yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140712那須連峰 赤面山から隠居倉まで往復の途中で見た花!!(後編)

<<   作成日時 : 2014/07/15 10:51   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

赤面山(1701,1m)から隠居倉(1819m)へ

時期 2014年7月12日(土)

天気 晴れ

行動時間 10時間5分(休憩含む)

駐車場 白河高原スキー場跡(トイレなし。)
    
コース 白河高原スキー場跡6:45-赤面山登山口7:57-少年自然の家分岐8:02-赤面山山頂8:49〜8:55-前岳-赤面山分岐10:14-北温泉分岐-清水平10:50-1990m峰11:11-熊見曽根11:20〜11:24-隠居倉12:02〜12:31-北温泉分岐13:39〜13:45-赤面山15:05〜15:15-赤面山登山口15:50-白河高原スキー場跡16:50

オノエラン
画像

オニアザミ
画像

デカタチドリと朝日岳
画像

デカタチドリと茶臼岳
画像

登山道沿いに咲いていました。
こんにちは!
画像

ハクサンチドリは少し遅かったかな?
画像

草の合間からベニバナイチヤクソウ。
画像

そして今日、一番に見たかったニョウホウチドリです。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

青空とデカタチドリ、
画像

ウスユキソウ、
画像

満開のカラマツソウも楽しめました。
画像

若い男女に写真を頼まれたので我が家も珍しくお花畑の前で記念写真。
羨ましい事に大黒屋泊との事でした。
画像

14時、赤面山に向けて登り返します。
我が家は日帰りですから頑張って下山中。
画像

ゴゼンタチバナ
画像
 
赤面山を眺めながらの下山時のアプローチはなかなかでした。
画像

15時5分、赤面山に戻って来ました。
さすがに疲れましたから食料を補給して、戻りかけたらこんな時間から登って来る方に出合いました。
テント泊でもするのかと思ったら赤面山に登って来た方でした。
画像


16時50分、私がスキー場の下りが辛くて泣きながら(笑)一歩一歩下りて来ました。

鹿の湯に寄りましたが、受付時間終了。
さすがに少し遅かったです。
確実に入れる日帰り温泉「板室温泉、グリーングリーン」まで少し距離はありましたが移動。

道の駅「那須高原友愛の森」で車中泊です。
斜め前に「ファミリーレストラン」があります。
生ビールが美味しかったです。

明日はこの道の駅の朝採り野菜を買ってから、沼原湿原を散策して帰宅します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お天気が良くてお花も綺麗に咲いていてよかったですね。
ここは私も行きたいと思っていましたが来年以降です(^^♪
でも秋にはまた良いところですし、体調次第でまた少しずつエリアを広げていけたらなぁ・・・と(^^ゞ
素敵なお花畑をこちらでも楽しませていただきました♪
sanae
2014/07/15 11:53
我が家もだいぶ那須連峰は歩いて来ました。
赤面山から見る展望が素晴らしかったので良かったのですが、コースタイムが長くて大変でした。
峠の茶屋から行けば時間は短縮できますが、私は朝日岳に向かう鎖がガレ場が苦手です。
赤岳に行かれたのでビックリ!
激混みの小屋も休まらないですよね。
3連休も悩みどころです。
izumi
2014/07/15 12:31
こんばんは。
オノエランもニョホウチドリも出くわしたことがありません。
見損ねているのでしょうか。詳しい方は、木の陰とか見えない所まで咲いているのが分かるようです。
10時間もすばらしい歩きです。
カスミッシモ
2014/07/18 21:37
カスミッシモさん
お返事が遅くなりました。
3連休、長野、関東、東北地方といまいちのお天気でした。
急きょ、実家の京都行きとなりました。(笑)
母も私達の山歩きの事は知っていますから「山に行かないの?」なんて言いながら。

オノエランは私は尾瀬で富士見小屋の小屋番さんにアヤメ平で見られる事を教えてもらって初めて見ました。
今回で多分、2回目です。
ツバメオモトと少し似ていますが咲く時期が少し違うかな。

ニョウホウチドリは絶滅危惧種です。
日光の女峰山で発見されたのが名前の由来のようです。
もちろんチドリの種類ですから花びらは似ていますが大きいので華やかです。

同じ所を往復していても見落としていて帰り道で気がつく事もあります。
そこそこの人数で歩いた発見が多いと思います。
izumi
2014/07/22 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140712那須連峰 赤面山から隠居倉まで往復の途中で見た花!!(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる