yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20141108巻機山展望の山、威守松山

<<   作成日時 : 2014/11/11 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

威守松山(えもんじょうやま)(1214,2m)

時期 2014年11月8日(土)

天気 晴れ

駐車場 イガシラ登山口 10台駐車可
(1日500円等の看板ありましたが徴収箱や巻機山の桜坂駐車場の様に下山時間帯に徴収する人もいませんでした。)

(トイレはありませんから291号線のバス停、清水で使用。ここの巻機神社から威守松山の登山口もあります。)


行動時間 4時間25分(休憩を含む)

コース イガシラ登山口(寺屋敷コース)8:25-威守松山10:00〜11:00-飲用沢12;23-イガシラ登山口12:50

威守松山のGPS山行記録
です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


2010年9月25日に草紅葉が始まっていた巻機山に登りました
イガシラ登山口へのアプローチは巻機山の桜坂駐車場の手前にあります。
バス停清水から巻機山登山口の標識が出て来ますから分かりやすいのですがイガシラ登山口や威守松山への標識が出ていませんから注意が必要です。


避難小屋ではなく森林組合の作業場でしょうか?
このような建物が周辺に数件あります。
この日は霜がおりていて冷え込みました。
寒いです!!
車から降りて登山口を確認している所です。
パーカーのしたにライトダウンを着ています。
画像

作業場の青い屋根、駐車場、そして反対側が登山口入口になります。(下山時に撮った写真です。)
画像

8時25分、最初に丸太の橋を渡ります。
なんの標識もありませんからチョット不安ですが皆さんのブログで確認済みです。
画像

丸太の橋も霜で凍っていましたからびくびくしながら渡る事になりました。
画像

橋を渡り終えると、道の両側に背丈程のススキ、そして前方に見えるのが威守松山。
画像

8時31分、歩き始めて数分でしたがこんな標識が出て来るとやはりホットしますね。
周りは霜が降りていてとても寒いです。
画像

振り替ええると巻機山の大展望です。
画像

麓の山々は紅葉していたので、楽しみにしていましたがこちらはほとんど落葉していました。
画像

尾根に出るまでは杉林の中を急登です。
幹の曲がり具合でいかに雪深いかが分かります。
画像

寺屋敷跡の標識があったので見渡しますが?
なにもありません。
画像

8時55分、急登を終えて稜線に出て、これから緩やかな稜線歩きかと思ったのですが・・・
画像

ブナの葉はすっかり落葉していましたが、
画像

キノコが顔を出していました。
画像

青空にブナの幹が白く輝いていて木々の合間から周りの山並みも良く見えて楽しい稜線歩きの始まりと言いたかったのですが・・・
画像

時間にしたら丁度、1時間。
こんな感じの急登となりました。
画像

登りきったと思ったらまたピーク。
そして急登。
それの連続は3回あったと思います。
画像

振り返ると急登がわかりますね。
画像

木々は落葉して展望も良くなっていましたがあまり周りを見る余裕もなく登っていました。
画像

あのピークが山頂であってほしいと思いながら見ています。
画像

最後はロープも出て来て、落葉で滑りやすいので下りが心配です。
四つ足で登っていますね。
画像

10時、山頂に到着です。
画像

巻機山井戸尾根、三角に尖った天狗岩から割引岳も良く見えます。
画像

魚沼平野とその奥に米山・刈羽黒姫山方面でしょうか?
ぼんやりとしていましたが遠くまで見渡せました。
画像

南方向は三角に尖った大源太山、七つ小屋山、朝日岳方向。
画像

山頂から360度のパノラマです。
拡大して見て下さい。
画像


画像

山頂には丁度、1時間いましたが登って来る人はいませんでした。
飲用沢、桜坂林道方向に向けて下山する事にしました。
画像

山頂方向を振り返って、この景色に感激!!!
画像

11時、山頂の東側に向けて下山開始です。
目の前に見事なキタゴヨウマツ。
「威守松山」の山名がついただけの事はあると?納得しました。
画像

飲用沢に向けて稜線直下の急下降が待っていました。
ロープ、ロープの連続になる事は知りませんでした。
画像

ロープを伝って下りて行く事になりました。
画像

途中、コースが分かりにくい所は沢に向かって下りて行きます。
藪漕ぎしているのが分かりますか?
画像

気がつくと登って来た稜線が見えました。
画像

またまたロープが出て来てコースを外れてない事を確認。
大変なコースを下りて来てしまいました。
画像

下山開始から1時間20分位でやっと一息つける所まで下りて来ました。
山頂直下からロープを伝っての下り。
道が分かりにくい所は少しありましたが、途中から石段になっていました。
画像

12時23分、ここまで緊張の連続でした。
飲用沢に出ました。
画像

ここからはハイキングコースとなります。
画像

落葉を踏みしめながらわずかに残っている紅葉を楽しんでいます。
画像

ススキの合間から後ろに登って来た稜線が見えています。
そしてここにも作業場がありました。
画像

振り返ると威守松山と紅葉。
画像

12時49分、飲用沢から25分で桜沢林道にでました。
右に行くと巻機山の桜坂駐車場でもちろん私達は左に戻ります。
画像

12時50分、カラマツの黄葉を振り返って見て、このカーブを曲がったと思ったらイガシラ登山口の駐車場に戻りました。(最初から2番目の写真に繋がります。)
画像

麓の上田屋食堂で山菜蕎麦を食べました。
てんこ盛りの山菜にびっくりです。
先にお蕎麦を下からかき分けて食べました。(笑)
画像


六日町方向に移動途中、六日町名物のお六饅頭のお店「ことう」で試食しながら購入。
リニューアルした町湯、「湯らりあ」でのんびり。

さらにお隣の長森にある「魚沼の里」に寄ります。
ここは今年4月にカタクリを見に六万騎山に登った時に看板をみて知りました。

「雪室千年こうじや」で塩麹、、雪室貯蔵した野菜、もちろん八海山の原酒、麹だけで作った甘酒等を購入。

少し夕飯には早かったのですがそば屋「長森」でもり蕎麦を食べました。

久しぶりの山歩きでした。

10月下旬から11月にかけて、息子が独立(結婚)することになり引っ越し、家具の組み立て(安くで済ませるため、「IKEYA」で買ったのは良かったのですが組み立てが大変でした。)
さすがに一人では無理なので手伝いました。

気に入ったマンションが偶然、我が家からも見える所で引っ越しの荷物も重い物は車で運びますが、毎日、チョコチョコと運んでいます。

我が息子、私が言うのもなんですが、今まで反抗期もなく、ほんと〜に素直に育って来ました。
つい私も気軽に頼って毎日生活して来ました。
誰に似たのか分かりません。

娘はバッチリ、生まれた時から今に至るまで反抗期。
少し結婚して丸くなりましたが・・・(笑)

姉弟ですが不思議と仲が良いです。

これから年寄2人の生活となります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
寒そうな山ね。でもこの土日はこちらはお天気が悪かったのに、二日とも歩けたのね!
イケアの家具厄介ね。家もベッドを買ったけど、スノコが多い方が寝心地が良いっていわれたので、一番多いのにしたら組み立てるの大変だったわ。

でも、友達の電気屋の息子は茶か茶か組み立ててくれて、私と同い年の大工さんは苦手そうだったわ。
さえ
2014/11/11 16:32
さえさん
百名山の巻機山のホントにお隣の山です。
不思議と登っている人が少なくこの日は多分、我が家だけだったと思います。
1、2週間早く登っていたら紅葉は楽しめた所ですが、落葉したブナの幹を見ながら展望も良くなりますからこの時期の山歩きも結構好きです。


イケアのベット、笑ちゃうぐらいスノコ大変でした。
最後は4人でチマチマと組み立てましたよ。

夫と息子は得意ですから私はほとんど見ているだけですが段ボールを片付けたりと新居を構えるわけで大変でした。

izumi
2014/11/11 18:38
こんばんは。
急斜面に落ち葉が深く積もっていると、危ないですね。
でも、ロープがあればなんとかなりますね。
枯葉の下の根に足を引っ掛けないように、いつも注意してます。
結構温度下がっていそう。寒そうですね。
特盛そばが美味しそ〜う。採れたての山菜は美味しいですよね。
グルメとお土産選びも山歩きの楽しみの一つですね!
カスミッシモ
2014/11/11 21:53
カスミッシモさん
そうなんですよ。
登りながらここを下るのは辛いな〜と思いながら一歩づつ登って来ました。
飲用水方向の周回道はブログで読んでいたので知ってはいましたがこれほどとは思って見ませんでした。
我が家は1時間20分かけて下りた所、年齢的にもそんなに変わらないと思われる夫婦でしたが40分弱でした。
運動能力が基本的に違うようでした。
途中から引き返すのも怖くて、時間をかけて下りて来ました。

落葉のしたの木の根っこが怖いです。
何度か足を滑らせました。

珍しい山菜を多く入っていてここはお薦めですね。
季節によってずいぶんと変わるようです。
この時期はこれだけでメニューはありません。
izumi
2014/11/12 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
20141108巻機山展望の山、威守松山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる