yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140413六万騎山(南魚沼市)はカタクリが満開でした。

<<   作成日時 : 2014/04/15 14:10   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

六万騎山(321m)

時期 2014年4月13日(日)

天気 晴れ

駐車場 地蔵尊登山口(トイレあり)  庚申塔登山口(両方の登山口まで歩いても5分、0,4qです。)

行動時間 2時間 (休憩を含む)

コースタイム 地蔵尊登山口8:10〜8:20((登山口で写真撮影)-六万騎山8:50〜9:40-庚申塔登山口10:05-地蔵尊登山口の駐車場10:10

画像

カタクリと山頂を見上げます。


六日町カタクリ保存会の地図を参考に一昨年の4月下旬に坂戸山にも登りました。

六万騎山は標高が低いので今が見頃でした。

8時10分、地蔵尊登山口から登り始めます。
雪囲いされているお堂を見ています。
今日、これから山頂にかけて地元の方達が雪囲いを取り除く作業が行われる事は知りませんでした。
画像

4、5台置ける駐車場は満杯で道沿いに2台路駐となりました。
まさか、こんな所で取り締まりはないと思いますがチョット不安で振り返っています。
10時過ぎに戻った時は多くの車が列をなしていました。
画像

歩き出した山の斜面に多分、保護されていると思いますが雪割草が株は小さいのですが多く見られました。
この写真は戻ってから日のあたっている時に撮りました。
画像


画像


画像


画像

カタクリも斜面にいっぱいに咲いていました。
画像

そして、コシノコバイモもあちこちに咲いています。
画像

スミレは種類が多く、
画像

みんなスミレです。(笑)
画像

そんな訳で登り口から立ち止まって観察中です。
スミレも種類が多く、キクザイチゲ等多くの花が見られました。
画像

8時20分、お花の写真は下山してからゆっくり撮る事にして、山頂に向かいます。
階段が多いです。
画像

日が照り出してカタクリも花弁を開きます。
画像

足元に気をつけながら進む事になります。
画像

振り返ると、六日町と魚沼川が見えます。
田畑に雪が残っていて桜の蕾もかたく開花にはまだ時間がかかりそうです。
画像

登山道は歩きやすく、道の両脇には、
画像

こんな感じで山頂までカタクリが咲いていました。
画像

8時50分、山頂に立ちました。
画像

山頂、南側は右から五日町市内、魚沼川、関越道も見えて、枡形山、中央に坂戸山、六日町市内が広がり、金城山、巻機山とつながります。
左側手前は野際城跡です。(クリックして見て下さい。)
画像

坂戸山、金城山、巻機山にズームです。
画像

東側は木々の合間から八海山。
画像

北側は多分、守門、浅草岳が見える。
画像

ベンチのビニールシートを取り除いて、
画像

座れるようになったので休憩です。
今日は「スィ−ツタイム」です。
昨日の残りですが・・・・
画像

9時40分、鐘も鳴るようになったので一突きしてきました。
右にいる女子はこの山でトレーニング?しているようで登り返していました。
両方のコースから多くの方が登って来てみなさんご挨拶。
地元の方が多いのです。
下山します。
画像

321mの山ですが雪が深い事がわかりますね。
画像

そして根本には一面のカタクリが咲いています。
画像

日差しを浴びて開き始めています。
画像

下山道も階段が多く歩きやすいのですが私はその後、久しぶりに筋肉痛が出ました。
道の両脇に注目です。
画像

一面に咲くカタクリです。
画像


画像

一部、雪が残っていましたがぬかるんだ所もなく快適な山歩きが出来ました。
画像

残雪の山を眺めながらふと見るとタムシバも咲き始めていました。
画像

愛宕大権現の祠とカタクリ。
画像

10時5分、庚申塔登山口から見上げた所です。
こちらにも多くの車が駐車していました。
画像

こんな立て看板が登山口にあったので、寄り道をする事になりました。
画像

車を止めた地蔵尊登山口まで歩いて5分です。
画像

10時10分、地蔵尊登山口に戻って斜面のお花の写真を撮りに行こうと思って見ると、すっかり雪囲いが外されていました。
ご苦労様でした。
画像

寄り道をした所は「魚沼の里」です。
看板に「そば屋長森」と書いてあったので寄って見ました。
雪室でお酒「八海山」を貯蔵している所が見学出来ます。
「雪室千年こうじや」では、発酵した食品、雪室貯蔵したお菓子、野菜等、もちろん八海山も購入できます。
「さとや」では酒まんじゅう、バウムクーヘン等、なんだかんだと購入して最後にもちろんおそばも食べて帰途につきました。
画像

少し車を走らせた所に「欅苑」がありました。
2009年10月に守門岳に登った帰りに寄った所です。
地元で採れる季節の食材を使って丁寧につくられた料理でした。
珍しく?夫が思い出しました。
画像

帰り、関越道から見る谷川連峰です。
画像


春山歩きの始まりです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、いよいよ花の時期ですね。
新潟と福井って日本海つながりで似ているんでしょうか?
もっとも雪割草の量は違いますが、カタクリの絨毯は同じようですね。
長野、群馬当たりもちろん新潟もあまり知識が無く、今週末は
どこが良いのか悩める所です。
この土曜日は八島湿原に行ったのですが、もちろん花はあきらめていたけど、
簡単にのぼれても標高的に花はまだまだの時期ですね。
景色は良かったです。
どっちにしても今の所、新潟までは足を延ばせません。
さえ
2014/04/15 15:48
さえさん
おはようございます。
山歩きを始めた頃は奥高尾や奥多摩あたりで春になったらカタクリを探しながらの登っていました。
見つけられればラッキー位で、ほんの数本咲いている状態です。
やはり雪深い日本海側ならではの景色ですね。

雪割草は盗まれるのでしょうね。
この角田山でもみんなで保護しています。
毎日のようのこの山に登って保護している男性に今年も出会いました。
道沿いには侵入禁止の紐が何処も張ってあります。
その脇に雪割草の株を移してあえて植えているそうです。
そうすると中まで入って雪割草を探す人が少ないですからね。
で、今年は道沿いで十分楽しめましたが時期的には遅くても、3月下旬までに見に来なきゃダメとこのおじさんに言われました。

新潟って上越から下越まで260キロ以上あって山形県に近い所は飯豊山や磐梯山に登った帰りに、鍋倉、妙高、雨飾山の帰りにも海側に出て我が家は海の幸を楽しみます。
毎週、そろそろ天気予報が気になって今週はなんだか微妙ですね!!
izumi
2014/04/16 11:04
ステキーステキーステキー!
六万騎山も角田山も
インレッドさんのレポを見て毎年あこがれてる山です!
izumiさんの写真もステキですね♪
ますます憧れが強くなってしまいます。
標高は低いのにまだ残雪があるなんて
関東の山だったら考えられない。
さすが豪雪地帯の山ですね。
雪割草が色とりどりで、関東の低山よりも
バリエーションが多そうでかわいいですね。
来年こそはワタシも。。。
くっきー
2014/04/17 19:27
こんばんは。
ちょっと開き加減が趣があっていいですね。
開花し始めでしょうか、それとも夜は閉じて朝に開くのでしょうか。
この開き加減が気に入りました。
カスミッシモ
2014/04/17 20:40
クッキーさん
こんばんは!
この時期に新潟の山は未登ですか!
この時期から5月の連休にかけて残雪とお花が素晴らしいので我が家は気に入っています。
新潟市内と魚沼市とではずいぶんと雪の量も違いますね。
桜も魚沼あたりだと連休前後のようです。

これからこの辺の山はイワウチワが楽しめますからこれからでも遅くないですよ!!
izumi
2014/04/17 23:08
カスミッシモさん
雪割草はカタクリと違って夜は閉じないと思います。
魚沼は新潟市内の角田山より季節はまだまだやっと春が来たって所です。
321mの山ですが咲き始めですね。

お花の写真は光がささないとダメですから晴れの日をねらって行きます。
なかなかジャストタイミングには行けません。
izumi
2014/04/17 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140413六万騎山(南魚沼市)はカタクリが満開でした。 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる