yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140706金沢峠から猫石、猫魔ヶ岳経由で八方台登山口へ下山(3)

<<   作成日時 : 2014/07/09 16:29   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

金沢峠から猫石、猫魔ヶ岳経由で八方台登山口へ下山

時期 2014年7月6日(日)

天気 晴れ

行動時間 7時間23分(休憩含む)

駐車場 八方台登山口(標高1,194m)(トイレあり。)
    

コース 八方台登山口5:40-猫魔ヶ岳6:32〜6:36-猫石7:00-雄国沼休憩舎8:07-湿原入口から1周8:25〜9:40(途中で休憩して食事を。)-金沢峠9:48〜9:52-二子山分岐点(遊歩道入口)10:20〜10:32-猫魔ヶ岳と厩岳山の分岐11:10-猫石分岐11:35〜1140-猫魔ヶ岳12:03〜12:16-八方台登山口13:03

猫魔ケ岳から雄国沼周遊のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

GPSは朝一で電池交換してONするのを忘れていたので登山口から猫魔ヶ岳、猫石から下って雄国沼に向かう低地まで記録が飛んでいます。

9時48分、金沢峠まで階段を登って来ました。
多くの人がまだまだバスでやって来ます。
画像

展望台から雄国沼を眺めます。
雲が少し出始めました。
丁度、タイミング良く、湿原でお花見の時は晴れていました。
画像

北側は金沢峠までの道が見えます。
喜多方方面です。
画像

二子山、古城ヶ峰方向に南下して行きます。
車道で、緩やかな下りですから楽チンです。
画像

道沿いには色々は花が咲いていました。
ウマノアシガタ
画像


画像

ニガナ
画像


画像


画像

アカツメクサ
画像


画像

コウリンタンポポ
画像

ヤマボウシ等、色々な花が見られました。
画像

道の合間から雄国沼が見下ろせる所があります。
西吾妻山が綺麗に見えています。
画像

多くの人が木道を歩いているのが分かります。
画像

10時20分、遊歩道入口(標示はありませんが二子山登山口入口です。)の標示が出てきました。
右側は車道。
真ん中が遊歩道入口の標示。
左側は車道が終わっています。
画像

二子山登山口の標示があれば迷わす左側に進んだのですが?
ブナ林が生い茂る素晴らしい山道です。
上から丁度、下山して来る人に出合い、間違いが分かりました。
画像

10時32分、戻って寄り左側の道に沿って進みます。
舗装された道は数mで終わっています。
画像

草が生えた平な道がず〜と続きます。
今日、私達は反時計周りで歩いてきましたが一度も抜かれる事がありませんでした。
しかし、ここを歩いている間に金沢峠に向けて歩いて来る数人の方に出会いました。
草刈がされていてとても歩きやすい道でした。
画像

11時10分、金沢峠から1時間18分(途中で数分のロスはありましたが。)で猫魔ヶ岳と厩岳山の分岐に到着。
道標があります。
ここまではほとんど平な道でした。
画像

ここから25分は猫石分岐までは緩やかな登りとなります。
画像

11時35分、猫石分岐(丁度コースタイムで歩いています。)
猫石は左に見えていますが多くの方が休憩していそうなので私はここまで。
画像

写真だけ撮って猫魔ヶ岳に向けて最後の登りに備えて少し休憩、エネルギー補給します。
ここから一旦、急坂を下ってから登り返します。
猫魔ヶ岳に向かって行った女性がこの分岐点まで戻って来ました。
あまりに下るので不安になって確認しに来ました。
画像

猫魔ヶ岳に向けて最後の登りは意外と楽です。
画像

12時3分、猫魔ヶ岳山頂にやっと戻りました。
雄国沼を見下ろします。
私達が沼にいた頃は真夏を思わせる良い天気でした。
金沢峠から歩き始めて途中からひょっとして雨が降り出すのでは思う時もありました。
画像

雲の合間から見る西吾妻山。
画像

磐梯山に雲がかかって見えたり隠れたり。
朝は見えなかった猪苗代湖を見下ろします。
画像

桧原湖、西吾妻山方向です。(クリックすると大きくなります。)
画像

12時16分、下山します。
山頂直下に咲いていたシャクナゲも登って来る時は気がつきませんでした。
画像

猫魔ヶ岳を振り返ったり、
画像

最後の展望を楽しんで、
画像

ブナ林が続く登山道を下山します。
画像

13時3分、八方台登山口に下りて来ました。
奥まで車が入っていて下山口を間違えたかと一瞬、思いました。
画像

変化に富んだコースでした。
景色、花も楽しめて大満足です。

桧原ふれあい温泉「湖望」に今日も寄ってから帰ります。
源泉かけ流しの日帰り温泉です。
桧原湖、早稲沢浜キャンプ場付近から見る磐梯山です。
画像


猪苗代磐梯高原IC近くの喜多方ラーメン「来夢」の支店に寄りました。
東北自動車道はほとんど、渋滞がなくスムーズに帰宅できました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
樹林や展望が美しいです。ブナ林は大好きです。
お土産に貰った喜多方ラーメンがとても美味しかったので、本場のラーメンを現地で食べてみたいです。
カスミッシモ
2014/07/16 20:59
カスミッシモさん
ブナ林の中を歩くと気持ちが休まります。
しかも、ここは湖を中心に歩く事になりますから素晴らしいです。

喜多方は何度か山歩きの帰りに寄ってます。
いつもはスープは全部は飲みませんが下山後ですから飲みます。
汗をかいた後なので、なおさら美味しく感じます。
izumi
2014/07/17 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140706金沢峠から猫石、猫魔ヶ岳経由で八方台登山口へ下山(3) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる