yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140308霧氷と樹氷が楽しめた湯ノ丸山

<<   作成日時 : 2014/03/11 12:32   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

湯ノ丸山 (2101m)

時期 2014年3月8日(土)

天気 晴れ時々曇り

駐車場  湯ノ丸スキー場 (無料です。トイレあり。)

行動時間  5時間20分 (休憩を含む)

コース  湯ノ丸スキー場(地蔵峠)9:05-キャンプ場前9:35-中分岐-鐘分岐10:40〜10:55-湯ノ丸山11:50〜1155-北峰12:10〜13:05-湯ノ丸山13:15〜13:20-湯ノ丸スキー場(地蔵峠)14:25

湯ノ丸山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

画像

北峰から湯ノ丸山山頂を望みます。
八ヶ岳が薄ら見えました。


湯ノ丸山には2008年3月8日の晴天の日に登っています。
2012年2月4日は烏帽子岳から湯ノ丸山に登り返しています。

今日は湯ノ丸山の隣りの角間山に登る予定でした。
2011年1月8日角間山に登った時は新雪のラッセルの中、山頂に立てませんでした。
リベンジだったのですが 湯ノ丸スキー場の(地蔵峠)から鹿沢温泉方向に下って行くと、除雪はされていましたが積雪量が半端じゃありませんでした。
角間山登山口の駐車場も雪に埋もれていました。
もちろん登山口も雪壁におおわれていました。
反対側の桟敷山に登る事も考えましたが駐車場周辺の旅館「わたらせ」あたりも除雪された雪で埋もれていました。
これは絶対に無理と判断して湯ノ丸山に変更しました。


1月下旬から始まったキッチンのリフォーム。
前後に行われた、電気工事、床のクリーニング、壁紙の張り替え等が終わったのが2月上旬。

2月は4連休にして蔵王行きを予定していましたが大雪の為に中止。

2月22日は京都にいる母が米寿を迎えて、箱根でお祝い会でした。
画像

(ひ孫4人を含めて16人出席、仕事や卒業試験中、留学中等で5人は欠席)
私が前後、東京の雪予報を気にしながら、母を京都に迎えに行きました。
帰りは東京駅までで十分と母は言っていましたが・・・送って来ました。
帰って来たらさすがに疲れが出て咳風邪をひきました。
今回、私が幹事でした。



やっと、2か月ぶりの山歩きです。

9時5分、スキー場を登って行くのもつまらないのでキャンプ場経由で中分岐から登って鐘分岐から湯ノ丸山をめざします。
遅い出発にもかかわらずトレースがないので最初から軽いラッセルとなりました。
画像

湯ノ丸山は見えていますから適当に木々の間を登って行ったらいいのですが・・・・
画像

登りは、GPSを見ながらなるべ夏道に近い所を登って行きました。
画像

今日は登っている人がいないのかな〜?と思いながら軽いラッセルですから私は後から着いて行きました。
画像

10時35分、鐘分岐にやっと出ました。
画像

湯ノ丸山方向を見上げると20人近いグループが登り始めていました。
我が家はここで15分の休憩です。
単独で登って来る人も皆さんスキー場からです。
画像

周りの木々は霧氷状態です。
画像

青空と霧氷の景色を楽しみながら登って行きます。
画像

振り返るとスキー場と黒斑山、前掛山の後ろに浅間山が見えます。
画像

20人近い女性のグループは皆さんツボ足でした。
ストックを持っていない人も数人いて登るのに苦労していました。
そして、数人の方が後ろについて登っています。
画像

私達はヒールを上げてスノーシューで登っています。
画像

追い抜くには人数が多いので皆さん後からゆっくり登っていま。
画像

山頂を見上げながら、
画像


画像

強い風に耐えながら登って来ました。
画像

11時50分、山頂に立ちました。
画像

山頂写真は帰りに撮る事にして、
画像

展望もまずまずなので北峰に移動する事にしました。
皆さん多くがここで引き返します。
画像

西側に烏帽子岳を見ながら、
画像

可愛い樹氷状態の木々を楽しみながら、
画像

風が吹き抜ける稜線ですから樹氷となります。
画像


画像


画像


画像

12時10分、北峰から見る烏帽子岳です。
画像

北側には四阿山と根子岳が見えます。
手前に今日、登る予定だった角間山、右に鍋蓋山が見えます。
画像

西側の烏帽子岳の後ろには北アルプスの山並みが見えました。
画像

浅間山も1時間近い休憩後には綺麗に見え出しました。
画像

13時15分、湯ノ丸山に戻って、
画像

浅間山を見ながら、
画像

下山開始です。
画像

後ろの2人はスキーですが最後まで前後して鐘分岐まで、一緒に下りて来ました。
画像

踏み荒らされた斜面です。
画像


下山はキャンプ場経由の方もそこそこいました。
14時25分、我が家も少しですがショートカットして林間の中を下山しました。

日帰り温泉はお気に入りの信州・東御市の「湯楽里館」 へ。
八ヶ岳の山並みを見ながら入るお風呂です。

その後は道の駅「雷電くるみの里」へ移動です。
地ビールが売っていて食堂も朝7時から夜も19時まで営業しています。
お蕎麦も手打ちが食べられますし定食も私には量が多すぎる位です。

今日はここで車中泊して明日は予定を変更して八ヶ岳を眺める事にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
雪山、美しいですね〜
たくさんの人が登っていますね。
久しぶりの山歩き。気持ち良さそうですね。気持ちが晴れ晴れとします。
カスミッシモ
2014/03/11 19:06
izumiさんお久しぶりですね。お元気で良かったわ。
このあたりは私も行ってみようと地図を広げていたのですが、来年に持ち越しです。
すてきな雪景色ですね。来年は絶対、じかに見てみたい!(鬼笑)

車で京都2往復?タフね!

ぼちぼち花も気になる季節になりましたね。
さえ
2014/03/12 07:37
カスミッシモさん
色々とあって、気が付くと2か月ぶりの山歩きでした。
都心の大雪の為に山歩きが中止になるなんて考えられませんよね。
蔵王の樹氷もさすがに無理かと思ったら3月8日(土)に登っている方のブログを見たらとても立派でした。(笑)

湯ノ丸山も何度か登っていますが雪の量は多かったです。

今年はいつまでたっても春になりませんね。
izumi
2014/03/12 10:49
さえさん
家の中のリフォームは大変な事が分かりました。(笑)
快適なキッチンになって信じられない位ですよ。

88才の母ですから車での往復は無理です。
新幹線で楽々移動です。
京都まで2時間20分ですからお弁当を食べて本を読んでいたらあっという間ですね。
私、兄と弟の3人ですから私がなんだかんだと今回はお世話役になりました。
一番、気がかりだったのがお天気でしたね。
ホント、晴れて良かったです。

湯ノ丸山周辺は浅間山はもちろんですが魅力的な山が多く、季節を変えて比較的ですが楽に登れる山が多いと思います。
我が家もそこそこですが登って来ていますね。

次の日はここから南下して急遽、飯盛山に登って来ました。
あまりの雪の多さにビックリしました。
izumi
2014/03/12 11:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140308霧氷と樹氷が楽しめた湯ノ丸山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる