yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140329安達太良山系最高峰の箕輪山から鉄山手前までスノーシューで

<<   作成日時 : 2014/04/01 16:29   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

箕輪山〜鉄山手前まで(安達太良山系)(1728m)

時期 2014年3月29日(土)

天気 晴れ

駐車場   箕輪スキー場(無料、トイレあり) 
       Cリフト(600円) リフト券売場へ登山届けを出して下山報告をするように言われました。


行動時間  6時間50分(休憩を含む)

コース   箕輪スキー場(標高1050m)8:35-Cリフト8:43-箕輪山10:25〜11:10-鉄山避難小屋12:23-鉄山手前12:34-鉄山避難小屋12:38〜13:20-Aリフト乗り場14:25-Cリフト乗り場14:43-箕輪スキー場15:25

箕輪山〜鉄山手前までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


箕輪スキー場のリフトに乗って、安達太良連峰の北端にある箕輪山と鬼面山を周回する予定でした。
Cリフトに乗って1379mの所から出発となりました。
丁度、夏道に沿って登って行く感じです。

B、Aリフトと乗り継ぐと1470mまで登って来れますが3月21日でAリフトは終了していました。


8時45分、Cリフトを下りてまず吾妻連峰が目の前に広がります。
画像

箕輪山は目の前にそびえています。
GPS山行記録jからも分かりますが少しAリフト終点地方向に歩き出しましたが戻って夏道に近いコース取りをしています。
画像

少し登って来るとここだけでしたがテープが数か所ありました。
不思議と人間が付けたテープを見つけるとホットします。
振り返ると磐梯山も見えます。
画像

北側には下って行く予定の丸い形をした鬼面山(1481.6m)が見え出しました。
画像

広いなだらかな所から山頂を見ながら登って行きます。
途中から先行している方のトレースに合流しました。
画像

足を止めては振り返って西側に箕輪スキー場、その後ろに磐梯山、飯豊連峰、
画像

北側には吾妻連峰の吾妻小富士から西吾妻山まで全部見渡せます。
画像

9時40分、登り始めて1時間位です。
急登になりますが雪はしまっていてもちろん凍っていませんからスノーシューのヒールを上げて、少し沈みながらザクザクと登って行きます。
画像

今日は途中で前後しながら交代でコース取りをしながら登って来ました。
広い所を登りますから、新旧のトレースが残っていて合流します。
画像

振り返って写真を撮ったりしているとこんな感じで遅れてしまいます。
磐梯山を背にして登っています。
画像

10時13分、山頂は近そうに見えますが・・・
画像

10時20分、広い山頂に出ました。
画像

山頂はもう少し南東に進んだ所かな?
2006年11月4日の晩秋に箕輪山から鬼面山 へと周回しました。
比較すると面白いです。
画像

山頂の南側の左から安達太良山、少し手前に鉄山、和尚山、船明神山が望めます。
画像


画像

山頂の西側、磐梯山を背に立ちます。
画像

広い山頂で東側を背に立っています。
画像

風を避けてこの景色を見ながら軽食を取りました。
山頂で休憩しているとあちこちから登って来るグループがありました。
その中でスキー、スノーボード、スノーシューの方達の数人は南側に見える鉄山避難小屋に向けて下って行きます。
画像

11時10分、天気も安定しているので我が家も鉄山避難小屋を目指す事にしました。
沼ノ平の火口を見に行く事にしました。
目の前の夏道を途中まで下りて来た所ですが・・・
画像

標高を下げて来ると、踏み抜きが多くなって、途中で雪がなくなって、スノーシューをぬいだりと大失敗でした。
画像

GPS山行記録からも分かりますが途中からコースを変更して雪の斜面を歩きました。
画像

箕輪山を振り返って右側の少し黒く見える夏道を途中まで下って来ました。
左側の雪で白い所を下って来れば良かったのに・・・
画像

このコースも天気が良くないと怖い所ですね。
画像

箕輪山と吾妻連峰を振り返ります。
画像

12時23分、鉄山避難小屋手前に出ました。
画像


画像

左から鉄山避難小屋、鉄山、安達太良山、和尚山、船明神山と。
画像

左から鉄山、安達太良山、
画像

和尚山、馬ノ背、
画像

船明神山、障子ヶ岩と続きます。
画像

そして、西側には磐梯山。
画像

北側には吾妻連峰。
画像

鉄山に向けて進みますが立っていられない位の強風となりました。
カメラを構えている手がぶれます。
画像

沼ノ平の火口がより見えてきたので、この辺で戻る事にしました。
この景色が見られれば十分です。
画像

予定を変更して、鉄山避難小屋を目指して来て良かったです。
画像

久しぶりの山歩きでしたから筋肉痛がもう出始めました。
画像

12時38分、鉄山避難小屋で昼食にします。
窓から出入りします。
画像

13時20分、もちろん箕輪山を巻いて下山します。
少し西側に見えるしゃくなげの塔に寄り道して来ました。
2006年6月に安達太良山に登った時はこの先の胎内岩まで足を延ばしています。
画像

名残惜しいのですが下山します。
画像

箕輪山と吾妻連峰を見ながらの下山となります。
画像

箕輪山の西尾根を巻いて箕輪スキー場Aリフト山頂駅をめざします。
画像

最後は若干登り気味に進み、
画像

振り返ると鉄山避難小屋も左に小さく見えます。
画像

14時25分、Aリフト山頂駅まで下りて来ました。
急坂でしたからスノーシューのエッジを利かせます。
画像

青空の中の下山でした。
Aリフトは終了していますからなだらかなスキーコースを下って、
画像

14時43分、Cリフト乗り場にでました。
ここからはコースの端を下ります。
画像

15時25分、ブナの木々を見ながら箕輪スキー場に戻りました。
画像



お気に入りの土湯温泉の共同湯に行きました。

私達が地元じゃないのが分かるので水道の蛇口栓を渡してくれて熱かったら使って下さいと言われました。(使いませんでした。)
少し熱めのお湯ですが素朴な感じが好きです。


明日はひょっとして雨ではなく雪にならないかと思って裏磐梯ビジターセンターに移動しました。
ここの斜め前にイタリア料理の「イル レガーロ」がお気に入りです。
もちろん歩いて行けますからお酒も飲めます。
車中泊しましたが残念ながら朝から小雨が降っていました。

佐野藤岡にあるアウトレットに寄って夕方までに帰宅しました。
まだまだ残雪歩きが出来そうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
御主人もう風邪完治されたようですね。

この辺りは検討の付かない山並みです。広い山頂は素敵ですね。
でも風が強いと怖いですね。
共同浴場にイタリアン、車中泊でアウトレット楽しそうですね。

残雪も名残惜しいけど、花の季節もはじまってますよ!
さえ
2014/04/02 07:56
東京から福島県のこの辺までなら高速で260キロ位ですから我が家はお気に入りの山域です。
周りは百名山(安達太良山、磐梯山、西吾妻山、飯豊山)ばかりですから自分が登った山を眺められて楽しかったです。

今回は残念ながら車中泊でしたが旅館、ホテルも数多くて温泉が充実しています。
関西からは東北は遠いですよね。

天気予報を見ながら悩んでいます。
週末が近づいてきましたね。(笑)
izumi
2014/04/02 17:20
こんばんは。
高速で260kmですと、遠いとは思いますが日帰り出来そうですね。
6月に圏央道の高尾山ICと海老名ICが繋がるので少し短縮されます。
もうスキーも終わりに近づいているのですか。人が少なそうですね。
日帰りでこんなに楽しめるんですね!
カスミッシモ
2014/04/06 21:20
カスミッシモさん
圏央道、いよいよですか!!
山梨、長野方面や群馬、新潟、東北方面へと便利になりますが・・・・
高速料金の割引も少なくなって、ガソリンも「なんとか税」とか言って値上がりしてチョット遠出には辛い新年度となりました。

天気も良く、春休みなのに、少ないですよね。
この周辺で一番人気のスキー場は猪苗代からアプローチするスキー場のようですね。
それこそ、たくさんあります。

本来なら晴れの日の(と、言ってもなかなか天気が安定しなしのですが。)2、3月のもう少し寒い時期の方が樹氷も見れて素晴らしいのですが・・・

これからのお花の時期もそれはそれは素晴らしいですよ。
izumi
2014/04/07 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140329安達太良山系最高峰の箕輪山から鉄山手前までスノーシューで yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる