yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140601信越トレイル・袴岳で大展望を楽しむ!!

<<   作成日時 : 2014/06/03 14:56   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

袴岳(1135m)

時期 2014年6月1日(日)

天気 晴れ

行動時間 3時間10分(休憩含む)

駐車場 赤池駐車場(トイレあり。)

コース 赤池駐車場6:50-袴池7:13-袴湿原7:21-袴岳トレイル分岐7:26-袴岳山頂8:10〜8:46-林道分岐9:35-赤池駐車場10:00



画像

袴岳山頂で妙高山を望む



袴岳までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

信越トレイルの一部ですが歩いて来ました。
約6,2キロ、3時間30分とトレイルガイドには書いてありましたが、山頂で30分以上休憩、途中で袴湿原まで少し横道にそれたり、のんびり写真を撮りながら歩いて3時間10分のトレッキングコースでした。
しかし湿原やブナの巨木の中の空間は別世界でした。

2013年3月31日に袴岳の途中までスノーシューで歩いています。
天気も悪かったので引き返していますがこの時期にリベンジ出来ていません。
下見を兼ねて歩いて来ました。

赤池のテントサイトの標示がありました。
信越トレイルを縦走する方に向けて最近ですがテントサイトが整備されました。
利用方法が仕方がないのですが予約制で、しかも前もって振り込む等で不便です。
画像

6時50分、道の駅「千曲川」でのんびりしてしまい、早く起きたわりには遅い出発です。
立派なトイレが設置されています。
画像

標識が設置されていますから登山口を探す必要はありませんでした。
駐車場まで来る途中、一番手で歩き始めた新潟のご夫婦がいます。
我が家は2番手です。
画像

最初はこんな感じの道幅の広い林道のようなトレッキングコースが続きます。
画像

7時13分、春セミとカエルの大合唱の中を歩いて来ると袴池。
ミズバショウの巨大な葉っぱを見ながらやはり遅かったようです。
画像

7時15分、袴岳トレイル分岐から登り始める前に袴湿原まで0,2キロ標示でしたから寄って見る事にしました。
画像

ミズバショウの巨大な葉っぱの前にサンカヨウの群落が見られてやっぱりこっちまで来て良かったと大満足。
画像

川沿いに何十mと、まとまって咲いているのを見るのは初めてでした。
画像

7時21分、袴湿原は小さな虫が群れになって飛んでいたので早々に引き返しました。
みずばしょうの花びら一枚、ショウジョウバカマ一株と寂しい湿原でした。
画像

7時26分、袴岳トレイル分岐まで戻って、信越トレイルの一部を歩きます。
袴岳まで1,5キロです。
画像

新緑と青空、遠くに残雪の山が見えます。
画像

昨日、登った南方向はやはり霞んでいます。
山頂からの展望が心配です。
画像

ズミが咲き始めていて、
画像

足元にはレンゲツツジ。
画像

照り付ける太陽に汗がでます。
新緑の中、春セミが鳴いています。
画像

山頂手前の急登、時間にしたら30分弱ですが、ブナとダケカンバの大木の中を進むことになります。
画像


画像


画像

ダケカンバの幹が白く輝いています。
画像

ギフチョウが数羽、飛んでいるのを見ました。
なぜかいつも地面に止まっていてゆっくり写真が撮れるのが不思議!!
画像

歩いている私の大きさと比較するとスケールの大きさが分かると思います。
秋の鍋倉山に登った下山途中、久々野峠から巨木の谷へ行った時の印象と同じです。
画像


画像

深い森の中を登って来ましたが、
画像

青空が木々の合間から見え始めると、平な所に出て、どこが山頂なのかな?と思いながら進むと、
画像

8時15分、西側のみが展望が開けた山頂に出ます。
朝、先に出発したご夫婦が休憩中。
画像

正面に火口を向けている妙高山、右後ろに白く見えるのが火打山。
画像

台形の黒姫山、後ろに白く見えるのは高妻山?
画像

黒姫山の左後方には薄らですが白馬方向が見えました。
画像

この景色の前でしばし休憩、同じ道を引き返したご夫婦を見送って、
画像

8時46分、私達はトレイルを歩きながら周回する事にします。
画像

植生が変わってイワカガミの群落が見られました。
画像

しかも、木々の合間からですが展望があるのでうれしいです。
妙高山を何度も眺める事が出来ました。
画像

こちらのコースもブナの大木が生い茂っていて気持ちの良い下山道でした。
画像

サンカヨウも咲いています。
画像

エンレイソウ
画像

サンカヨウの群落が多く大満足!!
画像

シダが生い茂る日当りの良い所に出るとさすがに暑いです。
画像

キケマン
画像

9時35分、林道分岐に出ました。
この時期は、ここまで車で入れますから途中で出会った方はここから登り始めたようです。
画像

駐車場まで25分の林道歩きとなりますが、途中、こんな感じで妙高山が見られますから振り返りながら楽しめます。
画像

今日は青空の中、楽しいトレッキングが出来ました。
画像

10時、赤池駐車場に戻って見ると多くの車が駐車していました。
先に下山して行ったご夫婦はまだ戻っていませんでした。
トレイルの途中、ミニトレイルがありますから寄り道しながら楽しんでいるようですね。
画像


我が家はまだまだ予定がありますから早目に引き上げます。
昨日は富倉蕎麦を夕食に食べました。

今日はこれから野沢温泉に行きます。
お昼前でしたが町は閑散としていて寂しいぐらいでした。
いつもは混んでいるので避けていましたが「大湯」にゆっくり入って来ました。

そして丁度、お昼前でしたから「カゴヤ」の十割りそばの、おやまぼくち蕎麦を食べて来ました。
ここは昼だけの営業です。
なかなか時間が合わず今日で2度目です。

漬物や煮物がサービスで置いてあって、自由に取ります。
冬場は野沢菜や大根の煮物などがありましたが、今日はアスパラやふき、こんにゃくの煮物。
はりはりづけもありました。

豊田中野ICに乗る前に、道の駅「千曲川」に寄って野菜やリンゴジュース、ジャム等を買って、今日は渋滞前に帰ります。
16時過ぎに娘の所にチョット寄ってお土産のおすそ分け。
冬のダウン布団が収納できないので我が家で預かります。
こんな時しかメールをしてこない娘です。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私はスノーシューでしか登っていないので、景色の違いに同じ山だと思えません。
これはこの信越トレール全般に感じる事ですね。

もう雪は無いのですね。以前、5月末に鍋倉山に登った時はまだ雪が残っていました。
この休みは天水山へ行く予定でしたが、一緒に行く予定の人が腰を痛めたので、中止しました。サンカヨウやイワカガミが咲いているなら行きたかったわ。
さえ
2014/06/03 15:18
さえさん
鍋倉山はさらに標高150m高くなりますからね。
それにしてもどこにも雪は残っていませんでした。

景色が一転しますから下見にはならないかな?
GPSには軌跡は入れて来ましたが夏道を歩きながら雪のあった時はここを直登したんなな〜と思われる道をありました。

ここはGWの頃が湿原はミズバショウとリュウキンカが咲いていて残雪の山歩きができるかな〜と。
これからは暑くなるから今度は早くて秋になる?
雪がある時がやっぱり一番魅力的な事は間違いないですが。

サンカヨウをこんなにまとまって見たのは私は初めてでした。
izumi
2014/06/03 16:48
信越トレイル面白そうですね(^_^)
みなさんスノーシューで行かれているのですね。
サンカヨウ好きな花のひとつです。
zen
2014/06/03 16:50
zenさん
信越トレイルを同じ日に歩いたご縁でさえさんとブログ友となりました。
しかも私が実家が京都、年齢がだいたい同じつながりです。

ここは豪雪地帯ですから真冬はチョット厳しいですね。
そんな事とは知らず初めて行ったので1月でした。
しかも例年にない大雪でした。
お恥ずかしい事に除雪車のお世話になったりして雪国の大変さを体験しました。
春先に麓から登って行くのがやはり一番、楽しい歩き方でしょうか?
お薦めです。
izumi
2014/06/03 17:29
izumiさん、GWは沼の原湿原でも少し早い目です。


http://iroirooboegaki.at.webry.info/201205/article_2.html
袴岳ならもう少し標高が高いのでまだなんじゃないかなぁ?
さえ
2014/06/03 18:45
今晩は。
section4.5.6は登った事がありますが。1.2.3はまだ未踏です。その内に登って見ようと思います。新緑と残雪の鍋倉には行こうと思っていましたが、今年は同じような景色の只見丸山で楽しんで来ました。
インレッド
2014/06/03 20:02
信越トレイル気になっていたんです。
もちろん通して歩く事は我が家には出来ないので、一部でも歩きたいな〜と思っていました。
このルートは眺望が素晴らしくていいですね〜
いつか歩いてみたくなりました。
情報をありがとうございます♪
mikko
2014/06/04 08:53
さえさん
今年は冬から春先にかけて一度も信越トレイル付近は行けなかったので雪の量は?
平年並みだったかやや少なめのようですね。
お花のジャストタイミングに当たるとラッキー!!
予想していないお花の群落なんかに出会う事があるから山歩きはやめられませんね!
izumi
2014/06/04 11:16
インレッドさん
私も細切れに歩いていて全然、つながっていません。
トレイルの始まりが斑尾山の山頂から始まっているなんて面白いな~と思ったのもつい最近です。
万坂峠から斑尾山に登るのもありかな?と一瞬は思いましたが、楽しみは次の機会に取っておきました。
インレッドさんには物足りないと思われるsection2、希望湖から毛無山にかけては冬の時期にスノーシューで登りました。
でも、涌井までは歩いてませんからつながっていませんね。(笑)
izumi
2014/06/04 11:26
mikkoさん
信越トレイルをつなげて歩くのはなかなか難しいですから、道が通行止めにならないこれからの時期は峠まで行ってピストンして来る。
冬の時期の鍋倉山、黒倉山はスノーシューで麓から登って行く事になりますから面白いですが大変です!!
私がインレッドさんと初めてお会いしたのも紅葉の時期の鍋倉山、黒倉山周辺でした。
http://yama365-2.at.webry.info/201210/article_2.html(お時間がある時に、のぞいて下さい。インレッドさんと記念撮影した写真が載っています。)
izumi
2014/06/04 11:45
こんばんは。
信越トレイルは気持ち良さそうな道が続いていて面白そうですね。
花も眺望も登山道もすべて良しですね。
何回ぐらいで歩けるんですか。アプローチが大変そう。
カスミッシモ
2014/06/06 19:43
カスミッシモさん
私が持っている信越トレイルの地図によると、全長80キロを6回に分けて歩くようになっています。
地元の民宿に泊まると登り口、下山口の送迎はしてもらえるようです。
我が家はくまなく歩く気はありません。
冬は麓からスノーシューで登って鍋倉、黒倉山、花立山周辺を歩きました。
春から秋にかけては峠まで道が開通しますから適当な所まで車で登って、そこから適当に歩いて、ピストンしたりと。
信越トレイルクラブが毎年やっているガイドツアーがあって土日はどこかしらを歩いています。
もちろん送迎付きですから一人、5000円なら参加してもいいかな〜と思ったりしています。
色々とあります。
少し遠いかもしれませんがどこも道はとても良いです。
izumi
2014/06/09 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140601信越トレイル・袴岳で大展望を楽しむ!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる