yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20130830〜31伊勢神宮 「お白石持行事」に参加して来ました。

<<   作成日時 : 2013/09/06 16:05   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

伊勢神宮の遷宮にともなう「お白石持行事」に参加して来ました。
伊勢市に住んでいる夫の友達が6月に東京に来た時に久しぶりに夫婦そろって食事をしました。
その時に聞いた今年は伊勢神宮は遷宮の年。
なんとなくは知ってはいましたがそうなんだ〜位でした。

遷宮前の新しい社殿の中まで入れるから是非にと誘われました。

内宮と外宮と誘われましたがさすがに両方は無理なので外宮の「お白石持行事」に参加して来ました。

「お白石持」は伊勢市周辺の町単位で編成された77の奉献団によって組織され、団ごとに何日かに分けて奉献される、江戸時代を始めとする約4百年続く民俗行事。

内宮は7月26日から8月12日、外宮は8月17日から9月1日にかけて週末を中心に行われています。


30日(金)、道も混むので前泊して伊勢入りです。
朝、7時過ぎ、スピーカーから聞こえる声に道に出て見ると、全国各地の神社の氏子からなる特別神領民が参加する「お白石持」が始まっていました。

私達が参加する曽祢町は今日は夕方に町内から出発します。
そして、明日には出発点になる浦口まで奉曳車を練り歩きながら移動させます。
曽祢町は外宮の目の前ですから少し離れた所、と言っても600m位ですが移動です。
画像

10時30分、時間はたっぷりあるので伊勢神宮の内宮にお参りに行きます。
ここは新正殿ですが、
画像

今はもちろん隣りにある社殿にお参りします。
「お白石持」を終えて参拝する全国各地から集まった特別神領民の方達で溢れかえっていました。
画像

参拝を終えた後の楽しみは?
画像

暑い日でしたから抹茶のかき氷の中に赤福と白玉団子がそれぞれ2個づつ入っていました。
おかげ横丁を歩いて、観光です。
画像

内宮と外宮は4キロほど離れています。
外宮まで戻って来て、敷地内にある遷宮館で少し学びます。
14時、他の町内が到着した所です。
画像

準備もありますから一度、戻る途中です。
ここは歯医者さんです。今でもやっています。
画像

息子が思わず買いに入ったパン屋。
画像

こんなお店もありました。
画像

横の路地が賑やかだったので覗いてみると・・・・
画像

17時30分、夕立があったので出発の時間が1時間ほど遅れました。
ともかく全てにのんびりゆっくりしています。
我が友は年齢的に丁度なのでしょうか?町内の副団長を務めます。
20年後は参加出来るかどうかの行事です。
画像

太鼓をたたいて、
画像

御囃子に合わせて踊って、
画像

木やり歌がはじまって、
画像

エンヤアと掛け声をかけて引いて行きます。
途中で木やり歌が入る時は止まります。
画像

20時30分、600m位の距離を1時間30分位かけて移動。
明日はここから出発して外宮に向かいます。
画像

少し遅くなりましたがみんなで夕食です。
「ふくだめ」ってなにかな?と思って註文したら、
「とこぶし」ですね。
画像

これは伊勢うどんです。
呑んで食べて明日に備えます。(笑)
画像



31日(土)、心配していた台風も何処えやらで、暑くて厳しい一日となりました。
なんせゆっくり、のんびりと進行して行きますから前がつかえると休憩となり何度も御茶やスポーツドリンクが支給されます。
画像

2本のロープを合わせて道幅いっぱいに広がって時折綱がうねりだします。
景気付けでやっているようです。
画像

そしてこんな感じで押し合って持ちあげます。
画像

そして時間調節のための休憩の時は綱を片づけます。
画像

こんな時は近くのコンビニに行って時間をつぶしたり前の町内の見学です。
道沿いに仮設トイレも設置されています。
画像

15時15分、外宮前まで到着すると曽祢町の人で一杯です。
綱を引きながら外宮まで来るのは暑さの中、大変ですがここから「お白石」をもらって奉納する事は出来ますから
子供ずれの方や年配の方で溢れかえっていました。
みなさん、タスキが目印となります。
画像

最後はこんな感じで、
画像

スピードをつけて引き込みます。
画像

大幟が何十本もはためき、大相撲の興行会場かと錯覚する華やかさです。
画像

奉曳車も到着。
画像

太鼓の響きがいやでも心を躍らせますね。
画像

奉曳車からお白石が下されて、
画像

ここから木桶ごと天秤棒で吊るされて内に入り、
画像

お白石置場で木桶から出されます。
画像

一ノ鳥居もすでに新設されていますね。
お白石置き場でお白石を一個づつ渡され、白布に石をくるんで参道を進みます。
画像

現在参拝できる外宮前を過ぎた奥に、新社殿があります。
画像

新社殿の敷地にお白石を置き、拝すると言うよりしっかりと見学です。
なんせ、普段でも特別の人以外は立ち入ることができない所ですから。
地元の神領民と呼ばれる多くの伊勢市民の特権でもあり大きな誇りです
こんな素晴らしい行事に参加出来た事に感謝です。
内はもちろん撮影禁止です。
画像

後ろに回って正面に戻って来て終わりです。
画像

そして最後に現在参拝できる外宮にお参りしてすべて終了となりました。
画像


そして、古いお社から新しく建て替えられたお社へご神体が移る(遷御)日時は内宮は10月2日、外宮は10月5日となります。

最近は遷宮年はもちろんですがパワースポットブームで若い女性の参拝が増えてそれに着いて来る若い男性客も増えてともかく賑やかになったと言っていました。(笑)

夕方になりましたがこれから京都の実家に移動します。
ここからはやっぱり近いです。


次の日はさすがに疲れました。
息子は京都市内まで出かけていきましたが私達はのんびりと。
そこそこ有名な、お蕎麦屋さんです。

奥が「はも」で手前が「穴子」のてんぷらです。
画像


亀岡牛のしゃぶしゃぶは東京に帰ってからのお楽しみとなりました。
画像


これで夏休みは終わりです。
変化に富んで楽しかった!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お伊勢さんはパワースポットとして最近異常なにぎわいなので、これからはますますにぎわうでしょうね!楽しいお祭りに参加されましたね。
私も祇園祭りに地元のお家に遊びに行って、普通に見る祇園まつりと違う楽しみをしたのでわかるような気がします。

以前、朝一で近鉄に乗って、朝熊山に登りました。下りてきたらお伊勢さんなのですが、そのにぎわいがすごくて、
山歩きとの落差が大きすぎて、お参りせずに戻ってきた事があります。
当分ゆっくりのお参りは無理でしょうね。
さえ
2013/09/07 07:48
さえさん
朝熊山は伊勢神宮の鬼門を守る寺、朝熊岳金剛證寺なんですね。
とても歴史を感じます。
機会があったら今度、伊勢に遊びに行く時は登山靴を持ってみんなで登りたいと思いました。

「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊をかけねば片参り」。
伊勢音頭の一節にもあるようですね。
izumi
2013/09/09 21:25
東北の山旅から戻られてすぐお伊勢さんでしたか(^^ゞ
東北の山は相変わらずお天気が良くなかったのですね。
私達もほとんど遠望が利きませんでした。
でも良い山に登られて、温泉も良いですね。
sanae
2013/09/13 21:11
sanaeさん
お返事が遅くなりました。
3連休、我が家も少し遠出をしましたが山歩きは土曜日だけで日曜日は午前中に温泉に入って地場産の野菜をたっぷりと買って夕方までに帰宅。
月曜日の午前中は自宅で台風が通り過ぎて行くのを待っていました。
昨日の火曜日は友、遠方より来たる(飛行機が飛んで良かった!)で浅草、スカイツリー、夜はディズニーシー。(ランドは子供が小さかった時に何度か行っているので。)
平日なのに何処も激混みでした。
足は疲れませんかひとごみの中でくたくたでした。(笑)

今冬も、もう少し東北応援の山歩きが続きそうです。
izumi
2013/09/18 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
20130830〜31伊勢神宮 「お白石持行事」に参加して来ました。 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる