子で楽しんでいます。
で、一日に3回見ている私です。まさにじぇじぇじぇですね。
清兵衛さんの野菜作りには足元にもおよびませんが、
毎年、プランター栽培ですがゴーヤを育てています。
今年は一苗ですがサントリーの高級苗を買って植えました。「ごろごろゴーヤ」ですが面白いほど実がついて食べきれません。
感心しながら収穫しています。
izumi
2013/07/25 10:23
カスミッシモさん
私もこんな山歩きが一番、静かで好きなんです。
しかしこの規模の山は道迷いが起きやすいのも確かです。
帰ってからこの中腹コースを調べて納得したしだいです。
秋もお薦めですが熊が怖いかな・・・

吾妻耶山の山頂に着いた瞬間、石祠の立派さに驚きました。
村外れの石段を上がって来た神社みたいですよね。
izumi
2013/07/25 10:34
さえさん
今年はなるべく新しい山を開拓したくてキスゲも初めての山を探して歩いて来ました。
吾妻耶山もその一つでした。
もう少し、下調べして行けば良かったって所ですが・・・
今はGPSが強い見方ですよね。
こう言う山でこそ実力発揮ですね。
持っていて良かったGPS!!!

私も秋に黒倉から鍋倉山に歩いた時、黒倉の山頂で凄い勘違いをして鍋倉方向から登って来た人に対して「何処から登って来たんですか?」なんてトンチンカンな質問をして笑われました。
izumi
2013/07/25 10:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130721雄大な谷川連峰の山並みが見える吾妻耶山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる