yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20150315大展望の安達太良山に登りました。

<<   作成日時 : 2015/03/17 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

安達太良山

時期 2015年3月15日(日)

天気 晴れ

駐車場 安達太良山奥岳登山口(24時間利用できるトイレがスキー場内にあります。)

行動時間 7時間5分(休憩を含みます)

コース  安達太良山奥岳登山口7:00-勢至平分岐(くろがね小屋コース)-くろがね小屋9:17〜9:25-峰ノ辻10:20-安達太良山10:55〜11:05- 峰ノ辻11:30〜11:35-(峰ノ辻コース)-途中で昼食12:00〜12:31-勢至平分岐13:06 -安達太良山奥岳登山口14:05

画像



安達太良山までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

2013年1月にくろがね小屋までスノーシューで歩いています。
小雪が舞う天気でしたから周りの山並を見る事が出来ませんでした。
今日は安定した天気ですから山頂を目指します。



7時、スキー場を左に見ながら進みます。
登山届を提出して出発です。
画像

今年は雪の量が多いような感じがします。
画像

木々にたっぷりと積もった雪が朝日を浴びて輝き始めています。
画像

8時、小一時間かけて標高を上げて来ました。
展望がやっと開けて来ました。
画像

8時20分、今年は雪の量が多く、勢至平分岐の標示が雪に隠れていました。
昨日まで3日間、雪が降っていて、くろがね小屋に至るトレースはしっかりとありましたが、勢至平から峰ノ辻コースに行く分岐点が分かりませんでした。
前日の土曜日にくろがね小屋まで入った人はそこそこいたそうです。

結果的には我が家は早い出発だったようです。
下山時には峰ノ辻コースを下って来ましたが、トレースはしっかりとついていました。
左、安達太良山、右は鉄山です。
画像

蔵王連峰を右手に見ながら進みます。
画像

山がぐんぐんと近づいてきます。
くろがね小屋までは、なだらかな登りコースです。
画像

右側が斜面になっていますから一歩ずつ踏み固めて進みます。
ツボ足の方はこの辺は少し苦労する所です。
画像

前回はこの景色を見て引き返しました。
一旦、小屋まで少しですが下ります。
画像

9時17分くろがね小屋前で軽食を取って、
画像

9時25分、山頂に向けて出発します。
トレースはもちろんしっかりとあります。
だだっ広い空間を登って行きますから少し辛い所で、私は苦手ですが今日は風もなかったので登る事ができました。
そして少し暑い位でした。
画像

一歩一歩、進んで行きました。
画像


画像

右に篭山、早い方は下って行きます。
画像

振り返ると、私達は少し高い所を登っています。
後ろに蔵王連峰が見えます。
画像

10時20分、峰ノ辻を少し下に見ます。
数人の方達が固まって見えます。
少し前から留まっていたグループです。
これは少し後になって理由が分かりました。
画像

我が家は先に進みます。
画像

広い所、歩いているのが分かりますか?
後、30分弱で山頂予定でしたが・・・・
画像

10時28分、ヘリコプターが飛んで来て、
画像

人が下りて来て、
画像

一旦、ヘリコプターが旋回して来てから救助が始まって、
画像

最後に隊員の方が乗り込みました。
時間にして10分でした。
夫は立ち止まって写真を撮っていました。
私はゆっくりと先に進んでいました。
訓練でヘリコプターが飛んで来たのかな?と思っていました。
画像

10時40分、私が先に進んでいるのが見えます。
画像

振り返ると、東吾妻山から西吾妻山まで見え出しました。
画像

そして、頑張って登って来る、夫を見ながら、蔵王連峰を望みます。
画像

山頂直下は少し凍結した所もありましたが、スノーシューで登って来ました。
画像

10時55分、山頂に立ちました。
画像

東吾妻山から西吾妻山まで良く見え出しました。
画像

カチカチに凍った山頂標識、右に蔵王連峰、左に吾妻連峰です。
画像

船明神山を見ながら、磐梯山、飯豊山方向が薄っすら見えました。
画像

11時5分、まだまだ多くの方が登って来ます。
さすがに山頂で食事をするには寒いので下る事にします。
画像

スノーシューで滑るようにして下るとアッと言う間に下って来ました。
画像

11時30分、峰ノ辻の道標を目指して下って来ました。
峰ノ辻コースから登って来る方も多く、朝はトレースがなくてわからなかったので下って行けるか心配でした。
その必要はない位、多くの方が登って行きました。
画像

峰ノ辻コースを下って行きます。
画像

広々した平な所まで下りて来て、
画像

12時、こんな景色を見ながら昼食を取りました。
30分休憩です。
画像

標高を下げて来ると、蔵王連峰の左側に吾妻小富士が見えて来ました。
画像

13時6分、勢至平分岐地点付近まで下って来ました。
ここからは同じ道を戻る事になります。
画像

14時5分、急坂を下って来て、なだらかな下り坂になった所で靴紐がほどけたかな?
と思いながら後少しなのでそのまま戻りましたが見事に切れていました。
靴紐がきれたのは初めてでした。(予備の靴紐は持っています。)
画像


今日は、岳温泉の「岳の湯」に初めて寄りました。
便利な所にあるのに今回が初めてでした。
源泉かけ流しの温泉です。

予想していたほどの渋滞もなく、思ったより早めに帰宅出来ました。

天気も安定していなかったり、行事が重なったりと、山歩きが出来ませんでした。
来週は春の花を楽しみたいとと思っていますが天気がいまいちですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!
冬の安達太良山とは驚きです。関西の山の積雪量とは雲泥の差でしょうから、冬山歩きの熟練度が判りますね。冬山ならではの展望の良さに見入ってしまいました。
数年前の夏に登った記憶が、ちょこっと蘇ってきました。
山ちゃん
2015/03/17 21:24
山ちゃん
前日まで3日間、雪が降っていたそうで、サラサラの雪でした。
山頂直下だけ凍っていましたが私のスノーシューはグリップ力がかなりありますから、アイゼンを使用しないで、そのまま登れました。
もちろんこの天気だったので登れました。
GPSを見ながらホアイトアウト中は登れません。

私も山歩きを始めた頃、夏に登っています。
再訪したと思っています。
izumi
2015/03/18 12:51
こんばんは。
晴れていて気持ちの良い雪山歩きです!
結構たくさんの人が登っていますね。
スノーシューも種類がたくさんあるようですが、使い勝手はどうなんでしょう。
カスミッシモ
2015/03/19 20:28
晴天の安達太良山ステキー!
山頂に向かって勢至平から登る斜面の
まっしろな雪に青空が広がってる景色だいすきです。
強風でなければですが!笑
3月に入ると天候も安定して登りやすくなりますね。
GPSのあるizumiさんたちなので
次回はぜひ八の字あたりから林間へ突撃していってください。
もふもふ雪が最高ですよ〜♪
くっきー
2015/03/20 17:13
カスミッシモさん
安達太良山は冬場はなかなか晴れないので登るのが難しいです。
くろがね小屋で1泊して様子を見て登る方も多いようです。
ここは温泉付きですから魅力的です。
山に取り付く手前の平らな所はツボ足やアイゼンを付けた方は踏み抜きが多くて大変そうな所も多かったです。
スノーシューですとこれが嬉しい位、沈まず楽に進めます。
そして、私が持っているスノーシューは登山用ですから滑り止めがしっかりついていてアイゼン替わりになります。
今回、アイゼンももちろん持参しましたが履き替える必要はありませんでした。
そして、何より魅力的なのがヒールリフターが付いているので上り坂ではかなり楽になります。
残雪歩きと花を求めての山歩き、どちらも魅力的でもう少し続くかなと。
izumi
2015/03/23 11:53
くっきーさん
安達太良山、勢至平から山頂を目指すコースは夏道でも歩いたことがなく今回、登りのい使いたかったのですが。
前日まで雪が降っていたのでトレースにつられて、くろがね小屋経由となりました。
GPSを持っていても冬山は怖いので安全なコース取りをしますね。
下山する頃になって多くの方達が登って来たので我が家も下山しました。
夏に一度でも歩いていると違うのでしょうが次回は夏道では歩いた事がある薬師岳経由も良いですね。
クッキーさん達が林間の中をパフパフしながら下山した事、覚えていましたから我が家も行こうかなとも思ったのですが・・・
我が家はスノーシューは背負うのは重いので結構、最初から最後まで履いている方が多いかな!!
izumi
2015/03/23 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
20150315大展望の安達太良山に登りました。 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる