yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20150912志賀山、奥志賀山、赤石山を周回しながら池めぐりも楽しみました。(後編)

<<   作成日時 : 2015/09/15 11:04   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

志賀山(2037m)、裏志賀山、赤石山(2108.6m)

時期 2015年9月12日(土)

天気 晴れ時々曇り

駐車場  硯川登山口(志賀山登山道・池めぐりコース入口)(前山スキー場) (トイレあり)

行動時間  8時間46分(休憩を含む)

コース  硯川登山口8:07-渋池8:31〜8:35-志賀山登山口分岐8:52-志賀山9:40〜9:50-裏志賀山10:17〜10:30-四十八池分岐(池めぐりコースに合流)10:50-大蛇神社11:33〜11:40-大沼池11:43〜12:35-忠右衛門新道分岐13:24-赤石山13:47〜14:00-忠右衛門新道分岐14:15-四十八池分岐15:30-四十八池15:38〜15:46-渋池16:26-硯川登山口16:53

.志賀山、裏志賀山と歩いて来ました。

レストハウスの裏手に水洗トイレがありました。
赤石山はそこを通過して(表示はもちろんあります。)うっかりすると左、大沼林道に進まないように。
この分岐点に表示がありませんが赤石山に登る多くの人は大沼池入口からこの大沼林道を歩いて来る事がわかりました。(下山して来る数グループがそうでした。)
画像

展望がなく木々が生い茂る急登が50分位続きます。
もくもくと登って行く途中、大沼池入口に戻る方が多く、これから志賀山に登る方も一人いました
画像

13時24分、忠右衛門新道分岐にやっと出ました。
画像

ここから、山頂まではなだらかな登りで。
途中から雲が出始めたのが気がかりでした。
画像

目の前に赤石と言うより表面がコケに覆われた?感じの緑岩が迫って見えます。
画像

山頂手前の展望が開けた所からは、
画像

霧の合間から見る大沼池となってしまいました。
画像

祠があって、
画像

赤石山山頂表示がありますが、
画像

目の前に登れる大岩があったので登ります。
画像

残念ながら大沼池、登って来た志賀山すら見えなくて、
画像

やっと見えた景色でした。
画像

登山道沿いで4人のグループが休憩中です。
右は一つ手前の岩峰です。
画像

赤石山の山頂を振り返ります。
画像

我が家は忠右衛門新道を戻りますからあまりのんびりしている時間はありません。
画像

最後に見えた大沼池です。
画像

14時15分、忠右衛門新道はとても歩きやすく、笹払いがしてある下山道でした。
激下りする道ではなく、軽い登り返しを3度ほど繰り返しながらです。
画像

途中、天気が気になりましたが、
画 title=

雨に降られる事もなく、
画像

15時30分、四十八池分岐まで下って来ました。
時間にしたら1時間10分位ですが長く感じられて内心、ホットした所です。
ここからは四十八池前に向けて階段の道を10分弱下って行けば、後は林道歩きとなります。
画像

15時38分、四十八池めぐりを少しして来ます。(こちらのトイレは使用できませんでした。)
画像

志賀山を前方に見ながら木道歩きです。
この時間ですから貸し切り状態でした。
画像

湿原は地味ながら一面のウメバチソウとリンドウが楽しめました。
画像


画像


画像

16時26分、渋池まで戻って来ました。
西日を浴びて草紅葉が綺麗!
画像

そしてリンドウが一面に咲いていました。(拡大するとわかります。)
画像

16時30分、前山スキー場(リフト最終のアナウンスが流れていました。)から見る、笠ヶ岳が麦わら帽子見たいで面白い!
画像

一面に咲いているリンドウ。
画像

西日を浴びた横手山を左に見ながら、
画像


画像

ヤマハハコ、アキノキリンソウ、リンドウが咲き乱れる下山道。
画像


画像

16時53分、硯川登山口に下山しました。
明るい内に下山出来ました。
画像



今回も湯田中・渋温泉の近くにある角間温泉に直行です。
黒鳥商店で駐車料金300円を支払って鍵をもらってから入ります。
源泉かけ流しの素朴なお風呂です。
「大湯」、「新田の湯」、「滝の湯」と三つあります。
夕方で温泉客、地元の方も入りに来ます。
今回は「滝の湯」に入りました。

日帰り温泉は16時までのようでしたが入る事が出来ました。
ありがとうございました。

明日は北ドブ湿原と八剣山に登って早めに帰宅予定です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
izumiさん、めちゃロングコースですね。私は裏志賀山の下りだけで十分です。
赤石山はいつも高天原から登っていたのですが、以前インレッドさんが四十八池に降りてくるコースを紹介されていたので、今度は一度歩いてみようと思っています。
四十八池って横手山からも四十八池に降りてこれるし、なんだか山に囲まれた交差点のようですね。
さえ
2015/09/15 13:10
さえさん
8月末にさえさん達が四十八池から大沼池に抜けて歩いていたので。
志賀高原はなかなか機会がなく2度目です。
さすがに志賀山はパスできないし、大沼あたりまでは行ってみたいし、そこからは?
赤石山にも登れないかな?なんて思っていた所、登山口入口で最後は忠右衛門新道を下って来ればいい事を教えてもらいました。(インレッドさんの記録を今確認したら下山道は同じですね。)
歩きやすい道でした。

ロングコースを歩いた後の充実感。
温泉に入って普通の食事でもおいしく感じられて。
やっぱり、山歩きが一番ですね。


izumi
2015/09/15 15:48
本当に近くの山にいらしたのですね。
我が家が焼額山プリンス前の駐車場に着いたのが8:05なので
硯川登山口の駐車場あたりでニアミスをしていたかもしれません。
焼額山から横手山方面にガスが沸いているのを眺めていました。
リンドウを始め秋の花が盛りでいい雰囲気ですね。
mikko
2015/09/15 22:48
mikkoさん
このコース、山、湿原、沼、花と変化があって退屈しませんでした。
2回に分けて歩けばもっとのんびりした気分で山歩きができそうです。

次の日に登った北ドブ湿原周辺も下見をして来ましたが絶対におすすめですね。
天気が良ければ先に反対側の高標山(展望が良い)に登って(往復で2時間30分位)からブナ林の中を歩いて北ドブ湿原に行く。


izumi
2015/09/16 10:04
こんばんは。
やはり、この辺を歩くと気持ちがいいですね。池とお花と稜線歩きと・・・
私は志賀山はトラバースしてしまっているので、山頂も見せて頂きありがとうございます。
カスミッシモ
2015/09/21 18:10
カスミッシモさん
SWでブログ、ほったらかししていました。
少し山歩きはしましたが、久しぶりの実家の京都でのんびりしていました。

志賀山は展望はいまいちなので赤石山に再チャレンジかなと思っています。

湯の丸、四阿山、志賀高原、信越トレイル付近が最近はお気に入りになって来た感じです。
izumi
2015/09/28 11:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
20150912志賀山、奥志賀山、赤石山を周回しながら池めぐりも楽しみました。(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる