yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140518花と大展望の越後湯沢の飯士山、谷川連峰を眺めながら岩原コースを下る。(後編)

<<   作成日時 : 2014/05/21 18:40   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

飯士山(1111,5m.)

時期 2014年5月18日(日)

天気 曇り後晴れ

駐車場 東山フィシングパーク内(神弁橋を渡った所)の河川敷方向に停めるようにと下山して来た時に言われました。(簡易トイレあり。)
 
行動時間 7時間45分 (休憩時間を含む)

コースタイム 神弁橋登山口7:00-標尾ノ頭8:35-南峰10:10-飯士山山頂10:30〜11:35-南峰11:55-飯士山登山口(標高700m)12:38-ゲレンデを下る-岩原登山口13:10-車道を歩く-神弁橋登山口14:45

(車道歩きは約1時間位で戻れますが、私達は岩原登山口で下見に来た方に説明したり、途中の公園でトイレ休憩、橋を渡る所で間違って引き返したりと。)

鋸尾根を登って来ました。

10時30分、ロープを伝いながら
画像

山頂に立ちました。
岩原コース、北側から尾根コースで登って来た方と山頂は数人ですが少しにぎわっていました。
画像

この時は上空にはまだ雲が立ち込めていましたが、
画像

1時間の山頂滞在で見え出しました。
画像


画像

巻機山方向
画像

谷川岳方向に、
画像

ズームです。
画像

平標山方向
画像

苗場山方向
11時35分、岩原スキー場に向けて下山開始です。
手前が登って来た鋸尾根です。
画像

南峰手前で、日差しで輝くイワウチワを鑑賞です。
画像

南峰分岐から少し下がった所にショウジョウバカマの群れがありました。
画像

岩原コースは谷川連峰を見ながら下山となりますから退屈しません。
画像

白いイワウチワも見つけました。
画像


画像

多くのタムシバが咲いていました。
画像

急坂を下りますからロープが多くつけられています。
画像

雲が晴れて素晴らしい展望となりました。
画像

もう少し粘って山頂にいれば良かった所です。
画像

この展望を見ながら岩原コースは下れますからお薦めですね。
画像

ちろんシャクナゲや、
画像

イワナシは足元に咲いています。
画像

新緑がまぶしい下り坂の連続です。
画像

ロープ伝いながら下っています。
画像

標高は下げて来ましたがこの展望です。
画像

振り返ると飯士山が見えました。
画像

12時38分、飯士山登山口(標高700m)には、こんな感じで下ります。
画像

ゲレンデを、やや右側に向かって行きます。
画像

車道を歩きながら鋸尾根から続く山頂を見上げています。
画像

リゾートマンション群の合間から見る鋸尾根から続く山頂。
画像


途中、公園や河川敷沿いを歩く所が多く、歩道もあります。
公園内に足湯があってトイレも数か所にありました。
のんびり戻る事になりましたがコンビニは見当たりませんでした。

14時45分、車の所の戻りました。

「駒子の湯」には初めて寄りました。
混み始める前でゆっくり出来ました。

そして、越後湯沢「しんばし 」でへぎそばと天ぷらの盛り合わせを食べました。
本格的で大満足でした。

新潟の山はいつも期待以上で、素晴らしい山歩きが出来ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさんの行かれる山は良くローブや岩場が出てきますね。
初日はのんびりそうでしたが、二日目はロングですね。
最近は短いコースばかり歩いているので、7時間以上山の中におられるのに敬服します。
イワウチワは私の大好きな花です。赤坂山近辺のはトクワカソウと云います。
どこかに切れ込みがあるとかないとかで、私は違いを確認した事がありません。
さえ
2014/05/22 14:01
さえさん
新潟の山は雪深いですから春になるとこんな感じでお花で埋め尽くされますね。
多くの山は標高差があるので結構、辛いんですよ!!

わかります!
イワカガミも細かく分かれているようですが私はそこまでこだわりません!!(笑)



izumi
2014/05/22 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140518花と大展望の越後湯沢の飯士山、谷川連峰を眺めながら岩原コースを下る。(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる