yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20150501大展望の四国の山、平家平

<<   作成日時 : 2015/05/12 11:19   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

平家平(1692,6m)

時期 2015年5月1日(金)

天気 晴れ

行動時間 7時間12分(休憩含む)

駐車場  住友フォレストハウスを通り過ぎてすぐ右手に数台可
(住友フォレストハウスでトイレは利用できるようですが朝早いとオープンしていません。)
登山届はここで提出可。

コース  駐車場6:50-住友フォレストハウス6:55-冠山・平家平分岐7:06-巡視路分岐9:35-平家平10:23〜11:26-巡視路分岐12:02-住友フォレストハウス13:50〜14:00-駐車場14:02

平家平のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

大座礼山(林道通行止め)が登れないので、今日は平家平、冠山に登る予定です。
昨日の筏津登山口より少し手前に住友フォレストハウスがあります。
ここは昨日の登山口より200mばかり高い所にありますから標高差は810m位です。


ここから平家平、冠山、一ノ谷越経由で周回。
昨年に、このコースを歩いた方の記録だと一ノ谷越から先に下山道が荒れていて橋も朽ちている所もあって登りより時間がかかったと。
私には無理かな?
今年は整備されているかな?と思いながら登って行きました。

写真、手前の車の方と途中で出会いました。
このコースを登りに使ったそうですが、一ノ谷越から先の下山道は私を見てか、使わないでピストンした方が良い事を教えてもらいました。(やはり整備されていないようです。)
6時50分、今日は少し早目に出発です。
画像

登山届を提出、10時から開館なのでトイレは利用出来ません。
広い空間なので、登山道は?
少し探しながら進みます。
画像

7時6分、鹿避けの柵を越えて行きます。
画像

冠山方向との分岐点。
我が家は平家平方向に進みます。
画像

吊り橋を渡ります。
画像

え!!川を越えるの?
と一瞬思いましたが横に立派な橋があって一安心。
画像

今日は晴れていて日差しが強いのですが森深い所を進みますからそれ程、暑くは感じられません。
画像

立派な階段で整備されている所が数か所。
画像

7時40分、送電線巡視路ですから全部で3つ出て来ます。
10分間の休憩です。
少し展望が開けて平家平、冠山方向が見えました。
画像

直ぐに、森深い登山道となって大岩を見上げている所です。
画像

またまた、階段です。
左方向にも階段になっていて、標高を一気に上げて行きます。
画像

8時24分、2つ目の鉄塔。
画像

つづら折れの登山道になって来て歩きやすくなって来ました。
画像

9時前、3つ目の鉄塔。
早く稜線に出たい気持ちもあって最後は頑張りました。
この途中で最初に書いた、一ノ谷越方向は使わない方が良い事を教えてもらった方に出合いました。
画像

9時35分、巡視路分岐に出ました。(コースタイム2:20の所、休憩を入れて2:45かかりました。登山届を提出、登山口を少し探したり、もちろん休憩もしてきましたからこれは標準です。)
(私が疑問に思ったのは下山コースタイムが1:10と書いてある事です。)
画像

ここからは楽しい稜線歩きとなります。
四国の山並みの奥深さを始めて知ったのも、こんな景色を見たからです。
画像

稜線上はブナの芽吹きは始まっていませんが手前にある木がブナ林です。
画像

高知県方向の山並みです。
画像

昨日、登った東赤石山方向です。
画像

のんびり歩いても巡視路分岐から50分(コースタイムも)で、
画像

10時23分、平家平に到着です。
画像

左から、手箱山・筒上山・石鎚山・瓶ケ森・伊予富士・寒風山・笹ケ峰方向が全部見えます。
画像

平な空間、もう少し先に進んで、
画像

大岩がある所で冠山に続く稜線を見ながら大休憩。
11時26分、ここまでにして引き返すことにしました。
画像

稜線上に咲いていたスミレ
画像


画像

稜線上のブナ林の樹形を楽しみながら、
画像

光の当たり方が変わって輝いている中、
画像

森林浴です。
画像

ミツバツツジはほんの少し楽しめましたがアケボノツツジは冠山方向に進めば楽しめたようです。
しかし今年は裏年のようです。
ピンク色に山が染まった写真を見ていたので少しがっかり!!
沢沿いに咲いていた可愛い白い花?
画像

13時50分、住友フォレストハウス内に一面に咲いて山芍薬と
画像

クマガイソウには驚きました。
画像


明日は伊予富士と寒風山に登ります。
隣りに見える山ですが一度、新居浜市内に下りて、隣の西条市から国道194号線で寒風山トンネルを越えて少し進んだ所の道の駅「木に香」で車中泊です。
ここは温泉、レストラン(20時まで)もあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
山芍薬とクマガイソウに出会えたんですね。すばらしい!
カスミッシモ
2015/05/13 19:28
カスミッシモさん
標高差がそこそこありますから、稜線に出るまでが結構辛くて!!
下山して来た時に咲いていた(保護されています。)花には癒されました。
他にイカリソウ、ナルコラン、ヒメアヤメ等も咲いていました。
カメラを片手に観光でこれを目的に訪れている方もいました。
izumi
2015/05/14 10:11
クマガイソウと山シャクはどこでもセットなんでしょうか?
この山は私も行ってみたい山です。山頂の尾根がなんとも言えませんね。
私たちにとってもでも四国は遠いわ。剣がなんとか日帰りできるところですが、
あこがれは三嶺なんです。
さえ
2015/05/14 11:00
平家平、冠山、一ノ谷越経由で周回出来たら、良かったのですが。
やっぱり無理と判断しました。(もちろん、多くの方は歩かれていますが。)

私が初めて四国の山は剣山でした。
そこまでのアプローチする道にカーブが急なのに驚いた記憶が鮮明で。
今回、夫が四国に行きたいとリクエストがあった時、「運転、良いの?」と確認しました。(笑)

剣山に登った次の日に「三嶺」に登りました。
それはそれは天国を歩いているようでした。
山頂から戻るのが惜しくて、少し先まで歩いて見たりと。
何度も登っている方の話ですが「いつ来てもこの山は素晴らしいがコメツガの紅葉時期が一番お薦め。」と言っていたのが印象に残っています。
izumi
2015/05/14 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
20150501大展望の四国の山、平家平 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる