yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140615志賀高原・大展望の岩菅山から裏岩菅山まで歩く

<<   作成日時 : 2014/06/18 16:56   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

岩菅山(2295m)、裏岩菅山(2341m)

時期 2014年6月15日(日)

天気 晴れ

行動時間 8時間8分(山頂で1時間の休憩含む)

駐車場 一ノ瀬(聖平の上)登山口(トイレはありません。)
    

コース 一ノ瀬(聖平の上)登山口6:15-小三郎小屋跡6:24-アライタ沢6:45-ノッキリ8:17-岩菅山(標高2295m)9:00〜9:10-裏岩菅山10:05〜11:05-岩菅山11:50-ノッキリ12:25-アライタ沢13:40-一ノ瀬(聖平の上)登山口14:23


岩菅山、裏岩菅山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


道の駅「北信州やまのうち」から30分位で到着。
あまりの道の良さにビックりしながら志賀高原周辺の山歩きは初めてでした。
大昔に志賀高原にスキーに来た事がありますがもちろんオリンピック前でした。


6時15分、一ノ瀬(聖平の上)登山口に到着。
すでに多くの車(軽トラック)が停車していました。
水源地がありますからクワを持って仕事を終えた数人の方達が下りて来ました。

前後してパトロールの方が来ました。
ここは「竹の子、山菜採り入山禁止」の看板が大きくでています。
今日は「ネマガリダケ採りはダメだね。」なんて話していた所でした。
パトロールの方は軽トラックのナンバーを控えたりしていました。
ともかく、藪の中に入って、ごっそり採って行くそうです。

ビックリした事に「両手で抱えるぐらいなら採ってもいいですよ!」と言ってもらいました。
今日は少し「ネマガリダケ」採りも頑張ります!!
画像

最初から階段歩きです。
画像

6時24分、小三郎小屋跡。
ここから暫らく水平歩道です。
画像

6時40分、武石衛門沢の橋を渡って、
画像

6時45分、アライタ沢です。
ここから水道水に別れます。
画像

こんな感じで橋を渡りますが水量が多くチョット怖いです。
画像

沢を渡って中間点までは階段の連続です。
かなりの急階段の所もありますがそんな所は「ネマガリダケ」を探しながら進みます。
画像

もちろん、藪の中に入ってまで探しませんから時々、見つけられる程度です。
画像

足元にはミツバオウレンが多く咲いていました。
画像

7時34分、中間点の標示。
ここまで長く感じられましたが、あと山頂まで70分標示です。
画像

ここからは進行方向に岩菅山山頂が見え始めます。
画像

振り返ると、焼額山の後ろに妙高山の両サイドに残雪の雨飾山、火打山が見え出しました。
画像

足元にはイワナシ、
画像

ツバメオモトの蕾が見られました。
画像

8時17分、ノッキリの分岐で高天ヶ原コースと合流です。
今日はここまで数人の単独の男性と3人グループのトレランの方に抜かれました。
静かな山歩きが出来ました。(下山時に大変な事になるなど予想もしませんでした。)
画像

山頂までは急坂でガレ場も出て来ます。
画像


画像

今日は北アルプスが見渡せましたから途中で眺めながらゆっくり登りました。(パノラマ写真は拡大して見れます)
画像

一番、近くに妙高山方向が眺められます。
画像

9時、岩菅山山頂は360°の大展望です。
画像

しかし、途中で下山して来た人は一人だけでした。
皆さん天気が良いのに山頂の小屋で食事をするわけないしと不思議に思って地図を広げて見ました。
右下に避難小屋、その上に妙高山から左側に北アルプスが全部見えます。
画像

そして、広い山頂の北側に進んで見るとこの景色です。
画像

皆さん、裏菅山まで進まれたようです。
山頂標示には35分とありますがこれはチョット無理。
地図には1時間標示です。(我が家は55分。)
この景色を見たら進まないとね〜!
裏岩菅山は見えません。
烏帽子岳と遠くに苗場山が見えます。
画像

素晴らしい稜線歩きの様子です。
画像

イワカガミは蕾状態。
画像

キスミレは満開。
画像

ミネザクラも見られました。
画像

ショウジョウバカマもポツポツと咲いていて楽しませてくれます。
画像


画像


画像

残雪の上を少し歩く所もあって、
画像


画像

10時5分、裏岩菅山山頂です。
さすがに疲れました。
大休憩していると単独男性が来て周りの山並みを教えてくれました。
画像

烏帽子岳と遠くに苗場山
画像

左はじに浅間山、北アルプス方向です。
画像

烏帽子岳の後ろに残雪の苗場山、遠くに谷川連峰がみえます。
画像

白根山の後ろに浅間山がシルエットで見えます。
画像

榛名山の山並み、一番左側が水沢山です。
画像

11時5分、1時間の休憩後に戻ります。
岩菅山に戻る稜線を歩いているのがわかりますか?
画像

11時50分、岩菅山まで戻って来ました。
やはり、多くの方はここまでで戻るようです。
数人のグループで登って来て、休憩中。

私達は素晴らしい稜線歩きが出来ました。
画像

下山しかけて下の方からにぎやかな声が聞こえて来ました。
千葉県袖ケ浦市から来た、中学生200人の集団登山。
最後の急坂、ガレ場に挑戦中でした。
画像

退避途中で登る時には気がつかなかったハクサンイチゲも見られてラッキーです。
画像

「ご迷惑をおかけしました!」と言って最後尾の先生が写真を撮ってくれました。
良い記念になりました。
画像

「ネマガリダケ」を探しながらの山歩き。
下山途中で見かけたミヤバカタバミ。
画像

白いスミレ。
画像

朝は開いていなかった水路沿いのニリンソウ。
画像


14時23分、一ノ瀬(聖平の上)登山口に下山しました。

湯田中・渋温泉の近くにある角間温泉によりました。
ここは少し高台にあります。
黒鳥商店で駐車料金300円を支払って鍵をもらってから入ります。
「大湯」、「新田の湯」、「滝の湯」と三つあります。
源泉かけ流しの素朴なお風呂でした。



ネマガリダケ
画像

ネマガリダケは薄切りにして、鯖の水煮缶と玉ねぎが入った味噌汁です。
画像


美味しかったので二日続けて作りました。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
7月初旬に岩菅山を歩きます。ジャストタイミング、参考になります。
ネマガリダケ少しは採れそうですね。どんな味でしょうね。花もたくさん咲いていそうで、楽しみです〜
今日から前線による雨で本格的梅雨入りだそうです。

カスミッシモ
2014/06/18 19:26
今晩は。
二つも続けて登るとは、なかなか健脚ですね。裏岩菅までは結構きつかったとおもいます。今度は東館山から寺子屋峰経由で登って見て下さい。花はかなり沢山咲いています。
インレッド
2014/06/18 20:46
良いな!沢山花咲いていて。私は9月が多いから余り花見てないけど、富士山は見たわ。秋だったけど。
志賀高原は国立公園だから、取ったら駄目って大沼池のレストハウスのおじさんが言ってたけど、メニューには竹の子汁あるから、何処かで取ってるんでしょうね。
さえ
2014/06/19 05:22
カスミッシモさん
7月初旬でしたらお花が咲き乱れていて楽しみが倍増ですね!!
今回、2日目の山歩きでしたからサックっと登って早目に下山する予定でした。
しかし、この山は裏岩菅山まで歩かないとこの素晴らしい稜線歩きは楽しめませんでしたから予定より往復で2時間近くオーバーです。
帰りの温泉は削れませんから、夕方からの渋滞はビックリ時間。
今回はSAで2時間以上、仮眠して空いてから帰宅しました。
これはしょうがないけど辛い所です。

ネマガリタケは味は普通ですがコリコリした触感を楽しみながらの味噌汁は美味です。
この時期、帰りに寄ったコンビニのカウンターにも「鯖の水煮缶」が置いてありました。
我が家は飯山のスパーで安くで買いました。

izumi
2014/06/19 10:54
インレッドさん
予定していなかった裏岩菅でしたが頑張って歩いて来て大満足しています。
しかも天気も良く大展望でした。
山頂で周りの山の説明をしてくれた方は群馬県から来た方で水沢山はトレーニングで毎週のように登っている方でした。
200名山位が静かな山歩きができるから好きだとお話しながら前後して戻ってきました。
が、最後に中学生の団体に出合って顔を見合わせて苦笑いしました。
岩菅山に登るなんて渋いですよね〜!!
izumi
2014/06/19 11:03
さえさん
今回、我が家は初めて登りました。
しかも志賀高原がこんなに道がいいなんて知りませんでした。
最初、なんか不思議?
高速道路みたいな道からのアプローチで道の駅に。
オリンピックで整備されたんですよね。

調べたら、志賀高原の山々は地元の共有山林資産で入山権があれば採取できるようです。
ネマガリダケの季節は宿泊客のみ、宿泊施設のガイド案内による山菜採りが許可されているようです。
パトロールの方も言っていましたが、登山者の方が採る量はしれていますからと。

izumi
2014/06/19 11:13
私は以前、東館山から寺子屋峰経由で登りましたが
アップダウンがあって下山も楽ではなく
登山口に戻る頃にはヘロヘロになった記憶があります。
裏岩菅までいらっしゃるなんてやっぱり“体育会系!”(笑

次回は我が家も一ノ瀬からのコースで登ってみたいと思いました。

同じ日に我が家は1年前のizumiさんのレポを参考に角間山を歩いて来ました。
とっても素敵な山ですね〜
リンクさせて頂きましたので宜しくお願いします。
mikko
2014/06/20 00:28
裏岩菅山頂で百名山は挨拶するだけで疲れちゃう!
200名山あたりが一番静かな山歩きが出来るなんてご一緒した方と話しながら戻って来ました。
私も最後はヘロヘロでしたがネマガリダケを探しながら(立ち止まってまでは探しません。)一つ見つけて立ち止まると周りにかなりの確率で数本見るけられますからこれが楽しかったです。
少しくせになりそうです。

上でコメントをいただいている「さえさん」も前日の土曜日に角間山に登っていて少し早かった様子はhttp://yamarepo.web.fc2.com/で知っていました。
今年の3月上旬に角間山の登山口まで行ったのですが大雪の影響でびっくりするぐらいの壁になっていて、そこを乗り越えて行く体力もなく、今回は山頂に立ちたかったので即、撤退して湯の丸山に変更しました。
大雪のせいで少し遅れたのかな?
お花のピークに出会うのは難しいですね。

季節を変えて何度か歩いていますが静かな山歩きができます。
私ももちろんインレッドさんから教えてもらいました。
こうやって少しづつお友達の輪が広がるのですね〜!
izumi
2014/06/20 11:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140615志賀高原・大展望の岩菅山から裏岩菅山まで歩く yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる