yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20141018信越トレイルの牧峠〜花立山〜宇津ノ俣峠を歩く!!

<<   作成日時 : 2014/10/21 13:08   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

牧峠〜花立山(1069m)〜宇津ノ俣峠 

時期 2014年10月18日(土)

天気 晴れ

駐車場 牧峠 4、5台駐車可 (トイレはありません。)

行動時間 5時間5分(休憩を含む)

コース 牧峠9:15-花立山9:55〜10:15-宇津ノ俣峠11:10-宇津ノ俣峠登山口12:00-林道出会い12:16〜13:03-牧峠
14:20

画像


2013年3月に麓から花立山(1069m)に登りました。

雪のない時期に花立山の山頂の標識を確認してきました。
牧峠〜花立山(1069m)〜宇津ノ俣峠のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

この比較が面白くて同じ信越トレイルの残雪の鍋倉山紅葉の鍋倉山を歩いています。



なべくら高原「森の家」前から冬期は通行止めになる道を牧峠まで車で登って行きます。
9時15分、牧峠から宇津ノ俣峠に向けて歩き出しました。
画像

赤、黄に色づいた木々のトンネルの中を歩く事になります。
画像

トレイル上にもブナの大木があります。
画像

見上げると、これから黄色くなる木、丁度見頃の黄色の木、少し赤茶けた木とあって面白いです。
画像

低木のブナが多いので黄色のトンネルとなります。
画像

進行方向、右側の南方向には高社山が見えます。
更に後ろは岩菅山、志賀高原方向になります。
画像

トレイルですからアップダウンはそれ程は急ではありませんが前方に見えて来たのが花立山です。
画像

振り返るとこんな感じでアップダウンしているのがよくわかります。
画像

花立山手前の展望が開けた所、進行方向、左側の北方向はもちろん新潟県で日本海が見えます。
海沿いの火力発電所が見えました。
画像

9時55分、歩き始めて40分、花立山に到着です。
木々に囲まれていて展望はききません。
画像

2013年3月30日に麓の「森の家」から花立山をめざして登った時はもちろん山頂標識は雪の下でした。
GPSを見ながら、「この辺が山頂かな?」なんて言いながらトレイル上を少し先まで歩いて引き返しました。
画像

10時15分、宇津ノ俣峠方向に進みます。
画像

黄葉が多い中、モミジの紅葉は目をひきます。
画像

10時45分、花立山と宇津ノ俣峠の丁度、中間点あたりに新潟県方向から登って来る登山道があります。(上越市牧区です。)
アプローチ途中から登山道が見えていて話し声が聞こえていました。
丁度、分岐点で出会いました。
登山道の整備で登って来た方達でした。
画像

宇津ノ俣峠に向けて、ブナの黄葉が楽しめました。
画像


画像


画像


画像

11時10分、宇津ノ俣峠に到着です。
最初は引き返す予定で歩き始めましたがトレイルの上から下を見るとブナ林が密集しているのか分かりましたから
ここから登山道を下る事にしました。
車で登って来る時に登山口があるのは確認していました。
そしてそこから牧峠に向けて車道を歩いて戻る事にしました。(車で登って来る途中、ブナの黄葉がとても見事でしたから多分、退屈はしない。)
画像

落葉でふかふかしていて足元に優しい急坂を下る事になります。
画像


画像

ブナ林の合間から歩いて来たトレイルが見え隠れします。
画像

見上げるとこんな感じです。
画像

ブナ林の中をずーと下る事になりました。
大満足している所です。
画像

11時37分、下り初めて40分位、沢を渡って、
画像

ブナ林を見上げます。
画像

最後は、紅葉した低木の中を進んで、
画像

12時、宇津ノ俣峠登山口に出ます。
正面には休耕地の畑があって畑の端に道があります。
画像

右側が歩いて来たトレイルで登山口があります。
ビニールをかぶった畑、そして左側に林道に向かう道があります。
画像

正面に見えるのが鍋倉山です。
画像

12時16分、林道に出ました。
ここから、1時間は歩きますからここで昼食です。
画像

13時過ぎに歩き始めました。
右端に信越トレイルの鍋倉山を見ながら、野沢、木島平方向の山並みです。
画像

車で牧峠まで登って来る時はブナの黄葉が綺麗と思ってました。
歩いて見ると黄葉はもちろん綺麗でしたが、こんなに多くの沢が何本も流れていて水の音を聞きながらの帰り道とは予想もしていませんでした。
ブナ林の間、少し黒く影になった所に沢が流れています。
最初は数えていましたが途中から何本あったか、分からなくなる程でした。
画像

少しずつ登って来ますからブナも黄色味を増して来て、
画像

楽しい林道歩きとなりました。
車もめったに通りません。
画像

首が痛くなるほど見上げながら歩いていました。
今日は一日中、青空でした。
画像


画像


画像

14時16分、もちろん車で登って来る時は分からなかった、草木の合間の石仏。
手を合わせて進むと、
画像

14時20分、牧峠に戻りました。
信越トレイルをこんな歩き方をしている人少ないのでしょうが変化に富んでいて楽しかったです。
なべくら高原「森の家」に寄って明日登る予定の天水山の情報を聞いて、野沢温泉に移動です。

夕食は少し早目でしたが、隣の木島平村にある「土曜日はイタリアン 」に行きました。
今回で2度目です。
冬の時期はスキー客も多くにぎわっていましたが、さすがに空いていると思ったのもつかの間。
多くの家族連れでにぎわう事になりました。

「野沢菜とタラコのパスタ」は黄身が乗っていて混ぜてから食べます。
ピザも少し厚めの生地で美味しかったです。

道の駅「信越さかえ」で車中泊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
眺望はいいですね!道迷いしそうな所はなさそうですね。
紅葉も綺麗ですし、トレイルも愉しそうです。
このトレイルは全長は長いのでしょうね〜
カスミッシモ
2014/10/21 18:58
カスミッシモさん
斑尾山から始まって天水山まで、全長80キロです。
整備されていますから道標もポイントには必ずあります。
問題は林道が通れる季節に峠に行くバス等がはしっていればもう少し通しで歩きやすいのですが。

自分の車を到着地点に置いてから泊まった旅館で送迎してもらう方が多いようです。
我が家は往復しています。


izumi
2014/10/22 09:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
20141018信越トレイルの牧峠〜花立山〜宇津ノ俣峠を歩く!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる