yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20141115裏妙義の紅葉を楽しむ

<<   作成日時 : 2014/11/17 15:29   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

裏妙義の紅葉を楽しむ

時期 2014年11月15日(土)

天気 晴れ

駐車場 国民宿舎裏妙義 (トイレあり)

行動時間 6時間35分(休憩を含む)

コース 国民宿舎裏妙義8:15-三方境10:27〜10:13-女道分岐10:40-(途中で2回に分けて休憩、紅葉狩です。1時間位。)-谷急沢二股の沢12:48〜13:16-女道登山口入口13:58〜1410(林道を少し奥まで散策)-国民宿舎裏妙義14:50

画像



裏妙義のGPS山行記録です。


2013年11月16日に裏妙義の紅葉を楽しみながら谷急山前峰のP2峰まで歩きました。

2010年11月27日は同じコースを歩いて谷急山山頂まで登って女道を下山しています。

歩いて見たいと興味のある方はクリックして見て下さい。


8時15分、裏妙義の国民宿舎横から登山届を提出して出発です。
画像

歩き始めて、1時間ほどは杉林の中を登ります。
昨年はこの辺で、数m、前に行く男女が「熊が出た!!と言って引き返して来た所だよね。」なんて会話をしながら登って行きました。
画像

9時、そろそろ落葉樹林が見え始めると、
画像

モミジが見え始めます。
この時、急に突風が吹いて今まで晴れていたのに雲が出始めました。
時間待ちをしながら登って行く事になりました。
画像

晴れ予報のわりには雲が多いかな?
画像


画像


画像

少しずつ登りながら、ここの紅葉は杉林との間にあります。
もうこれで終わりかな?と思って登って行くとまた素晴らしい紅葉に出合います。
画像

妙義の山並みが後ろに見えるのが魅力でもあります。
画像


画像


画像

モミジだけではなく落葉樹林の黄葉も素晴らしいです。
画像


画像

標高を上げて来ると周りの山並みも良く見え出します。
画像

写真を撮りながら、しかも途中で急に曇って来たので、時間待ちもありました。
画像

稜線を見上げると、大岩がゴロゴロした所も多々あります。
画像

目の高さ近くに、妙義の山並みが見え始めると、
画像

10時27分、三方境の尾根に出ます。(コースタイムより30分+。)
画像

今年は谷急山まで行く気力はもともとなく、私は三方境まで登って浅間山が見えたら谷急山前峰のP2峰まで登ってもいいかなと思っていました。
周りは青空なのに、浅間山は雲に隠れていました。
画像

10時40分、丁度、女道への下山分岐点まで来たら2グループが休憩していてガイドさん付でこれから谷急山に行く所でした。
今日はのんびり女道を下りながら紅葉狩りとなりました。
画像

途中でビニールシートを広げてゆっくり休憩。
画像


画像


画像

尾根沿いに歩いて来た途中から、谷を下って行く所です。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

12時17分、このまま下って行くのがもったいなく(笑)、少し尾根に登って高い所から紅葉狩休憩。
昼寝をしている夫、私は尾根沿いに少し歩いて見たりと。
上から下って来る人が尾根沿いに歩いているので「少し手前から谷に下りないと!」と思って見ていたら途中で気がついて戻っていました。
うっかりすると間違いやすい所ですが、テープをしっかりと追いながら下山です。
画像

昼寝をしながら見上げるとこんな景色が見えました。
画像


画像

名残惜しいのですがこの空間からお別れです。
ここを下って行くと、谷急沢の流れの音が聞こえてきます。
画像

足元に気をつけながら進む所です。
画像

12時48分、谷急沢二股の沢に到着。
ここを素通りするのは、もったいないので、
画像

こんな景色を見上げながらまたまた休憩です。
画像

ここからは沢を左右に渡りながらの下山です。
標示は必ずありますから分かりにくい所は探して下さい。
沢沿いに適当に歩かない事!!
画像

落葉を踏みながら滑らないように注意!!
画像


画像

13時58分、女道登山口入口に下山です。
今日は朝から前後したグループと最後まで一緒でした。
記念写真を撮り合いっこです。
画像

14時50分、ここから林道を少し奥まで散策して国民宿舎裏妙義まで戻りました。
画像


今回も素晴らしい紅葉を楽しむ事ができました。
これから磯部温泉「恵みの湯」に移動。
買い物、食事をして、道の駅「下仁田」で車中泊。


明日は「西上州 神成山 九連峰」(日本一きれいなハイキングコース)を歩く 予定です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
紅葉でもこの色合い、ピンク系のこの紅葉はまた格別です!
裏妙義は熟達者の山と聞いていますが、写真からはほのぼのとした山歩きが伝わってきます。やっぱりGPSが強い味方でしょうか。
カスミッシモ
2014/11/17 17:57
今晩は。
最近は三方境下の紅葉谷もすっかり有名になりました。10年ほど前までは、行き交う人はゼロに等しいくらいでした。西上州の山では私よりズーット詳しい地元の山友さえ知らなかった所です。嬉しいような、困ったような複雑な気分です。昔はもっともっと赤い紅葉が多かったのですが・・・。今週末は行く予定です???。
インレッド
2014/11/17 19:42
うわ!あの谷筋におりる紅葉を今でも思い出します。
急な下りなのに、たくさんの葉っぱで気持よく下りました。
相棒が下ってすぐに右にいってしまったので、印みて違うよ!ってすぐにわかりました。今年は少し早いようですね。
今年は冬支度で行けそうにありません。
さえ
2014/11/17 21:14
カスミッシモさん
裏妙義の丁頭の頭、赤岩、烏帽子岩方向は歩いた事はありません。反対側の谷急山までは地図では破線ですが私でも登れました。
今回のコースはこの時期ならGPSがなくても十分に印がついていますから歩けると思います。
昨年と同じ時期に登りましたが微妙に紅葉具合が違っていますね。
だから、お気に入りの所は毎年でも足が向くのでしょうね。
izumi
2014/11/18 12:30
2004年位から山歩きを始めました。
関越、上信越道を使って浅間山、湯の丸山等に登った時に見た山並み。
なにも知りませんでしたから登れるのかな〜?
なんて思いながら眺めていました。
中間道なら初心者でも登れる事を知って2009年11月に登りました。
少しスリルもあって楽しかった思い出です。
その時、テントミーさんに今度は裏妙義の国民宿舎から紅葉谷のコースを教えてもらいました。
そしてインレッドさんから谷急山、女道を下るコースを教えてもらいましたよね。
その頃はまだ、印も少なくGPSにコースを入れて女道を緊張しながら下りました。
中間道に比べればさすがに歩いている人は一日でもほんの数十人にも行かないと思いました。
izumi
2014/11/18 12:47
さえさん
ほんと、昨年と比べても紅黄葉の具合が微妙に違って面白いですよね。
私も女道の紅黄葉の方がお気に入りです。
自然で良いですよね。
今年はホントにのんびりと女道で休憩しながら楽しんで来ました。
晴れて天気にも感謝です。

我が家も少し早いのですが、今週末までにはスタッドレスタイヤに交換する予定です。
15日(土)の「ヤマレコ」を見て奥日光や那須岳周辺は雪が積もって大変だったとあってビックリした次第です。

izumi
2014/11/18 12:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
20141115裏妙義の紅葉を楽しむ yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる