yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20151017黄葉のブナ林の巨木の谷から鍋倉山へ信越トレイルを歩く (後編)

<<   作成日時 : 2015/10/20 12:33   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

鍋倉山(1286m)〜黒倉山(1242m)

時期 2015年10月17日(土)

天気 晴

駐車場  巨木の谷入口手前の駐車場(20台位可)

行動時間 4時間5分(休憩を含む)

コース 巨木の谷入口12:48-森姫-森太郎-久々野峠14:42-鍋倉山14:55〜1504-久々野峠15:16-黒倉山15:22-筒方峠15:57-茶屋池16:13〜16:25-巨木の谷入口手前の駐車場16:53



巨木の谷を歩いて来ました。


14時42分、久々野峠から鍋倉山までは0,4キロです。
赤黄葉のトンネルの中を進む事になりました。
やっぱり、頑張って登って来て良かったと、しみじみ思いながらアプローチしていました。
画像

尾根沿いのブナは冬の積雪で曲がりくねっています。
画像

ブナが林立した所もあって、またまた見上げながらのアプローチです。
画像

野沢方向です。
画像

西日を浴びて光り輝いていました。
画像


画像

さすがに、この時間ですから誰とも出会う事もなく最後は登って来ましたが、
画像


画像

14時55分、山頂手前から3人のグループが見えました。
下山途中、巨木の谷から久々野峠、そして鍋倉山に登って行く2人にも出会いました。
画像


画像

さすがにあまりゆっくりもしていられませんから戻ります。
久々野峠まで戻って来て黒倉山経由で茶屋池まで信越トレイルを下ります。
画像

15時22分、黒倉山を通過して、
画像

開田峠手前の筒方峠から茶屋池に下ります。
機会があったら開田峠から牧峠方向に歩くのも良いのかな?
画像

鼻歌が出そうな下りトレイルです。
画像

紅葉のピークを迎えたトレイル。
画像

「この辺なら私でも少し走れる!」なんて言いながら小走りに下ってみたり。
画像

ナナカマドの実も楽しめました。
画像

ブナのしなり具合で豪雪地帯だと言う事が分かります。
画像

頑張って鍋倉山まで登って来て本当に良かったと思いながらの下山でした。
画像

北西は新潟県上越市になります。
画像

最後まで、西日を浴びて光り輝いていました。
画像

15時57分、筒方峠から茶屋池に向けて下ります。
画像

茶屋池周辺もブナ林が見事です。
ここまでなら車で来て少し歩くだけでこの景色が見られますから、多くの方が訪れる所です。
画像


画像

茶屋池に錦に染まった山肌が写っていました。
木々に合間から頑張って撮影しながら下って来たら、
画像

下山口手前でこの景色が見られました。
夕方のこの景色を撮影するために多くのカメラマンさんがいました。
画像

16時13分、茶屋池に出ました。
ここにはトイレもあります。
少し写真を撮って、休憩。
画像

16時25分、巨木の谷入口手前の駐車場まで戻ります。
画像

前方に鍋倉山が見えてきました。
春先は麓からこの稜線を登って行くわけです。
画像

野沢方向、毛無山でしょうか!
画像

16時53分、鍋倉山を見上げながらこのカーブを曲がった所が駐車場でした。
下り坂の中、錦に染まった山並みを見ながらの下山でした。
画像


これから野沢温泉に向かいます。
夕飯もそこで済ませて、道の駅「千曲川」で車中泊。

明日は信越トレイルの伏野峠から菱ヶ岳に登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
牧峠の東側を少し下がった所に鬼ブナという優雅な形をしたブナがいます。
道を作るって聞いていたのですが、ブナへ直接行ける道は公にしませんね。
信越トレイルの方は、根を踏まれるのを警戒していらっしゃいます。
雪の時はすぐに行き着けます。
さえ
2015/10/20 13:50
さえさん
森姫も森太郎も迫力はありますがブナの黄葉を楽しむといった感じはさすがにありませんね。

世代交代して周りにそこそこ立派なブナが育って来ていました。

春先に雪が積もった上から見るブナも面白いですよね。
立派なブナなのに背丈が大分、短く感じられて。
izumi
2015/10/20 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
20151017黄葉のブナ林の巨木の谷から鍋倉山へ信越トレイルを歩く (後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる