yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140503赤坂山はイワカガミが満開でした。

<<   作成日時 : 2014/05/12 14:13   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

赤坂山(823,8m)

時期 2014年5月3日(日)

天気 晴れ後にわか雨で強風

駐車場 マキノ高原キャンプ場手前(トイレあり)

行動時間 5時間15分 (休憩時間を含む)

コースタイム 駐車場7:20-赤坂山登山口7:45-武奈ノ木平8:41〜8:51-粟柄越9:49-赤坂山山頂10:00〜10:40-赤坂山登山口12:20- 駐車場12:35

赤坂山までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


前泊した道の駅「くつき」から距離にしたら25キロ弱です。

7時過ぎに駐車場に着いた時、駐車場案内の方がいて登山客はこの駐車場に停めるようにと案内されました。
予想していた以上に人気の山なのかな?
最初は登っている人いるのかな?なんて思いながらアプローチでした。
この山はブログ友のさえさん(関西在住)の記録で頭の隅に名前だけは記憶にありました。

7時20分、ともかく登って行く人が多いのでびっくりするやら少し安心して歩き始めました。
画像

7時45分、オートキャンプ場の中を歩いて登山口に到着です。
この時間では数張りのテントでしたが下山して来たら、満開のテント場でした。
画像

いつも記録として写真を撮っているのにこの日はなぜか写真がなく下山時の階段の様子です。
登り始めからこの階段でした。
それが結構、続いていて、このコースで一番辛い所でした。(ショックで写真も撮るのを忘れた?)
画像

8時12分、穏やかな上り坂になって少しほっとしながら歩いています。
画像

足元にはチゴユリが咲いています。
画像

見上げると高島トレイルの一部になる赤坂山周辺の山並みでしょうか?
画像

ふと足元を見るとイワカガミ。
これから登って行く山一面に咲いている事は知りませんでしたからここでまずテンションアップ!
画像

8時41分、武奈ノ木平の様子です。
我が家も少し休憩して進みます。
画像

この写真も下山時に撮りましたがこのコースで子供と犬が大変だった所です。(笑)
堰堤の右側を進むますからここで下山時は渋滞しました。
私達は手前で待機中に撮りました。
画像

そして右の岩場を登ります 。(下山時ですからもちろん下っています。この時、そこそこ雨が降っていました。)
画像

新緑が一番綺麗でした。
画像

そしてこの周辺から、こんな感じで穏やかな登坂の両脇にイワカガミが群れをなして咲いていました。
画像

ピンク色と一口に言っても色々あって、
画像

白に近いですね。
画像


画像

こんな感じで固まって咲いています。
画像

濃いピンク色です。
画像


画像

日差しを浴びて輝いていました。
画像

気がつくとブナの新緑が見頃でした。
画像

もちろん幹の周りにはイワカガミです。
画像

のんびり写真を撮りながらですがイワカガミロードが30分以上続きました。
画像


画像

少し行くとブナの木々もなくなって展望が開けて来ます。
足元にはオオバキスミレが多く見られるようなってきます。
画像

ポツポツとですがカタクリも咲いていました。
画像

なだらかな登山道です。
画像

見上げると青空に咲くオオカメノキの花です。
画像

9時49分、粟柄越まで来ると山頂は目の前です。
画像

10時、赤坂山に到着です。
多くの方が登って来て三国山へ、少し戻って寒風経由で下山、さらに足を延ばして大谷山へと。
ここは高島トレイルの一部ですから色々な歩き方があります。
画像

我が家は今日はここで昨日買った鯖寿司を食べて下山します。
画像

10時40分、三国山を背に立っています。
画像

鉄塔の向こうは琵琶湖です。
下山少し前から雨雲が出始めて急に風が吹き出して天候が変わり始めました。
画像

登って来る時はイワカガミばかりに目がいっていましたが・・・・
下山時に気が着いたイワナシ。
画像

スミレ
画像

ニシキゴロモ
画像

イカリソウはあちこちに多く見られました。
画像

12時20分、途中、雨具を着たりとありましたが木々の中でしたからそれほど濡れる事なく下山出来ました。
しかしこれから登って行く人の中には途中で引き返す人もいました。
下山してから見上げても、山頂付近は黒い雲に覆われていました。
後半の連休が始まった初日ですから多くの登山客、テント場もあふれかえっていました。
画像


駐車場前にある「マキノ高原温泉さらさ」に入って移動です。
マキノ高原から25キロ弱の道を走って、敦賀ICから北陸道に乗ります。
高速道路は50キロの移動です。
福井ICで下りて買い物をして荒島岳登山口まで40キロ弱。
明るい内に移動しました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あのイワナシは武奈ノ木平から少し沢の方へ行った所に咲いていたのでしょ?
私は連休は赤坂山は避けるのでなかなか見る事が出来ません。
寒風まで行かれたら同じ登山口に降りてくるし、楽しい尾根歩きが出来ましたよ。
おまけに最後の階段下りも避けられたかも・・・でもスキー場コースが待ってますが。
反対に三国山へ行くと長い林道がまっています。
でも花もたくさん咲いているコースでもあります。
さえ
2014/05/12 21:19
izumiさん おはようございます
キャンプ場すごいテントさすがゴールデンウィークww
赤坂山聞いたことある山だと思ったら高島トレイルですね。
自分もクルマだから厳しいですが縦走したいです。
zen
2014/05/13 06:37
さえさん
イワナシは栗柄越から少し歩いた、平な所で咲いていました。
スミレやニシキゴロモも同じ所です。

この日は周回する気はありませんでした。(なんせ前日の武奈ヶ岳で大変でしたから。)
赤坂山に至るイワカガミで大大満足!!
それにしてもすごい量でした。
izumi
2014/05/13 13:12
zenさん
下山して来てビックリですね。
これからテントを張る人は強風でパタパタして大変そうでした。
山麓ですから特に風が吹き下りて来るのでしょうね。
我が家はなんとが山頂でも展望を得られましたが天気は急変しました。

高島トレイルはに人気があるようですね。
道の駅でも大きなザックで縦走するグループがいました。

この日は荒島岳、周辺は雨だったようです。
次の日、途中で一緒だった方が一日延期したと言っていました。
izumi
2014/05/13 13:24
イワカガミに埋もれてしまいそう!
野草がたくさん咲いていますね。
たのしい山歩きです。
カスミッシモ
2014/05/14 20:00
カスミッシモさん
この山は移動途中で適当に登れそうな山はないかと「山と高原地図」を広げて決めました。
下調べなしでしたが上でコメントをいただいている「さえさん」(京都在住)が登っている記憶はありましたからなんとかなるんじゃない、登っている人いるかな〜?なんて最初は思ってました。

山と渓谷社発刊の「花の百名山登山ガイド」に紹介もされているそうです。
GWと言う事もあったのでしょうが多くの方が登っていてひと安心しました。(笑)

イワカガミのボリュームは半端じゃなかったです。
izumi
2014/05/15 10:15
今晩は!
またまたお邪魔します。
赤坂山は、麓にある温泉”サラサ”が満開の頃もいいですよ(^o^)/
キャンプ場からは登山者が多いので、黒河峠から高島トレイルで三国山を越えて行くのも楽しいです。また、キンコウカの西限もありお薦めです。
山ちゃん
2014/06/22 20:48
山ちゃん
赤坂山は上でコメントをいただいているやはり京都在住のさえさんのブログで名前だけは知っていた山でした。
前泊した道の駅「くつき」で早朝から車を置いてそこから出発するグループが多く見られました。
しかも皆さん大きな荷物でした。
どの山に登るのか聞いてみたら高島トレイルを縦走するとの事で、初めてそのトレイルの事を知りました。
そして赤坂山にアプローチしてビックリした次第でした。(笑)

一年中、人気の山なんですね。
izumi
2014/06/23 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140503赤坂山はイワカガミが満開でした。 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる