yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130825焼走登山口から岩手山へ

<<   作成日時 : 2013/09/03 20:18   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

岩手山(2038,2m) 

時期 2013年8月25日(日)

天気 晴れ一時にわか雨

駐車場 焼走キャンプ場に登山者用り無料Pあり (トイレあり)

行動時間 8時間28分(休憩を含む)

コース 焼走登山口5:12-第2噴出口跡6:44〜7:05-ツルハシ分れ8:08-平笠不動避難小屋9:08〜9:18-岩手山山頂-10:05〜10:15平笠不動避難小屋10:45〜11:45-焼走登山口14:40

岩手山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


前日の夕方に焼走登山口に移動。

岩手山北東部に長さ約3km、幅約1kmに渡って広がっている焼走り溶岩流を横断するように遊歩道(観察路)があるので散策します。
画像




5時12分、今日は早い出発です。
画像

登山届を提出、溶岩流に沿ったミズナラとブナの生い茂る平坦な道です。
展望もないので少し退屈かな。
画像

5時22分、少しずつゆるい登りになってくると溶岩流が見られるようになります。
山頂に雲がかかっているのが見えます。
画像

長い緩やかな登り道です。
最初は馬返登山口から登る予定でしたが昨日の籐七温泉で一緒になった地元の方に天気が不安定なら焼走から登る方がいいかもと言ってもらいました。
画像

6時44分、第2噴出口跡に到着。
画像

霧が出始めていて見上げていますが岩手山は見えません。
画像

後ろに岩手山が見える所ですが・・・・
下山時には良く見えました。
20分の休憩後、
画像

第1噴出口跡を通過した所あたりから、
画像

足元は火山礫となりますから少し登りにくい登山道となります。
画像

霧が晴れて来ると八幡平方向が見えだします。
画像

満開のクサボタンが溢れんばかり沢山咲いている山でした。
画像

砂礫の歩きにくい登山道、ロープが巡らされているのには訳があります。
画像

ピークはとっくに過ぎていましたがコマクサが楽しめる所です。
それでもポツポツと咲き残っていました。
画像

今はオンダテとクサボタンが咲き乱れています。
画像

斜面に白く見えるのはヤマハハコやウメバチソウです。
岩手山の山頂が見えだしました。
画像

ゆるやかなダケカンバの林にに入ると展望はありませんが少し涼しくなります。
8時8分、ツルハシ分れ(五合目)、ここは北側からの上坊コースとの合流点です。
画像

途中、平笠不動までの高度差200mほどの登りですが歩きやすい登山道です。
この辺りで昨夜は小屋泊で今朝、岩手山に登って下山してくる2グループに出合いました。
画像

8時45分、溶岩塊の三十六童人の祠を過ぎると、ひと登りです。
画像

平な遊歩道になって木々の合間から山頂が見えてきます。
画像

ナナカマドやハイマツの低木帯となります。
画像

ソバナ?も満開です。
画像

右に屏風尾根、左側の木々の合い間から平笠不動避難小屋が見えてきました。
画像

9時8分、周り込んでやっと平笠不動避難小屋に到着です。
トイレも小屋内にあって綺麗に管理されています。
画像

平笠不動避難小屋の正面から見た岩手山です。
画像

9時18分、雲が出始めましたが山頂を目指します。
コースタイムで40分です。
画像

振り返ると御釜湖でしょうか?
画像

ウスユキソウ、
画像

オンダテ、
画像

イワブクロが咲き残っていました。
画像

9時50分、山頂もなんとなく見えて来た所で風雨となりました。
斜面で雨具やザックカバーをつけて、
画像

10時5分頃に山頂に立ちました。
雨は止みましたが風が強く残念ながら展望もなくお鉢めぐりも出来ませんでした。
画像

山頂から下山するわずかの距離の稜線歩きは飛ばされそうで怖かった。
画像

10時45分、平笠不動避難小屋に下りて来て休憩。
天候が急変したので小屋で待機している人、山頂からずぶ濡れになって下りて来た人等。
我が家もここで昼食。
画像

11時45分、天気は回復し始めましたが山頂はこんな感じ。
晴れ渡ったらもう一度、登り返す選択もありましたが・・・・
下山します。
機会があったら今度は馬返から登ります。
画像

右側はコマクサが咲く所、左側に黒く見える所は溶岩流が流れ出た所です。
画像

13時24分、第2噴出口跡に寄り道です。
眩しい位に晴れ渡っていました。
見上げて見ると・・・・
画像

岩手山が見えました。
画像


14時40分、ここからは緩やかな登山道となりますから小走りでスピードアップして下山しました。
標高差1500m近くありますから変化に富んでいて歩きごたえのあるロングコースでした。


目の前の「焼走りの湯」は工事中でした。
八幡平温泉郷の「森乃湯」を紹介したパンフレットを配っていたので寄って来ました。
地元の人が多く素朴で良かったです。

これから盛岡まで移動です。

盛岡の「ぴょんぴょん舎」で冷麺と焼き肉を食べて
御酒と南部せんべいを買って早池峰山の登山口に移動します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いいなぁ!東北旅うらやましいです。
ワタシも以前八幡平と岩手山を
セットにして行った記憶です。
でも当時はあんまり記録を残してないので
どっちから登ったのか曖昧で。。。
izumiさんのレポを見ても思い出さないので
馬坂からだったのかなぁ。。。

ワタシが山頂へいったときも山頂は悪天で
ミゾレが降るなかでお鉢巡りでした。

izumiさんはさらに早池峰山へ行かれたんですね。
まだ行ったことがないので楽しみです♪
くっきー
2013/09/04 15:28
くっきーさん
お忙しい所、ありがとうございます。
岩手県は広い・・・実感して来ました。(笑)

我が家は今回はお鉢巡りが出来なかったので機会があれば再訪でしょうか?

「じぇじぇじぇ」ブームで海沿いにも行って見たかったのですがチョット寄り道する距離じゃない事が分かり(それだけ広い事がピント来てない。)あきらめました。

早池峰山はやはり遅くとも8月上旬までに登ったほうがお花も一杯でお薦めでしょうか?
izumi
2013/09/04 17:27
岩手山は未踏です。
馬返登山口からピストン日帰りを考えてましたが!
綺麗だったら
平笠不動避難小屋泊まりもありですかね!
清兵衛
2013/09/09 23:06
清兵衛さん
岩手山、未登でしたか。
最高な登り方は馬返から登って焼走に下山。
もちろんコマクサが咲く時期にですが。
下山後、「焼走りの湯」に入っている間にタクシーを呼んで戻る。(結構。こんな記事も読みました。)
避難小屋、とても綺麗でしたよ。
気になるトイレも掃除が出来るように道具も揃えてあるので臭いもほとんどしませんでした。
この日も小屋泊まりで下山してくる多くの方達に出会いました。
izumi
2013/09/10 09:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130825焼走登山口から岩手山へ yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる