yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20151017巨木の谷から鍋倉山へ信越トレイルを歩く ・うれしい出会いもありました。(前編)

<<   作成日時 : 2015/10/20 12:32   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

鍋倉山(1286m)〜黒倉山(1242m)

時期 2015年10月17日(土)

天気 晴

駐車場  巨木の谷入口手前の駐車場(20台位可)

行動時間 4時間5分(休憩を含む)

コース 巨木の谷入口12:48-森姫-森太郎-久々野峠14:42-鍋倉山14:55〜1504-久々野峠15:16-黒倉山15:22-tu筒方峠15:57-茶屋池16:15〜16:25-巨木の谷入口手前の駐車場16:53

巨木の谷から鍋倉山、黒倉山へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


2012年10月27日に茶屋池から黒倉山、鍋倉山に登って巨木の谷方向に少し下って行きましたが途中で戻って、来た道を引き返しました。

2012年、2015年の春先には麓から鍋倉、黒倉山に登っています。


午前中に隣の仏ヶ峰周辺を歩いて来ました。
今回は巨木の谷の入口を探すのが第一目的です。

12時48分、入口は地図には20台駐車可と書いてある所の近くなのですが?
三脚を立てて撮影中の方が教えてくれました。
これには本当に感謝です。
画像

なぜが入口に標識がありません。
道幅も狭いのでうっかりすると見逃します。
こんな感じで入って行きます。
画像

数十m進んだ所に、
画像

「自然の状態に負荷を与えたくないと言う配慮から最低の整備にとどめている事。
自然保護の観点から入口の標示をもうけていない」と書いてありました。
画像

しかし、道はしっかりと踏み固めてあって、しかも標識もあって、ご丁寧な事に必要ないと思われるテープも付けられていました。
画像

巨木の谷ですから薄暗く優しい光越しに見るブナの巨木となります。
画像

巨木の谷の象徴である「森姫」と「森太郎」の周回コースの表示がありました。
画像

周辺に見られるブナも十分に立派です。
画像


画像

ロープが張られていて「森姫」は数年前に枯死した事が表示されています。
ブナの根は浅いので多くの人が森に入ると根を痛める事にもつながるわけです。
画像

「森姫」、推定樹齢300年以上。
画像

しかし、周りを見るとこんな立派なブナが育っています。
画像

右下に「森姫」を見ながら進みます。
画像

分岐点まで戻って来て、今度は「森太郎」を見に行きます。
画像

途中、枯死したかなり太いブナもあります。
画像

まさに「巨木の谷」に迷い込んだ感じを全身に浴びます。
画像


画像

「森太郎」も樹齢300年以上です。
画像

大きくて全身が上手く撮れてないです。
画像

見上げると、残念ながら葉付きが悪いので少し心配ですね。
予定どおり、「巨木の谷」を楽しむ事が出来たので周回して戻る予定でした。
数人ですが下って来る方に出会ったりと静かな山歩きました。
画像

しばらく登って行くと、この空間でブナと対話をしている「インレッドさん」が目の前にいるのには驚きました。
初めてお会いしたのもこの鍋倉山でした。
今年の春には日光でシロヤシオの夕日岳でお会いしました。
群馬から最初は谷川、苗場方向の山を登る予定でアプローチしていたがあいにくの天気で、こちらに変更したとの事でした。
せっかくだから鍋倉山まで行って、赤池までトレイルを下って、林道を戻る事を進められました。
たぶんお会いしてなかったら周回して戻っていた所です。
今日、2度目の感謝です。
画像


画像

14時10分、周回ルートの分岐点を通り越して更に登って行きます。
鍋倉山まで1.8キロ表示です。
画像

道は分かりやすいのですが、斜めに切れていて注意しながら進むところが数か所。
画像

さらに登って来るとブナの大木が林立してきます。
画像

以前に鍋倉山から戻る時にこの辺までは下見で下って来ていました。
この景色を見て思い出しました。
画像

木々の合間から信越トレイルも見え始めました。
画像

紫色の実、さわふたぎ(沢蓋木)がこの周辺の山域で地味ながら多く見る事が出来ました。
画像

14時42分、信越トレイルの久々野峠に出ました。
ここから鍋倉山までは0,4キロです。
写真を撮りながらゆっくり登っても10分位です。
画像




信越トレイルを歩きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20151017巨木の谷から鍋倉山へ信越トレイルを歩く ・うれしい出会いもありました。(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる