yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140518花と大展望の越後湯沢の飯士山、鋸尾根を行く!(前編)

<<   作成日時 : 2014/05/21 18:39   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

飯士山(1111,5m.)

時期 2014年5月19日(日)

天気 曇り後晴れ

駐車場 東山フィシングパーク内(神弁橋を渡った所)の河川敷方向に停めるようにと下山して来た時に言われました。(簡易トイレあり。)
 
行動時間 7時間45分 (休憩、移動時間を含む)

コースタイム 神弁橋登山口7:00-標尾ノ頭8:35-南峰10:10-飯士山山頂10:30〜11:35-南峰11:55-飯士山登山口(標高700m)12:38-ゲレンデを下る-岩原登山口13:10-車道を歩く-神弁橋登山口14:45

(車道歩きは約1時間位で戻れますが、私達は岩原登山口で下見に来た方に説明したり、途中の公園でトイレ休憩、橋を渡る所で間違って引き返したりと。)

飯士山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


飯士山「は越後湯沢を代表する名峰で「上田富士」とも呼ばれています。

今回は神弁橋を渡った所に、登山口の道標がある鋸尾根コースを歩いて来ました。
下山は南峰から岩原スキー場に向けて下って戻りました。

道の駅「みつまた」に前泊したと思っていた所は、斜め手前にあった「かぐらスキー場」の駐車場でした。
とても広くて多くの車が前泊していたので不思議に思っていました。


7時、車を止めた目の前に登山口があります。
画像

最初は沢沿いに進みます。
画像

直ぐに、杉林の急坂となります。
お恥ずかしい写真ですが伝わりますね。
このコースはロープがこれから多くでてきます。
画像

ブナの大木が道を狭めていますから慎重に進みます。
画像

足元にはホウチャクソウ
画像

イカリソウ
画像

チゴユリ
画像

ヤマツツジも咲きだしていました。
画像

ウコンウツギも多く見られました。
画像

7時28分、歩き出して30分位で第一休憩所、山頂まであと、2時間30分とあります。
今回、登山口から山頂まで、丁度コースタイム3時間30分で歩いてきました。
画像

昨日は雨でしたから足元に散ったミツバツツジです。
画像

今日は曇り空、暑くなく快適です。
前方に見えるのが山頂です。
画像

足元にはすでに咲き終わったイワウチワが多く見られがっかりしながら登っていましたが・・・
画像

やっと咲き残っていたイワウチワを見つけました。
画像

8時35分、標尾ノ頭付近です。
これから進む鋸尾根と飯士山が見えます。
画像

この景色を見ながら、最低鞍部まで下ります。
画像

前方に見えるのが鋸尾根です。
この辺からタムシバが咲きだしていました。
画像

湯沢の町並みが見えます。
画像

鋸尾根はこんな感じで乗り越えて行きます。
画像

下りはロープが張られていますから慎重に。
画像

一息をついて見上げると山頂方向が見えます。
画像

下から見上げるとこんな感じです。
画像

右側から巻いて、
画像

道幅の狭い所を進みます。
画像

私が立ち止まっている所に、
画像

シャクナゲが見られました。
画像

前に立ちはだかる大岩は、よく見ると赤ペンキで進む方向が示されています。
画像

見た目ほど難しくなく、
画像

こんな感じで大岩を巻いて来ました。
画像

このロープはなくても登れます。
画像

シャクナゲ満開の尾根道を歩いて来ました。
画像

足元には咲き残っていたイワウチワと
画像

イワナシが咲いていました。
画像

こんな感じで下ったり、
画像

ロープを持って下る所もあります。
画像

ロープを持って登って来ると、
画像

湯沢の町並が見えます。
画像

ムラサキヤシオでしょうか?
画像

前方、ブナ林が見え始めると、
画像

芽吹き始めたブナ林の中を進むことになって、ホットしています。
画像

10時10分、南峰に出ました。
下山時はここから岩原場コースを下る事になります。
画像

左前方に山頂が見えてます。
画像

振り返ると大展望です。
画像

ここまで来ればもう一息ですが・・・
画像

ここから両脇はイワウチワ満開の登山道となりました。
画像

薄いピンク、
画像

白に近い花びら、
画像

濃いピンク、
画像

一株から多くの花が咲いています。
画像

しばしの撮影タイムとなりました。
画像

もちろんイワナシも満開でした。
画像

10時30分、山頂直下のロープです。
画像



山頂と下山道の様子は(後編)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
岩場や急斜面があって大変そうです。
でも、花がたくさん咲いていて嬉しいですね。越後湯沢を代表する名峰ということは、登山者は多いのでしょうか。
若い頃、石打や湯沢やみつまたかぐらにスキーに行きましたが、山歩きはしていません。ですから山の名前はほとんど分かりません。
カスミッシモ
2014/05/21 21:48
カスミッシモさん
山と渓谷社「新潟県の山」に紹介されているコースです。
決して、インレッドさんが登っているコースではないのですが、予想以上に終盤の鋸尾根は歩きがいがありました。
安定した天気で良かったです。
山頂で休憩中、北側の尾根コースから7人のグループが登って来ました。
下山途中も数人のグループに出会いました。
山頂で何度も登っている方がいて今日は少ないほうだと言っていました。
越後三山、巻機山、谷川連峰と周りに有名な山が控えています。
izumi
2014/05/22 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140518花と大展望の越後湯沢の飯士山、鋸尾根を行く!(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる