yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130803高妻山 登りは大洞沢沿いに一不動避難小屋経由〜下りは弥勒新道で(後編)

<<   作成日時 : 2013/08/06 16:24   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2

高妻山(2353m) 

時期 2013年8月3日(土)

天気 曇り時々晴れ

駐車場 戸隠キャンプ場(トイレあります。)

行動時間 10時間20分 (休憩を含む)

コース  戸隠キャンプ場6:35-戸隠牧場-登山口6:54-(大洞沢)-氷清水-一不動避難小屋8:47〜8:55-五地蔵岳(1998m)10:13-高妻山12:20〜12:50-六弥勒14:28〜14:41-(弥勒新道)-登山口16:30-戸隠キャンプ場16:55

(前編)からの続きです。

11時5分、早い人は下山して来ます。
画像

11時10分、九勢至から見る高妻山です。
画像


画像

戸隠山方向が見え隠れしていました。
画像

最後の高妻山へび登りは急斜面の直登となります。
下山して来る方達は腰を下ろして一歩一歩下って来ます。
30分以上はこんな感じの登りが続きます。
辛かったのでほとんど写真もありません。(笑)
画像

12時過ぎ、登り切ると頂上稜線にでます。
(下山時の写真です。登り切った時はもうフラフラで写真を撮る元気もなく。)
画像

山頂付近では背丈の低いホツツジが満開です。
画像

トガクシコゴメグサが可愛い!
画像

12時10分、十阿弥陀、立派です。
ここが山頂でも良いのですが・・・
画像

ゴロゴロした大岩の上を歩いて、(これも下山時の写真です。)
画像

12時20分、高妻山です。
本来なら山頂から妙高・火打、北アルプスなど展望抜群だそうです。
ここまでたどり着いた達成感は充分にありました。

数グループの方達も順番に下山。

我が家だけとなりました。
食欲があまりなくおにぎりとグレープフルーツを食べる。(途中で休憩しながら少しづつ食べて来ています。)
30分の休憩中、戸隠山経由で登って来た我が家より年配の夫婦に驚く。
画像

山頂に咲いていた花。
深山男蓬(ミヤマオトコヨモギ)かな?
画像

12時50分、下山開始します。
こんな感じの急坂の下山です。
画像

13時35分、急坂を下り切って振り返ると、
画像

すっかり山頂は雲の中です。
六弥勒までは同じコースを戻る事になります。
画像

14時28分、六弥勒からは急坂の下山となります。
ここで山頂で一緒だった戸隠山経由で登って来たご夫婦に追い付かれます。
バスの時間があるからと言っていたので送りますよと言ったがアット言う間に下山して行って姿が見えなくなりました。(笑)
画像

木の根っこが多く滑りやすいのでこんな感じで下りる所も多々ありますから我が家はゆっくり下山となります。
画像

ブナの大木の中、
画像

展望が開ける所もありますがすっかり雲の中です。
画像

ブナ林の中の下山。
虫が多いのでネットを途中でかぶります。
画像

桧の大木が多く見られる所を通過。
画像

ブナ林の中、沢の音が聞こえ始めて、
画像

16時30分、弥勒新道の登山口に下山。
画像


牧場とキャンプ場の中をのんびりと歩きながら駐車場に着いたら17時前でした。
夏場でしたから歩けましたが日の短くなる秋は我が家には難しくなります。

次の日は黒姫山に登る予定でしたが気力もなく、のんびり過ごす事にしました。

「苗名の湯」に移動。
妙高、火打山に登った帰りに寄った温泉だった事は現地に行って思い出しました。

豊田飯山まで移動して「富倉そば」の支店に。
本店は昼間だけですが支店は夜もやっていますから便利です。

「花の駅 千曲川」に移動。
次の日は朝早くから産直の野菜を買って、地元の方からは採れたての野菜をいただいたりと嬉しいお土産となりました。

野沢温泉に行く案もありましたが今日は「馬曲温泉 望郷の湯」の露天風呂に入って帰宅する事に。
9時前に行ったらたぶん一番かな。
やっぱり夏は露天風呂が気持いいです。

筋肉痛が半端ではなく出ました。
火曜日の今日もだいぶひきましたがまだあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
山頂までの
最後の急登が大変でした。
寝不足で登ったので余計に辛く
大変だった山行を数えろっていったら
高妻と平ケ岳、幌尻岳です。
下山後の温泉は
馬曲温泉 望郷の湯でしたか!
産直の野菜をいただき、アフターが
良かったですね。
清兵衛
2013/08/12 05:56
清兵衛さん
残雪がなくなって、少し前まで大洞沢沿いに登って行くコースが通行止めでした。
登れるようになった事を確認して出発。
みなさん日帰りで登っているので勘違いしていました。
日本百名山の山はやっぱりそれだけの事はありますね。
筋肉痛と達成感でいっぱいでした。(笑)

この周辺は立ち寄ってみたい温泉が多くいつも迷います。
izumi
2013/08/12 14:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130803高妻山 登りは大洞沢沿いに一不動避難小屋経由〜下りは弥勒新道で(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる