yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20150920北信五岳の斑尾山、袴湿原まで歩く

<<   作成日時 : 2015/09/29 14:12   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

斑尾山(1382m) 袴湿原(1135m)

時期 2015年9月20日(日)

天気 曇り時々晴れ

駐車場   万坂峠の信越トレイル入口付近に数台置ける場所あり。(トイレはありませんから斑尾高原観光協会周辺のトイレを利用)
       

行動時間  5時間(休憩を含む)

コース  万坂峠登山口7:30-斑尾山9:14-大明神岳9:24〜10:18-斑尾山10:28-万坂峠登山口11:38〜11:40-袴湿原11:58〜12:18-万坂峠登山口12:30

斑尾山、 袴湿原のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

斑尾山の山頂から始まる約80キロに及ぶ信越トレイルを知ったのは2012年1月に、この周辺を訪れた時でした。
この年は例年になく大雪だった事もあって大変な思いをしました。
希望湖周辺のスノーシュートレッキングが精一杯でした。
その年の雪がしまって来た3月に鍋倉山、黒倉山にスノーシューで登って以来、春先と秋の紅葉を楽しみに足を運ぶようになりました。

信越トレイルをつなげる気持はあまりないのですが、気になる所は細切れに歩いています。

今回は斑尾山から万坂峠の往復と、一度下りてから袴岳湿原まで歩く。
少しトレイルがつながります。

7時30分、万坂峠登山口付近に車を止めて出発です。
画像

ダングラムスキー場を右手見ながら、
画像

関係者の車は入って来る幅広い道が続きます。
画像

標高を少しづつ上げて行くと道沿いに秋の気配です。
キノコが多い山です。
画像


画像


画像

コブシの赤い実。
画像

ヤマボウシの赤い実は初めて見たような気がする。
画像

8時、歩き始めて30分、ブナの木が見えだしました。
画像

九十九折りの滑りやすい道を進み、
画像

8時30分、歩き始めて1時間、やっとブナ林の中を歩く事になりました。
画像

8時40分、スキー場のリフト頂上地点を通過して、
画像

ここからはブナ林の中を斑尾山まで尾根沿いを進む事になりますからなだらかな道となります。
画像

霧が立ち込めていて今日もパットしない天気です。
画像


画像

ブナの樹形を楽しみながら、
画像

静かな山歩きが出来ました。
画像


画像


画像


画像

9時、斑尾街からの分岐点に合流。
展望図がありましたがもちろん何も見えません。
画像

こんな大きなブナの木が目立ち始めて、進んで行くと、
画像

9時13分、斑尾山の山頂です。
ここは木々に覆われていて展望がない事は知っていました。
画像

ここら10分ほど進んだ大明神岳が展望が望める所なので進みます。
画像

登山道沿いがブナ林で覆われていますから登って来て良かったと実感する所です。
画像

9時24分、大明神岳に到着、数人の方が休憩していました。
単独の若い女性はこれから信越トレイルを通しで歩くので大きなザックを背負っていました。
霧が立ち込めていて展望はなく、山頂標識もないので「ここが大明神岳ですよね?」とみんなで笑いながら話したりして。
我が家は急ぐ事もありませんから少し様子見です。
画像

10時5分、気が付くと少し動き出しました。
画像


画像

10時10分、野尻湖がはっきりと見えました。
画像

眼下に街並みも見えて来ましたが、飯綱、戸隠、高妻、黒姫山の展望は見られませんでした。
画像

10時18分、登って来る時よりは霧も晴れて来たので、
画像

明るいブナ林の中、戻りました。
画像

袴岳が見えて来ました。
画像

ブナの木々、黄色くなって来ましたが見ごろは一ヶ月ぐらい先でしょうか?
画像



11時40分、万坂峠まで一旦、下山。
自動車道を隔てた所に袴岳方向に進む信越トレイルの入り口があります。
画像

入口の所にアケボソソウとツリフネソウが見られてテンションアップだったのですが、
画像

20分弱で袴湿原まで到着するのですが思った以上に登り道なので辛いです。
「湿原に行くのにこんなに登るのか?」なんて夫も後ろから言っていました。
画像

足元にはキノコが多く見られました。
直径20pはありました。
画像

ナナカマドの葉と実のバランスが良い紅葉です。
画像

11時58分、袴湿原入口です。
木々が生い茂っていて草紅葉を期待して来たのですが、
画像

木道の終わりまで歩いてみましたが、
画像

ナナカマドやウルシの紅葉です。
画像

茶色く見えるシダ類?が多く茂っています。
画像

ピンク色の花はアジサイ?
画像

12時18分、戻る途中、登って来た斑尾山が見えだしました。
画像


画像


12時30分、万坂峠登山口に戻りました。

今日はこれから野沢温泉、道の駅「あらい」にある「きときと寿し」に寄ってから北陸自動車道経由で私の実家の京都に向かいます。
24、25日と休みにしましたから今回はゆっくりできます。

実家の周辺は彼岸花の名所、丁度稲刈りで前で見事な景色でした。
画像
 

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
 霧のブナの森素敵ですね〜!。
  
MORINOBUNA
2015/09/30 10:14
MORINOBUNAさん
コメント、ありがとうございます。
根あきから始まって新芽が出て来て、青々とした新緑、そして黄葉して、冬は樹形。
一年中、楽しめるブナがお気に入りなんです。
izumi
2015/09/30 11:36
私は斑尾に行って信越トレイルを知りました。夏だったのでスキー場が暑かったのとヤナギランが咲いていた思い出しかありません。
この辺りって夏は暑くて駄目ですね。
去年は1週違いでしたが、今年は家は11日の予定なんです。
さえ
2015/09/30 11:47
さえさん
私は真冬に訪れたのがきっかけですから真逆ですね。

斑尾山は冬はスキー場でにぎわっていますから避けていました。
でも最後のブナ林のコースはよかったので春先にリフトで登ってその先をスノーシューも悪くないな〜と思いました。

昨年、そうそう思い出しました。
天水山ね。
我が家は前もって計画は立てないで天気を見て決めています。
さえさんの紅黄葉の感じをみて思わず足が向いた所です。

息子夫婦達に山に連れていって欲しいと言われていて、夏は暑いから秋から始めるのがいいかな?なんて思っていますが。
10月にやっとお互いに都合があって新婚旅行に行きます。
その前に足でも挫いてもと思い。
帰国してからの晩秋の山歩きからかなと思っています。(余談でした。)
izumi
2015/09/30 16:20
こんばんは。
登山道は良く整備されているように感じます。楽しそうなトレイルです。
熊は出ないのでしょうか。
田んぼの彼岸花と稲のコントラストが見事です。初めて見る美しさです!
カスミッシモ
2015/10/01 20:59
カスミッシモさん
春先はまだまだ雪が多く、林道も開通していない所もあります。
夏は暑いのでお勧めできません。
で、信越トレイルを通して歩くなら今がお勧めですね。
「山の会」で車を2台使えばトレイルを縦走するのも可能になって来ます。
熊情報注意の看板は見ないのですがいると思います。(笑)

izumi
2015/10/02 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
20150920北信五岳の斑尾山、袴湿原まで歩く yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる