yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20151031霧積温泉から紅葉の剣の峰・角落山(前編)

<<   作成日時 : 2015/11/04 18:40   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

剣の峰(1429,6m)・角落山(1393m)

時期 2015年10月31日(土)

天気 晴

駐車場  霧積温泉跡地(トイレなし) 
      松井田妙義ICから30分位の距離です。

行動時間 7時間16分(休憩を含む)

コース  霧積温泉跡地(きりつみ館)7:11-鼻曲山登山口7:31-十六曲峠8:03-剣の峰9:00〜9:05-東ノ峰9:12-鞍部(女中コース分岐)9:59-角落山10:34〜11:35-鞍部(女中コース分岐)12:07-剣の峰12:53〜12:55-展望所12:56-十六曲峠13:45-鼻曲山登山口14:10-霧積温泉跡地14:27

剣の峰・角落山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

画像


2013年11月2日に途中まで同じ道を進む鼻曲山に登っています。
登山口から十六曲峠過ぎた所までが紅葉のピークを迎えていて見事でした。

今日は一つ、隣の山歩きです。

7時過ぎに霧積温泉跡地に到着した時は数台でした。
この駐車場の隣の「きりつみ館」は廃業しましたがここから徒歩30分位の所にある「金湯館」は営業しています。
下山した時は温泉まで行って戻って来た数人の若者に出会いました。
画像

歩き始めて橋を渡った所から紅黄葉した木々が楽しめます。
太陽の位置がまだ低いので、ここの紅葉は下山時にゆっくり楽しむ事にして先に進みます。
画像

7時31分、一度、車道を歩いて、20m位歩いた所から鼻曲山登山口となります。
金湯館まで300mです。
画像

ここからは九十九折りに少しづつ標高を上げて行きます。
画像

モミジの赤が綺麗です。
画像

思った以上にブナの木々もあって黄色く輝いていました。
画像

落ち葉でフカフカした登山道を進んでいます。
画像

赤と黄色の見事な饗宴です。
こんな登山道ですからゆっくり見上げながら登って来ました。
画像

8時3分、十六曲峠に到着。
ここから右側の登山道に進みます。
鼻曲山は左側です。
画像

気が付くと一面のカラマツ林の山でした。
画像

足元は笹が生い茂っていますが見上げるとカラマツ林。
画像

この辺は落葉しています。
尾根を歩いていきますが、木々の合間からこれから登る剣の峰方向が見渡せます。
画像

カラマツと綺麗いに紅葉した木々が楽しめました。
画像

途中、広々として気持ちの良い空間が続きます。
標識があります。
画像

日当たり加減なのかまだまだ楽しめる紅葉林。
画像

「犬泣かせ」と地図にある所です。
落ち葉が多く特に足元に気を付けて進みます。
鎖があるので心配はいりません。
画像

陽だまりの中、足元は落ち葉でフカフカとしています。
剣の峰も見えています。
画像

最後、10分ほどの急登を頑張って、
画像

登り切って右進むと(下山時左側に道があって展望所がありました。)
画像

9時、剣の峰です。
画像

木々の合間から見る浅間隠山。
画像

9時12分、東ノ峰を通過して、これから角落山に向かいます。
画像

ここから一旦、標高にして160m位ですが下ります。
画像

足元に気を付けながらの激下りです。
画像

ロープや鎖があるのでゆっくり下って行く事になります。
画像

さすがに途中からストックをしまって、
画像

しっかりと手を付きながら下っています。
画像

横に移動しながら下る所には鎖がしっかりとあります。
画像

大分、下って来て「こんな細い尾根を進むのかな?」と良く見ると左下に巻き道があります。
画像

角落山が見えて来て、
画像

9時59分、やっと鞍部に下りて来ました。
ここは「はまゆう山荘」方向から登ってくる女坂コースとの合流点です。
山頂で数人の方達に会いましたが皆さん男坂コースや女坂コースから登って来ていました。
コースタイム40分の所、途中でストックをしまったりしていましたが55分はしっかりとかかりました。
登り返しはコースタイム60分の所、46分で戻れました。
ここは登りの方が絶対に楽です。
画像

標高を下げて来ましたからまたまた紅葉が楽しめました。
画像


画像

角落山までの登りはそれほど急登ではありませんが、落ち葉で滑りやすい所が多々ありました。
画像

木々の合間から展望を楽しみながら紅葉も綺麗です。
画像

大岩は巻きながら、木の根っこをつかんで登っています。
画像

振り返ると、下って来た剣の峰、そして鼻曲山が見えてこの時は気が付いていなかった浅間山も右端に写っています。
画像

そして、木々の合間から見える浅間山に気が付いて。
画像

剣の峰を背に手を付きながら登っています。
画像

立ち止まって見ている景色は・・・
画像

浅間隠山です。
そして、右側に草津白根山が見えました。
画像

浅間山も良く見えます。
画像

10時34分、角落山に到着です。
画像

山頂はそれほど広くはありませんが鳥居方向は、はまゆう山荘から男坂コース。
お社の後ろ、北西側の回り込むと展望が良いので、
画像

この景色を見ながら食事休憩。
右から浅間隠山、真ん中の後ろに四阿山、そして左に浅間山。
画像

浅間山の手前に鼻曲山。
今日は浅間山が噴煙を上げている様子がわかりました。
画像

浅間隠山の右方向、草津白根山、横手山、岩菅山方向です。
画像


11時35分、1時間の休憩後、同じ道を戻ります。

午後の日差しでますます紅黄葉が輝きを増していました。

その様子は後編で


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
見事な紅葉です。
そして、私の大好きな落葉松林。
それから剣の峰という名前からして厳しそうな山。大変そうで面白そうな山です。
変化にとんだ山歩きです。充分堪能できたでしょう。
カスミッシモ
2015/11/05 20:10
カスミッシモさん
霧積温泉から登って来るコースは少し距離が長くなるのでこの日は皆さん、二度上峠の少し先の「はまゆう山荘」からでした。
健脚の方はどのコースからでも角落山と鼻曲山をセットで登っています。

この岩場歩きは天候に左右されますからこれからの季節はちょっとお勧めできません。
izumi
2015/11/06 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
20151031霧積温泉から紅葉の剣の峰・角落山(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる