yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140621山上湿原の田代山とオサバグサを楽しみながら帝釈山(後編)

<<   作成日時 : 2014/06/24 11:47   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

田代山(1926,3m)、帝釈山(2059,6m)

時期 2014年6月21日(土)

天気 曇り一時晴れ、後雷雨

行動時間 8時間30分(帝釈山で45分、田代山避難小屋1時間の休憩含む)

駐車場 猿倉登山口(トイレあり。)
    

コース 猿倉登山口7:35-水場7:48-小田代8:53-田代山9:33-弘法大師堂(田代山避難小屋)(トイレあり)9:50-帝釈山11:25〜12:11-弘法大師堂13:40〜14:43-猿倉登山口16:05

田代山からの続きです。

9時50分、弘法大師堂(田代山避難小屋)を後に帝釈山に向けてオオシラビソの樹林帯の中、急坂を下ります。
苔むした石のゴロゴロした所の尾根道の両側にオサバグサは咲いています。
全体からすると、八分咲きで丁度見頃でしょうか?
画像

行きと帰りに撮ったオサバグサです。
画像

私が初めてオサバグサを見たのは2011年7月の八ヶ岳で桜平から入ってオーレン小屋に至る道沿いや、硫黄岳に登る途中で見ました。
画像


画像

斜面に咲いているのが分かりますか〜?
画像


画像

ハンドベルが鳴り響いているように見えませんか?
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

東京から高速道路を走っているより下りてからの方が時間がかかるのでなかなか来る事が出来ませんでした。
田代山湿原も予想以上でした。
画像

残雪の所を歩くのはここだけですが周辺はぬかるんでいて歩きにくい所です。
画像

シラビソ林の中を歩いて、
画像

根っこにつまずかないように気をつけて、
画像

最後は帝釈山に向けて登り返しが始まります。
画像

ロープが付けられた所が数か所、大石の所を乗り越えて行きます。
画像

今日の展望は?
遠望はありません。
画像

日差しが出て来て暑くなったりとコロコロと変わる天気です。
画像

山頂手前にはシャクナゲの木が多く茂っていましたが花数は少なかったように。
画像

足が届き難い大岩の前には踏み台の木が置いてありました。
画像

11時25分、帝釈山山頂です。
会津駒ケ岳や燧ケ岳は薄らですが見えましたが・・・
ほとんど展望はありません。
グループ登山の方達で山頂は大賑わい。(場所がないので食事はしないで田代山方向に向かってくれたので助かりました。)
我が家は、ここで食事休憩です。
12時11分、下山する時にやっと隙間を見つけて記念撮影です。
画像

同じコースを戻ります。
ツルシキミの花も咲いていました。
遠くで雷が鳴っているのが聞こえました。
画像

13時40分、弘法大師堂(田代山避難小屋)まで戻って来ました。
バイオトイレが設置されています。
スパッツと靴を脱いで利用します。
土足で利用している方が多いようで床が土で汚れていました。
靴を脱いだり履いたりして時間をかけている間にポツポツと雨が降り出しました。
雨具とザックカバーをしていると、土砂降りの雨となりました。
帰りの田代山湿原はもう一度、ゆっくり見ながら下山したかったので、避難小屋で様子を見る事にしました。
雷も鳴っていますから。
画像

14時43分、雨も止んで雷も通りすぎたので下山します。
もちろん雨具は着たままです。
丁度、1時間の休憩でした。
尾瀬国立公園のパトロールの方とトイレ管理の方も退避中でした。
行きに避難小屋と弘法大師堂が一緒になっているので不思議に思いドアをあけたらビックリしました。
正面に弘法大師、左側に神棚、右側は?、ともかく神仏習合です。
パトロールの方に色々なお話を聞きながら1時間の休憩もあっと言う間でした。
30キロある弘法大師を持ち上げた篭は麓の湯の花温泉の「弘法の湯」で見られるので是非、寄って見て下さいと。
トイレはジジババ(自分もその年だがと言っていました。)が土足で利用する人が多いと嘆いていました。
田代山の雷はいつも、半端でなく特に木道が震えるそうです。
死者も出た事があるそうで、時間が許すならもう少し遠ざかってから下山した方が良い等。
画像

霧の中、下山時は反時計周りに進みます。
画像

雨が降った後ですから、滑りやすくなった木道ですから慎重に進みます。
画像


画像

明るくなってきて、日も差し出しました。
足元にはバイケイソウ。
白く見える花はチングルマです。
画像

池塘とワタスゲ。
画像


画像

白い苔が面白いですね。
画像

チングルマの大群落にはビックリです。
画像

田代山湿原を後にします。
画像

15時16分、小田代を通過する頃には又、雨が降り出しました。
雷は通過していました。
ここからは樹林帯に入りますから直接、雨に当たる事もありません。
画像

16時5分、足元に気をつけながら下山しました。
画像


林道を下って来た頃には雨も上がりました。
麓の湯の花温泉は共同浴場が4つあります。
地元のお店や民宿で200円の入浴券を購入してから入ります。
200円で4つのお風呂に入れますが2つは混浴です。
我が家はもちろん「弘法の湯」に立ち寄りました。
シャワーもあります。

熱めのお湯ですから疲れもとれます。

18時近くなっていました。
西那須野塩原ICまではほとんど山の中を走ります。
トンネルを潜って栃木県に入ったら滝のような大雨。

途中にある「道の駅」もお店は終わっています。
IC近くまで戻ってファミレスに久しぶりに入りました。
山歩きよりもアプローチ疲れです。

隣りにある道の駅「湯の香 しおばら」で車中泊。

早朝に戻りました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
夏休みは泊まりがけで栃木あたりに行こうかと思っていたのですが、落ち着いてからにしようと云う事になったのですが、やっぱり尾瀬当たりは惹かれますね。

オサバグサは八ヶ岳で見た時は地味な花と思っていましたが、群生していると
そこそこにぎやかですね。
ワタスゲも微妙に開いていますね。
ただただ遠くて長い山歩きで、毎度のことだけど敬服します。
さえ
2014/06/24 16:22
さえさん
尾瀬も群馬県側から鳩待峠(ここから入るのがお手軽。観光バスも入って来ますから大賑わいです。)
我が家はその雰囲気がいやなのでここからは行った事はありません。(駐車料金、マイカー規制ですからバス代もかかります。)
鳩待峠に出た時、あまりの人の多さに腰をぬかしました。
隣りの富士見下や(マイナーコースですが昔はここから尾瀬に入っていたようです。)大清水から入ります。
静かな尾瀬が楽しめますが尾瀬ヶ原に下りてくれはやはり大賑わいですね。
で、いつも尾瀬に行く時はテント泊(山小屋も多くあります。)して早朝の静かな尾瀬を楽しみます。

今回の田代、帝釈山は尾瀬国立公園に入りますが福島県側でこの先をさらに行った所の桧枝岐村の先、御池から尾瀬に入る事もできます。
だから遠いんですよ。
我が家はなぜか初めての尾瀬入りがここからでした。(遠いのに。)
燧ケ岳に登りました。

ミズバショウの後はニッコウキスゲの時期になると尾瀬はにぎわいますから、その間のワタスゲを見にテント泊の予定もあったのですが・・・
相棒さんが夏風邪気味で今週末は無理かな〜と思っています。

我が家の行動時間はもちろん休憩時間も入っているし、写真を撮っている時間がかなりあります。
登り返しがあるから累積標高差は795mと書いてありますね。

オサバグサ、そうなんですよ。そこそこで、観光協会の方のお話だとここ数年は大群落は見られなくなったそうです。
人が入りすぎた?
株の新旧生え変わりの時期なのでしょうか?

izumi
2014/06/25 10:20
おはようございます。
雨が続いていますが、雨の間にうまく山へ行かれてますね。私は3回連続で中止です。
田代山はまだ歩いたことがありませんが、静かそうで魅力的です。ワタスゲ大好きです。
西那須野塩原ICから2時間とは、また、大変です。
昨日、圏央道の海老名-高尾山ICが繋がり、東名-中央-上越が繋がったのですが、東北道はまだまだのようです。
休日割引50%も今日が最後、来週から30%になってしまいます。早朝割引も通勤割引も使えなくなるので、大打撃です。消費税8%どころの話ではありません。
カスミッシモ
2014/06/29 09:43
カスミッシモさん
毎日、はっきりしないお天気が続きます。
6月最後に割引を使って遠出をしたかったのですが残念なお天気でした。
東名から中央に繋がってやっとと言う感じですよね。
都心に戻る我が家にとっても少しでも渋滞が緩和される事を期待しています。
便利になる分、料金値上げはしょうがないのかなと・・・・

田代山の並びで会津駒ケ岳も登ってみたいのですが未登です。
izumi
2014/06/30 10:59
この時期がオサバグサなんですね〜。
ワタシが行ったときはもうオサバグサはほぼ終わりで
いつかびっしり咲いてるとこを
見てみたいなぁって思いました。

ことしはワタスゲが当たり年みたいですね。
大江湿原でもびっしり咲いてました。
穂になったタイミングで見に行けなくて
残念でしたが。。。
チングルマの群生すごいですね。
湿原はちょっと季節がずれるだけで違う花の群生に当たって
おもしろいですね♪
くっきー
2014/06/30 12:30
くっきーさん
火曜日だから、どこかの山頂あたりかな?
この時間になるとさっきまで夏を思わせる天気だったのに黒い雲が出始めています。
毎日、雷や大雨が降って振り回されていますね。

今まで、会津駒ケ岳とセットで登ろうと思っていたため、なかなかチャンスがなくて・・・・
クッキーさんのブログをおさらいして行って来ました。
オサバグサを目指して行ったので、手前の湿原はあまり期待していませんでした。
チングルマがほぼピーク、ヒメシャクナゲ、ワタスゲはまだまだこれから十分に楽しめますね。
ワタスゲがフワフワの穂になる頃、バイケイソウが咲き始めるのかなと。
一瞬、もうここまでで十分満足な気分になりました。(笑)


izumi
2014/07/01 11:41
花がいっぱいでいいところですね。
でも本当に高速下りてからが遠くて
車中泊じゃないと厳しいかなと思い、まだ
行けてません。来年はぜひ行ってみたい
です。
ブル
2014/07/05 08:07
ブルさん
毎週末、特に安定しない天気が続くような気がします。
天気図とならめっこです。

田代山湿原で地元のハイカーさんが言っていましたが、いつ登っても期待を裏切らないと言っていましたよ。
秋の草紅葉まで楽しめそうですね。
izumi
2014/07/07 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140621山上湿原の田代山とオサバグサを楽しみながら帝釈山(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる