yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140911〜16   9月の追想・モスクワ (2)

<<   作成日時 : 2014/09/25 13:13   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

サンクトペテルブルクから移動して、モスクワに到着したのが21時、これから車で移動です。
22時頃でしたが市内に入る道は大渋滞です。
いくつもある合流地点で流れが悪く、東京の首都高の渋滞と同じです。
しかし、こんな時間まで東京は渋滞しません。
ホテルまで丁度、1時間かかりました。

サンクトペテルブルクのガイドさんの話ではモスクワの道路は大渋滞がよくあって空港まで2、3時間かかる事があるそうです。
本当は市内まで入れる列車移動がお薦めと言っていました。

だから最終日の集合時間がやたら早めに設定されている事に納得。
しかし帰りは夕方でしたが、道は流れていて30分で到着しました。


画像

さすがにモスクワは大都市ですからホテルから地下鉄に乗って20分位で市内のクレムリンに到着します。
最寄りの地下鉄駅です。
画像

距離に関係なく1回券130円でどこまでも行けます。
12路線走っていますからクレムリンまで一つ乗り換えると近くまで行ける事を確認して出発です。
画像

東京で複雑な地下鉄に乗り慣れているとは言ってもさすがに緊張しますね。
地下深くまで長いエスカレーターで下ります。
最近の東京の地下鉄も新しい路線は地下深くを走っていますからこれも同じです。
エスカレータのスピードは日本はゆっくりしていると思います。
画像

赤の広場と右側にクレムリン。
さすがに広いので少し感動です。
画像

ブァスクレセンスキー門、
画像

カザンの聖母聖堂前を通り、
画像

小学生の遠足でしょうか?
画像

半周位した所のトロイツカヤ塔からクレムリンの中に入ります。
画像

入った所にクレムリン大会宮殿があります。
ソ連共産党時代に建てられて、クレムリン内で一番新しい建物。
ミスマッチの感は否めませんね。
画像

左アルハンゲルスキー聖堂、右はブラゴブェシチェンスキー聖堂と覚えられませんね。
画像

城壁外にも聖堂がポツポツと見られます。
画像

イワン大帝の鐘楼前です。
イワン雷帝の頃、モスクワにこれ以上高い建物を建てる権利がなかったそうです。
画像

クレムリンから出るとロシアの聖堂のなかでも最も有名なポクロフスキー聖堂が赤の広場に建っています。
なんか、この景色をみながらここに立っているだけでもう十分な気持ちになりました。
画像

左、クレムリンの城壁で真ん中が赤の広場、そして右にポクロフスキー聖堂です。
画像

赤の広場に面しているグム百貨店で休憩です。
画像

クレープのようですがメニューには英語でホットケーキと書いてありました。
画像

地下鉄の一駅分位歩きながらボリショイ劇場前、
画像

繁華街をのんびりと歩きながらホテルに余裕を持って戻りました。
画像



ロシアは治安が悪い、スリに注意等、不安な情報も多々ありましたが、無事に戻って来れました。
ホテルはもちろん、お店でも英語は通じますがお互いに勘違い?があって一つ注文したのに同じ物が二つ出て来たときはきっぱりとおばさん根性で断りました。(笑)

車の送迎や、ガイドさんは紙に名前を書いて必ず迎えに来てくれました。

最後、モスクワのホテルから空港まで送迎の運転手さんは名前も言わず、空港の名前だけ言うので荷物を持って道に出ると普通のタクシーでした。(今までは、すべて乗用車でしたから。)
私達の送迎ではないと判断して戻って待っていると、しばらくして同じ運転手さんが戻って来て、iPad をかざして名前を言うので大笑いです。


テレビ東京の「Youは何しに日本へ?」のインタビューのクルー2組が成田空港にいました。
なぜかこの番組、夫が気に入って見始めました。
私も最近は見るようになって娘にも教えて、我が家ではまっています。
イタリア人の子供でしたが日本語がペラペラでした。
多分、放映されると思います。
画像



定番の「マトリョーシカ」を買ってきました。
10ピースですから一番小さいのはチョット分かりにくいですね。
お品が良くてもちろん手書きですからちょっと高めでしたが周りともマッチして違和感ありませんね。
画像

可愛い人形のなかにウオッカが入ってます。
画像

キャビアはお値段もピンキリでありましたが、これはチョコレートです。
画像

そして、若い人には一番人気のお土産でした。
タンブラーです。
私は普段、ここには入りませんが娘が日本よりかなり値段設定が高いと言っていました。
ロシアはかなり物価が高い印象を持って帰って来ました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わお!御加減悪いのかしらと心配していたけど、お楽しみだったのですねえ!
マトリョウシカのお腹の絵、一つづつ違っていて、衣装も素敵ね。
私はトランジェットでモスクワに寄っただけで、足踏み込んでいません。
ヨーロッパに行くのに、アンカレッジとかモスクワ経由があった時代です。
共産圏って新しい気がしますが、歴史的なものもしっかり残っているんですね。
プチ海外旅行した気分で楽しませてもらったわ!
さえ
2014/09/26 12:55
さえさん
長時間の飛行機が一番、気ががりでしたがおかげ様で行って来れました。
股関節の筋肉痛、鹿俣山山頂でお会いした年輩の女性の方が同じ症状でなんだかんだとやったが、やはり一番は筋力をつける事。
いまは、まずまず快適と言っていました。
症状がまるっきり同じで、なんかホットしたような気長に頑張ろうと思った次第です。
日常生活はもちろん、山歩きの最中も支障はありません。
座っていて動き出す時に筋肉痛みたいな症状があって・・・・(こんな次第です。)

娘、最近の子ですから学生時代から友達とそこそこ海外旅行しています。
で、まだ行った事がない所で選んだらここになりました。

両都市も市内はロシア革命以前の古い建物ばかりです。
少し郊外に行くと見てすぐに分かりますがソ連時代の質素で飾り気のないコンクリートの建物が多く並んでいました。(ガイドさんから教えてもらいました。)

東欧のウイーンやプラハに似ていると思いました。

izumi
2014/09/26 15:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
20140911〜16   9月の追想・モスクワ (2) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる