yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140726お花三昧、大展望と大渋滞の唐松岳に登る。(前編)

<<   作成日時 : 2014/07/29 15:22   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

唐松岳(2696,4m)

時期 2014年7月26日(土)

天気 晴れ

行動時間 9時間30分(休憩含む)

駐車場 黒菱平駐車場(トイレあり。)
    
コース 黒菱平駐車場6:45-八方池山荘7:08-第三ケルン(八方池)8:20-丸山10:10〜10:40-唐松岳頂上山荘11:35-唐松岳頂上11:55〜12:07-唐松岳頂上山荘12:20-丸山12:55〜13:25(昼食)-八方池14:25-第2ケルン(トイレ)15:00-八方池山荘15:45-黒菱平駐車場16:15

画像

八方尾根から白馬三山を望む。

唐松岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

白馬、五竜岳に登った時も安曇野IC(その頃は豊科)からのアプローチをしていました。
今回は上信越自動車道(長野IC)を降りて、国道19号、白馬長野道路を経由して八方尾根へ。
オリンピック道路ですから走りやすく時間も短縮です。

黒菱ラインは道幅は狭いですが舗装されていますから問題ありません。
多くの車が前泊しています。
トイレも利用できます。

黒菱第3リフトとグラートクワットを乗り継いで八方池山荘から歩き始めました。
この時期の、土、日は6時30分からリフトが動き始めていますから利用しました。
(リフト往復+温泉入浴券付で1400円でお得です。)


6時30分からリフトが動き出します。
少し早目に並ぼうと思って準備をしていましたが、気がつくとあっと言う間に長蛇の列となりました。
チケットを購入して乗ったのが6時45分。
画像

早朝は晴れ渡っていて白馬三山が駐車場から見えました。
霧が立ち込めています。
画像

ニッコウキスゲの群落や、
画像

シモツケソウの群落を横目で見ながら、2本目のグラートクワットに乗るのに少し歩きます。
画像

霧もだんだんと晴れて来て青空が見え出しました。
画像

7時8分、八方池山荘から歩き始めます。
雲海が立ち込める中、五竜岳、鹿島槍ヶ岳が見えます。
画像

振り返って東は遠く雲海に浮かぶ雨飾山、火打山、妙高山、高妻山方向です。
画像

そして進行方向、右の北側には見事な白馬三山を望みながらの山歩きです。
画像

前方に行く人の多さに少しびっくりしながらのんびり登って行きます。
後々、大変な事になる事は予想もしていませんでした。
画像

この景色を見ながらですから大満足。
やっぱり、ここまで来て良かったと。
2006年8月に白馬三山を2泊3日で周回しました。
山歩きを始めて2年位でした。
金峰山と瑞牆山の登り口にあたる富士見平小屋でテント泊の練習はして来ましたが重い荷物を背負って周回するのは初めてでした。
3000m近い山に登るのも初めてでした。
画像

足元には高山植物が咲き乱れていますから益々、のんびり歩きとなります。
イブキジャコウソウ(白馬岳の指導員の方に教えてもらって覚えました。)
画像

マツムシソウが早々と咲いていました。
画像

青空とオオコメツツジ。
画像

ハッポウタカネセンブリが見られました。
この花?と思いながら前後に人がいてとりあえず写真を撮りました。
後で調べて知りました。
画像

斜面にはキンコウカや
画像

足元にはタテヤマウツボグサが咲き乱れていました。
画像

ギボシ
画像

八方池まではハイキング感覚で登ってこれますから多くの人が登っています。
プレートがあちこちに立てられていますから見落としもありません。
タカネナデシコとキンコウカが寄せ植えのように咲いていました。
画像

ワレモコウとニガナ
画像

登山道の両脇に多く咲いていたイワシモツケ。
画像

ミヤマアズマギク
画像

斜面に咲くニッコウキスゲ越しに見る、五竜、鹿島槍ヶ岳。
画像

足元は木道です。
画像

ユキワリソウも多く見られました。
画像

木道脇に残雪も見られました。
画像

ハクサンチドリ
画像

8時、八方山ケルン前を通過。
画像

白馬三山を見ながらの登山です。(クリックすると拡大します。)
画像

ヨツバシオガマ越しに。
画像

コオニユリ越しに白馬三山。
画像

ハクサンシャジンも咲きだしていました。
画像

ニッコウキスゲと白馬三山。
画像

8時20分、第三ケルン(八方池)にやっと到着です。
ここまでで大きなカメラや三脚を持った人は引き返します。
画像

我が家はこの景色を見ながら帰りに池まで下りる事にして、
画像

先に進みます。
画像

ミヤマムラサキは淡い紫色の花です.。(ワスレナグサに似た花ですね。)
画像

タカネイブキボウフウとシモツケソウが咲き乱れる中、霧が登って来ました。
画像

ダイモンジソウ
画像

ミヤマアキノキリンソウ?
画像

登山道も幅があって歩きやすいので写真を撮ったり自分のペースで歩く事が出来ました。
画像

ハクサン タイゲキもこの周辺から多く見られました。
画像

ヤマホタルブクロ。
画像

この登山道の、ここだけですが、ダケカンバ林の中を少し歩きます。
日差しがさえぎられてホットする所です。
画像

咲き始めたミヤマホツツジ。
画像

木々の合間からから見られる白馬三山。
画像

霧の中を歩く時もありました。
画像

9時15分、前方に見えるのは山頂手前の丸山です。
画像

ミヤマリンドウ
画像

9時20分、山頂で1泊した人や早い人は下山して来ますから交通集中に寄る渋滞です。(笑)
画像


お花の写真が多く後編に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140726お花三昧、大展望と大渋滞の唐松岳に登る。(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる